知らないとマナー違反!ピッチマークとグリーンフォークとは?

お気に入り
みなさんは、ピッチマークという言葉をご存知ですか?

ピッチマークのことをちゃんと理解しておくことは、ゴルフコースでプレーする上で、とても初歩的なマナーです。

しかし、大変残念なことに、ちゃんと理解されている方はとても少ないのが現状です。

この記事で、ピッチマークに対する理解が広まるとうれしいですね。

ピッチマークって何?

View this post on Instagram

Take that all day long #golf #pitchmark

A post shared by Carl Taylor (@carlt1989) on

ゴルフ初心者の方だと、ピッチマークという言葉自体、まったく初めて聞くという方も多いかもしれませんね。

ピッチマークとは、グリーンにボールが落下した時にできるへこみのことです。

ボールマークという呼び方も、一般的ではあります。フェアウェイ上でアイアンなどを打った後にできる穴を指す「ディボット」という言葉も、同じように使われることがあります。

ここではピッチマークとしてご紹介しますが、ピッチマークができたら、他のプレーヤーの迷惑にならないように直すのが、ゴルファーとしてのエチケットとなります。

そのときに使用する道具が、グリーンフォークとなります。

ピッチマークを直す理由

では、なぜピッチマークを直す必要があるのでしょうか?

ひとつ目は、芝の枯死を防ぐためでもあります。

ピッチマークをそのままにしておくと、その箇所と周囲の芝が枯死してしまい、そこは芝が再生しなくなってしまいます。

グリーン上に茶色く丸い枯芝を見かけたことがあると思いますが、それこそピッチマークを放置してしまった痕です。

なるべく早く修復しないといけませんので、ボールをグリーンにオンさせたら、最低でも自分がつけたピッチマークだけはしっかり修復しましょう。

ふたつ目は、他のプレーヤーのプレーに、影響を与えないようにするためです。

もし、自分が作ったピッチマークが、他プレーヤーのパッティングライン上にあった場合。

それは、相手のパッティングの妨げになってしまいます(もちろん、パッティングする前に修復できます)。

こんな風に言うと、なんだかピッチマークを作ることが悪いように聞こえますが、ピッチマークはグリーンオンができた証でもありますので、正しく直しておきさえすれば問題ありません。


ピッチマークの修復動画↓

ピッチマークの修復方法

ピッチマークを直すためにはグリーンフォークという物を使います。

グリーン上にできたピッチマークを、グリーンフォークを使って埋めていきます。

まずは、動画を見てみてください。

おすすめグリーンフォーク『スコッティ・キャメロン』

おすすめグリーンフォーク『スコッティ・キャメロン』

amazon

ピッチマークを修復する道具を、グリーンフォークと言います。

このグリーンフォークにもいろいろな種類があるのですが、カッコ良さと使いやすさで、定番中の定番となっているのが、このスコッティ・キャメロンのグリーンフォークです(同社では「ピボットツール」と呼んでいます)。

ちょっと高価なのですが、お気に入りのグリーンフォークがあれば、ピッチマークの修復も楽しくなりますよ♪

おすすめグリーンフォーク『ディボット・スティック』

ここ1年ほど、とても気に入っていて、みんなにオススメしているのがこの『ディボット・スティック』!

修復の仕方が下手だったりすると、かえってグリーンを痛めてしまうのですが、このディボット・スティックは、とにかく使い方が簡単で芝を傷めにくくできています。

詳しくは動画を見てください。ぜひ、一度使ってみてほしいアイテムです。


ディボット・スティック公式サイトはこちら↓

いかがでしたか?

これから、芝も新芽が出てきて、どんどん緑が美しくなってきます。

グリーンをきれいな状態に保てるかどうかは、プレーヤーの心がけでかなり変わります。

しっかりマナーを守ってプレーを楽しみましょう。
お気に入り
iyori

エンジョイゴルフ主義! 楽しくでも真剣にがもっとうのゴルフ女子です☆

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。