新・貧打爆裂レポート『SIM ドライバー』

今回の貧打爆裂レポートは、2020年2月7日に発売されたテーラーメイド『SIM ドライバー』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。新ブランドの中上級者向けドライバーの秘密に迫ります! 動画も含めての試打レポートです。

『SIM ドライバー』は速くてやさしい!

『SIM ドライバー』は速くてやさしい!
『SIM ドライバー』は、テーラーメイドが2020年2月7日に発売したクラブです。

テーラーメイドの契約プロが使用するブランドとして広く認知されていた『M』シリーズを廃止して、新しくできたのが『SIM』です。

「Shape in Motion」の略が、『SIM』になるということです。

『SIM ドライバー』は、2種類出るドライバーの上位機種になります。ソールにスライド移動可能なウェイトがあり、『M5 ドライバー』の資産を引き継いでいることが、パッと見ただけでもわかります。

カーボンクラウン。ソールも大部分がカーボン。アドレスビューも、見慣れた『M』シリーズのように見えます。

【試打クラブスペック】
ヘッド 9-1-1ti チタンボディ + グラファイト・コンポジットクラウン&ソール
ヘッド体積 460cc
フェース 6-4ti チタン
シャフト TENSEI SILVER TM60 (S)
ロフト 10.5度
長さ 45.75インチ
ライ角 56度
価格 7万8000円(税別)

『SIM ドライバー』は、『M5』の資産を引き継いでいると書きましたが、実際には『M6』の進化形です。

捻れたフェースでミスヒットをナイスショットに変える「ツイストフェース」、フェースの反発性能をルール上最大限にチューニングした「スピードインジェクション」で初速を高めています。

ダウンスイングのスピードアップを可能にする「イナーシャジェネレーター」が、空力効率と高慣性モーメントを両立しています。

これらのテクノロジーで、「速くて、やさしい」ヘッドが誕生したとのことです。

調整機能として、「スライディングウェイト」と「ロフトスリーブ」が搭載されています。これで、個々のゴルファーに合わせた最適な弾道を可能にするわけです。

テーラーメイドは、この数年、やさしいクラブにこだわっています。『M』シリーズを廃止して、『SIM』を新たに作ったことも、イメージチェンジという意味が含まれると考えてしまいます。

『SIM ドライバー』は、構えると、今までよりもやさしいドライバーのような感じがします。

大きく見えますし、ロフト10.5度のフェースはかなり上を向いているように見えます。

ただし、フェースの向きは妥協なしに、まったくかぶってはいません。『SIM ドライバー』は、ストレートです。

テーラーメイドのクラブが、飛ばないわけはないと多くのゴルファーが信じています。
これまで積み上げてきた実績が、そう思わせるのです。

クラブを見ても、アドレスしてみても、『SIM ドライバー』はワクワクさせます。

『SIM ドライバー』はやさしいツアーモデルの完成形だ!

動画を見てください。

樹脂系と金属系のコンポジットらしい大人しめの音質ですが、残響が小さい、カッチリした打音です。

打ち応えは、軽めですが、それなりに重さもあります。

打音の音量が小さいと、打感が柔らかいと感じるゴルファーが多いので、『SIM ドライバー』を打った感想として柔らかい打感という例も多いと思います。

打音とは別に、全体として、カチッとした印象を持ちました。

あまり遊びがなく、しっかりとしたスイングで、正確にヒットしないと、狙った弾道は出ない感じがします。

弾道は、ほど良い高弾道。ナチュラルに打つと10ヤードぐらいのフェードになります。
左には行かないという安心感があります。

正統派のツアーモデルというクラブとしての骨格がしっかりしていますので、プロ仕様のクラブでゴルフを楽しみたいゴルファーにオススメです。

ボールを曲げることに関しては、曲げられますが、思いのほか強い直進性能があるので、敏感には反応はしません。これをやさしいと感じるゴルファーはたくさんいると思います。

持ち球をオートマチックに打ち続けるクラブとして、『SIM ドライバー』はオススメです。

飛距離は、平均で230ヤード飛びました。初速感が、飛距離につながります。

僕のヘッドスピードだと(40メートル/秒)、ドローを打つとドロップ気味の棒球になります。

ヘッドスピードが速いほうが、『SIM ドライバー』の飛距離性能を引き出せると考えて良いでしょう。

気分良く、フェードを打ちながらラウンドしました。

『SIM ドライバー』は、打ち手の技術レベルを選ぶドライバーですが、ある程度打てれば、急にやさしくなります。扱いやすいドライバーになるのです。

ツアーモデルでも、いろいろなやさしさを機能として身にまとっているクラブが市場にはたくさんあります。

『SIM ドライバー』は、誰でも打てるやさしさよりも、ある程度打てるゴルファーが安定して飛ばすという点に特化したやさしさを目指して作られています。

このカテゴリーに入るクラブは、市場には少ないのです。『SIM ドライバー』の独占になるかもしれません。

テーラーメイドのドライバーは、何代にも渡って、市場をリードしてきました。

『SIM ドライバー』は、ツアーモデルのドライバーとしての一つの完成形です。打てるゴルファーが、本当に欲しいやさしさがわかるゴルファーだけに打ってほしいクラブです。
お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >
ダンロップX2ボール200801-0901
ダンロップX2ボール200801-0901

カートに追加されました。


ダンロップX2ボール200801-0901