新・貧打爆裂レポート『TOUR B X ボール』

今回の貧打爆裂レポートは、2020年2月21日に発売されるブリヂストンスポーツ『TOUR B X ボール』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。代表的なツアーボールのモデルチェンジでどんな進化をしたのか? 動画も含めての試打レポートです。

史上最高のボールの後継機種の宿命!

史上最高のボールの後継機種の宿命!
『TOUR B X ボール』は、ブリヂストンスポーツが2020年2月21日に発売するボールです。

ツアーボールとして、世界中で勝利数を伸ばした『TOUR B X ボール』が新しくなるというわけです。

「4日間で1打の差」というコピーにはシビれました。トッププロの世界では、まさに、コンマゼロの積み重ねを競い合っています。

すべてのストロークで使用するボールという特殊な用具こそが、支えになっているというわけです。

前モデルの『TOUR B X ボール』を、史上最高のツアーボールだと確信していました。

クラブの試打をする際にも、このボールがあるから、精度の意味でも、感性という意味でも、助けられていたのです。

だから、このモデルチェンジで大きな変更があるのは困るなぁ、と思っていました。

新しい『TOUR B X ボール』は、中身に関しては、チューニング程度で大きな変更はありません。

ただし、表面のカバーは素材のウレタンの中に衝撃吸収剤を配合した新しいカバーになりました。「REACTiV(リアクティブ)ウレタンカバー」と呼びます。

この変更で、アプローチでの初速を抑えて、コントロール性能がアップするとのことです。

【TOUR B X スペック】
構造 3ピース ウレタンカバー
コア 大径ハイドロコア
アウター リアクティブ・ウレタンカバー+スリップレスバイト・コーティング
カラー ホワイト、パールホワイト、イエロー
ディンプル シームレス330デュアルディンプル
価格 オープン

新しい『TOUR B X ボール』の見てわかる変更点は2点です。

一つは、ディンプルの中に、もう一つディンプルがある二重ディンプルが目立たなくなりました。よく見ればわかりますが、ディンプルの角が滑らかになったのです。

もう一つは、ポールプリントです。前のモデルは、黒い矢印が左右にあって 「TOUR B X」とプリントされていましたが、新しい『TOUR B X ボール』は、白抜きの矢印に変更になったのです。これは、違うボールだと判定するためのものです。

『TOUR B X ボール』は、前モデルも飛距離性能、スピン性能、風に影響されない性能、トップレベルで本当に素晴らしいボールでした。

ボールには規則で決められた上限が設けられていますので、モデルチェンジしてもこれ以上に良くなる余地はないとも考えていました。

個人的に最も気に入っている点は、パットのときの打音です。

高音で、薄い殻が弾けるような繊細な音質なのです。弾き感をタッチに変換できると信じられる魔法の感覚があります。これは、パターマットでボールを転がしてもわかります。

新しい『TOUR B X ボール』は、短い距離のパットに関しては、その打音と感触を踏襲していて安心しました。

さて、他の点はどうなのか? ヘッドスピードが遅いゴルファーが置き去りにされるような変更になっていないか? ドキドキしながら、テストをスタートしました。

頂点を体験できるボールが『TOUR B X ボール』だ!

動画を見てください。

『TOUR B X ボール』を打って、最初に思ったのは「良かった」でした。

高音で、小気味が良い打音も、柔らかい中にしっかりとした芯感がある打ち応えも、変わらないのです。

ドライバーで打ったボールは、きれいなドロー弾道で飛んでいきました。少しラフに入りましたが、いつもと同じ場所まで飛んでいました。

異変に気が付いたのは、2ホール目です。

ドライバーで最高の1打でした。過去1年間で、60回ぐらいプレーしているホールです。

思っていた場所より少し飛んでいると思いました。残りの距離も何度も打っているシチュエーションで、ショートアイアンです。オーバーはさせたくないので、数ヤード手前に止まる番手を選んで打ちました。

ベタピンでした。飛んでいくボールを見ていて、あれ? と思いました。伸び方が違ったのです。ピンまで届かないはずなのに、届いてしまったのです。

3ホール目から、注意深く確認しました。そして、確信しました。

新しい『TOUR B X ボール』は、数%ですが、飛距離性能が増しました。これには驚きました。

また、同時に、ツアーボールなのに、僕のヘッドスピード(40メートル/秒)でも、ちゃんと機能してくれることがわかりました。

飛距離性能に優れているツアーボールを使いたいゴルファーに、『TOUR B X ボール』をオススメします。

トップレベルの特上レベルに飛ぶボールです。

スピン性能は、ツアーボールに求められているレベルを楽々クリアしています。前モデルより少しスピン量が減っている感じはしますが、この辺りは、ヘッドスピードが速いゴルファーなら関係ない可能性が高く、それでも十分過ぎるスピン量ではあります。

ミドルアイアンでも、ショートアイアンでも、狙い通りに止めることが可能です。

『TOUR B X ボール』の最大の変更点であるカバーの性能ですが、ショートアプローチでも特別に変わった感じはしません。少しソフトになったと感じるのは、打音が少しだけ小さい音になったからだと思われます。

ロングパットや短い距離のウェッジショットは、結果オーライで、打ちやすくなった気がします。

『TOUR B X ボール』は、弾く感じが好きなゴルファーにオススメします。

市場には柔らかいソフトなボールが溢れています。『TOUR B X ボール』も、そういうボールに分類されますが、独特の芯感があり、打音のせいで弾きを感じることができるからです。

新しい『TOUR B X ボール』は、高いレベルのゴルフをしようとするゴルファーの要求に完璧に応えるボールでありながら、楽しければOKというエンジョイ派のゴルファーにも同じように快感を与えてくれるボールです。

本当の意味で、ボールなんて何でも良いと言えるのは『TOUR B X ボール』の利用者だけかもしれません。文句も言えず、言い訳もできないからです。

自分をテストする意味で、新しい『TOUR B X ボール』でプレーしてみることをオススメします。
お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >
Cleveland RTX ZIPCORE 200901-1001

カートに追加されました。