恋もゴルフもアプローチが大切!アプローチの種類と基本

お気に入り

恋もゴルフもアプローチ次第。

ゴルフ芸人の黒田カントリークラブさんが言いそうなフレーズですが(笑)、実際スコアメイクには欠かせません。

考え方や原理など自分なりの意見を書いてみたいと思います。

参考になれば幸いです。それでは始めましょう。

まずは基本の形をひとつ作る

まずは基本の形をひとつ作る

getty

みなさんはアプローチのアドレスはどうされていますか。

普通のショットと同じように構えていては打ちにくいので、アプローチをするアドレスを作らなければなりません。

そもそも通常のショットでは、スタンスは人にもよりますが肩幅ほどの広さがあります。

そのままでアプローチをしてしまうと何が起こるか。

スイングが大きくなり、結果インパクトで合わせようとしてしまうのでトップやダフリのミスが出てしまいます。

アプローチは小さなスイングです。大きなスイングのアドレスではいけません。

スタンスは狭めに取りましょう。目安とすれば靴1足入るかどうかというところでしょうか。

左足は少し後ろに引いて、スイングのフォローを出しやすくしてあげるとスイングがスムーズになります。

グリップは少し短く握ります。グリップいっぱいに持つとボールとの距離が遠くなるのでボールをコントロールしづらくなります。

ボールの位置は右親指の前辺りにしています。真ん中より少し右というイメージです。

体重配分は左足に多く体重を乗せていきます。

手の位置は左足太ももの内側にセットします。

ボールが真ん中より右にあって、左足体重で、アドレスの手が右太ももの内側にあれば、構えはハンドファーストになりボールへのコンタクトがしやすくなります。

アドレスの基本は次の1打をイメージ通りに打つ準備です。

アドレスの基本ができれば次は距離感の出し方

アドレスの基本ができれば次は距離感の出し方

getty

グリップを強く握ることはやめましょう。

インパクトが強くなってしまって強く打ち過ぎるミスが出ます。

またどうしても力んでしまうのでザックリとダフってしまうこともあります。

距離感を出すコツはやさしく握ることです。

手に力が入ってしまうと、クラブが前に出ないのでスムーズに振り抜けません。

アプローチは、ミスをするとすぐにスコアに影響するので緊張感は増します。

緊張するとギュッと握ってしまいがちなので気を付けましょう。

スイングに関してですが、できるようであればアドレスで作った手の形をできるだけ変えずに打ちましょう。

そうしようと思ったら体を使って打たなければいけません。

手だけでは形が崩れてしまいます。慣れるまでは難しいですが、できるようになればアプローチの精度は断然高くなります。

プロや上級者を見てみると、アドレスの形を変えずに打っていることが分かるでしょう。

できるだけシンプルに無駄な動きを少なくしましょう。

最後に振り幅です。これが大きい人が多いというのが現実だと思います。

大きく振ってしまうと何が起きるかというと、インパクトで合わせようとしてしまいます。

これは人間の本能なのでしょうか。インパクトで緩んでしまいます。

すると何が起きるか。緩むということは強くも弱くもなってしまい距離感は安定しません。

合わせようとするとどうしてもインパクトがずれやすくなるので気を付けましょう。

距離に合ったテイクバックを行い、必要以上に上げないことを意識してください。

プロがアプローチしている動画を見てみると、違いが分かると思うので参考にしてみてください。

おもなアプローチの種類

おもなアプローチの種類

getty

アプローチにはいくつかの種類があります。

・ランニングアプローチ

ボールを低く打ち出してランを多く使った打ち方になります。

キャリーがあまりないのでパターの延長でイメージしやすい。

上げる必要がないので一番スタンダードでやさしい。

・ピッチエンドラン。

ランニングアプローチよりもキャリーを出してランを少なくする打ち方です。

キャリーとランが同じくらいの割合になるイメージのアプローチです。

・ピッチショット

ピッチエンドランよりもキャリーを出してランの割合の少ないアプローチです。

キャリーが多くなる分ボールへのコンタクトはシビアになり、ウェッジを使いふわっと上げるイメージです。

・ロブショット

高くボールを上げてほとんどランを出さないアプローチです。

ここに落とさないと止まらないという場面や、バンカー越えでピンが近い場合などに用います。

ウェッジのフェースを開いてボールの下にクラブを入れる技術が問われます。

難易度が高く距離感を出しづらいので、あまり使わないことをお勧めします。

アプローチの引き出しは応用の数

アプローチの引き出しは応用の数

getty

アプローチの種類は無限です。

ボールを置く位置を変えるだけでまったく違うアプローチになります。

ボール位置が右になればなるほどクラブは上からボールを潰すように当たるので球は低く出ます。

逆にボール位置が左になるほどクラブの入射角度が緩くなるので高い球になります。

低い球を打ちたければ右に、高い球を打ちたければ左に置くことを心がけましょう。

フェースを開くと高い球が出る。かぶせると低くなる。

もしアプローチを練習できる環境があるのならば実際にいろいろ試してみてください。

自分の得意なアプローチを確立させてください。

いくら周りから「これがいい」と言われようとも、寄らなければ意味がありません。

自信を持って寄せられるアプローチこそが最強なのです。

お気に入り
悩めるSO-RYO

どうも皆さんはじめまして。お坊さんをやりながらゴルフを楽しんでおります。自分のゴルフ体験を中心に皆さんのお役に立てるような情報、考え方などお坊さん目線で深くお伝えできればと思います。瞑想や修行とゴルフの関係性や競技に出てみて感じたこと、プロと回ってみて思うこと、色々なゴルフの楽しみ方を見てきたつもりです。実力は、、、ベストスコアは69です。さらなる飛躍を目指して日々模索中。お金、時間をできるだけ使わずにいかにスコアを出していくかが課題です。そんなことも記事にできればと思います。どうぞよろしくお願いします。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。