新・貧打爆裂レポート『TOUR B XS ボール』

今回の貧打爆裂レポートは、2020年2月21日に発売されたブリヂストンスポーツ『TOUR B X ボール』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。代表的なツアーボールのモデルチェンジは、どのような進化なのか? 動画も含めての試打レポートです。

満を持しての『TOUR B XS』!

満を持しての『TOUR B XS』!

『TOUR B XS ボール』は、ブリヂストンスポーツが2020年2月21日に発売したボールです。

タイガー・ウッズの使用球として世界中で注目されているボールのモデルチェンジに興味がないゴルファーはいません。

タイガーが『TOUR B XS ボール』を使用するようになって、今回のモデルチェンジは2度目になります。

前回のモデルチェンジでは、ボールが大きく変わることをタイガーが望まなかったということで、中身に関しては、ほとんど変更されなかたそうです。

結果として、進化した姉妹ボールの『TOUR B X ボール』とは、別のボールという印象を強く感じたゴルファーが多くなりました。

2019年、タイガーがマスターズで復活優勝したこともあって、『TOUR B XS ボール』に興味を持ったゴルファーが次々に購入して、ショップによっては欠品するということもありました。

ただ、コースで打ってみた結果、『TOUR B XS ボール』を自分のエースボールにするというゴルファーは少数だったとも言われています。

新しい『TOUR B XS ボール』は、今までの遅れを一気に取り戻すような進化をしたそうです。

【TOUR B XS スペック】
構造 3ピース ウレタンカバー
コア 大径ハイドロコア
アウター リアクティブ・ウレタンカバー+スリップレスバイト・コーティング
カラー ホワイト、パールホワイト、イエロー
ディンプル シームレス330デュアルディンプル
価格 オープン

『TOUR B XS ボール』は、まずは、カバーを進化させました。

「REACTiV(リアクティブ)ウレタンカバー」は、吸収剤を配合したウレタンで、ショートアプローチで飛び過ぎてしまう現象を抑える効果を発揮するといいます。

見てわかる特徴的なことはディンプルです。

ディンプルの中に、もう一つ小さなディンプルがある二重ディンプルが、新しい『TOUR B XS ボール』では目立たないのです。

二重ディンプルは健在なのですけど、縁が滑らかになって目立たなくなりました。

パットのときなどに、二重ディンプルが気になって、気持ちが悪いと敬遠するゴルファーがいましたが、その心配はかなり軽減されたと思われます。

見えないですが、内部の「大径ハイドロコア」は、大きさも構造も一新されたそうです。

ドライバーショットのように強くボールにエネルギー伝えられるときは、大きく潰れて最大の初速を出すということで、飛距離性能のアップに期待が集まります。

今までの『TOUR B XS ボール』も良いツアーボールでしたが、飛距離性能という部分では、若干の物足りなさがありましたから、楽しみになります。

モデルチェンジに際して、今回は、タイガーの意向も強く入れながら一新したものになったそうです。

なんやかんやで、6ラウンドもして、評価することになりました。

スピン系ツアーボールの頂点に立つ『TOUR B XS』!

動画を見てください。

『TOUR B XS ボール』はツアーボールなので、ショートゲームを重視します。最初にパットの感触をマットで確認しました。

打音はやや控えめ、高音ですが、繊細な音質です。

薄い殻のボールを打っているような独特の感触は健在です。それを柔らかいと感じるゴルファーもいると思います。

その後、練習グリーンで感じたのは、ロングパットになると弾き感がスッという感じで消えます。しっかりと打って寄せる安心感が増すのです。これは『TOUR B XS ボール』の個性だと思います。

ショットを打ってみると、『TOUR B XS ボール』に驚かされました。

まず、弾道が美しくなりました。打ち出しから高弾道になる感じではなく、ぐっと低く出てからすーっと伸びていくように見えます。それでいて、吹き上がってはいないのです。

打音は高音で残響が少ない単音できれいです。音量はやや控えめですが、十分です。
打ち応えは、柔らかさを感じますが、その中にも芯感があります。

驚いたのは飛距離です。

特にドライバーは、前モデルとは違うボールというほど違います。最初のホールで230ヤードを打てました。

前モデルの『TOUR B XS ボール』では、どんなに頑張っても220ヤードが限界だったのです。

10ヤードは明らかに違います。

アイアンを始めとして他のクラブも飛距離性能は発揮されます。

前モデルの『TOUR B X ボール』は、飛距離性能で頂点を狙えるボールでしたが、新しい『TOUR B XS ボール』は、ほぼ同じだけ飛びます。

アイアンの場合、前のモデルよりも半番手程度飛びます。

これには本当に驚きました。

地面から打つものに関して特筆すべきポイントがあります。

柔らかいだけではなく、フェースにめり込むような不思議な感触があるのです。それは、ボールを拾っている感じともいえます。

これは、新しい『TOUR B XS ボール』独特の特徴です。この感触に囚われると、他のボールでは満足できないようになる可能性があります。

『TOUR B XS ボール』のスピン性能は書くまでもなくトップクラスです。

柔らかい感触のツアーボールを求めているゴルファーに『TOUR B XS ボール』をオススメします。

飛距離性能でも我慢しなくとも良いことは、歴代の『TOUR B XS ボール』で苦労してきたゴルファーにも朗報です。

また、ショートゲームでの柔らかさとスピン性能をたっぷりと堪能したいというゴルファーにもオススメです。

『TOUR B XS ボール』は、新しくなりました。

進化というレベルではなく、別のボールだというぐらいのモデルチェンジです。

スピン系のツアーボールは、こうあるべきだという一つの見本になるような完成度です。

インプレとしては失格ですが、「四の五の言わずに、打ってみろ」と書きたいです。

『TOUR B XS ボール』は、打ってみればわかるというわかりやすいボールなのです。

お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。