「スイング修正はヘッドから一番遠いところから始める」どういう意味?

地域によっては冬期間はまったくラウンドできず、日夜練習場で春に向けたスイング改造や修正を行っている人も多いと思います。

ラウンドできない地域の人は寂しい限りだと思いますが、春からスタートダッシュできるよう、このオフシーズンで実りのある練習を積み重ねましょう!

そこで今回は、ゴルフスイングを修正する時に気をつけてほしいこと、効率的なスイング改造についてご紹介したいと思います。

スイング修正を始めるスタート地点

スイング修正を始めるスタート地点

getty

思ったような球が打てなかったり、スコアが伸び悩み始めると、トッププロのスイング解説動画をチェックしたり、最新のゴルフスイング理論の勉強を始めると思います。

そして「練習場でトライ→上手くいかない→自分のスイングを動画撮影→イメージとかけ離れていて絶望」という経験を誰もが一度はしているのではないでしょうか。

最近はほとんどの方がスマホを持っていますし、動画撮影だけでなくアプリを使いながら簡単にスイングのチェックが可能になりました。

現実に目を向けるというのは、非常にツライ作業かもしれませんが、ぜひ動画撮影は活用しましょう(笑)。

さて、自分のスイングを見てみると、「オーバースイングだな」「手が浮くな」「前傾姿勢がキープできていないな」「もっとシャローに振りたいな」等、ピンポイントでいろいろな思いが出てくると思います。

しかし、いざ修正作業に入っても、なかなか結果が表れないのではないでしょうか?

それはなぜかというと、ほとんどの方が「その動き自体」もしくは「その直前の動き」を修正しようとしてしまうからです。

ゴルフスイングはスタンスから一連の動作で行うものですし、さらに言うとスタンスを取る前のメンタル的な部分から始まっています。

そして、ゴルフスイングを修正するには、ヘッドから一番遠いところから修正しなければ、その改造には歪が生まれ、結果が出ない練習になってしまいます。

ゴルフスイングも他のスポーツと同様「心技体」の三位一体となって完成するものです。

しかし、「技」や最終的な「結果」にばかり気を取られ、即効性のありそうな「直前の動き」にばかり目を奪われがちです。

ゴルフスイングを改造する時は、「ヘッドから一番遠いところから」スタートするということを忘れないでください。

まずは「心」を整えよう

まずは「心」を整えよう

getty

クラブヘッドから一番遠いところとなると、「心」になりますね。

我々アマチュアゴルファーがメンタルコーチに指導してもらう機会は少ないと思いますが、ゴルフにおける「心」の整え方においては、様々な良書を手にすることができます。

ゴルフの「心」を鍛える上で、特に私がオススメしたいのが、『インナーゴルフ』と『GOLF54ビジョン』です。

『インナーゴルフ』は「集中力の科学」について説かれた本で、「もう一人の自分」がどのようにしてスムーズなスイングを阻害するのか、「もう一人」の自分とどのように向き合い、最高のパフォーマンスを発揮するのかについて紹介しています。

『GOLF54ビジョン』は宮里藍選手も取り入れていたことで有名ですが、『インナーゴルフ』より具体的に、ラウンド中や練習中での「集中力」の高め方について解説しています。

『GOLF54ビジョン』はラウンドで役立つ効果的な練習方法や心を整えるドリル、「目の前の一打」にどのように集中するかについて紹介されています。

いずれにしても、ゴルフにおける「心」の高め方は、いかにして「目の前の一打」に集中するか、いかにして自らがゴルフを複雑に難しいものにしているか理解することについて説いています。

ゴルフスイングを改造する上では、「すべきこと」ではなく、今のスイングはどう「ある」のかに集中することが大切です。

例えば、外からクラブが入る点を修正したい場合、「もっと内側から下さなければならない」と考えるのではなく、「今のスイングはどれくらい外から入っただろう」とスイングへの感度を高めていくのです。

「技」の修正は足の裏から

「技」の修正は足の裏から

getty

ゴルフに向き合う「心」を高め、ゴルフに耐えられる「体」の調子を整えた上で、いよいよ「技」の修正に入る訳ですが、この修正も「ヘッド」から一番遠いところから始めます。

「手」の動きを修正したいとしても、まずは「足」から修正を始めましょう。

目標に対して、正確な「アドレス」が取れているか、「足」の裏は地面を感じ取れているかからスタートします。

準備運動で足の裏を気にする人は少ないと思いますが、ボールにエネルギーを伝える上では、「足」が一番大切です。

土台がなければ、どんなに上体を鍛え上げていても、ボールまでエネルギーは伝わりません。

どんなスイングタイプであっても、テイクバックは「足の裏」から始めることがもっとも効率のいいスイングになります。

ダウンスイングからの動きが上手くいってない人のほとんどが、始動を「手」や「肩」から始めています。

「足の裏」から始動できれば、筋力をほとんど使うことなくトップオブスイングまで持っていけますが、始動部分がグリップに近づけば近づくほど、「力」を使った(力んだ)スイングになってしまいます。

スイング修正を行う場合は、必ず、正しい「アドレス」が取れているか、「始動」はできるだけグリップの遠いところからスタートしているかを確認しましょう!

「始動」のポイントを直すだけで、スイングの課題の多くが解決する場合がありますよ!


ツイッターでもゴルフ中心に呟いてます(`・∀・´)

フォロー&コメントお待ちしてます!!
お気に入り
Yanagi@JPDAドラコンプロ

JPDA(日本ドラコンプロ協会)所属のドラコンプロです。 168cm(60kg)とドラコンプロとしては小柄ですが、ドライバーの飛距離は300ydを超えています。 身体の使い方、クラブの使い方を工夫するだけで、飛距離は簡単に伸びます!! ドラコンプロとしての知識や経験を活かし、フィジカルやメンタルのコントロール方法に関して、専門的な知識を噛み砕きながら、能力をフルに発揮するための豆知識をお伝えしたいと思っています。 Twitter("Yanagi"で検索! https://twitter.com/Out_Drive300)やブログデザイン変更も情報発ししていますので、気になる事があればお気軽にお問い合わせください。 https://drive4show.org/

このライターについてもっと見る >
ダンロップゼクシオセリーグコラボボール200701-0801

カートに追加されました。


ゴルフ5大処分市200701-0801