冬のゴルフは○○に気を付けよう!

お気に入り

寒い日が続きますがゴルフの調子はいかがですか。

プロは冬場の時期はオフシーズンになるので海外に合宿に出たりしています。

アマチュアは合宿したりはなかなかないでしょう。

そんな中でどのようにゴルフに向き合っているのか。

考え方や練習の仕方をお話しします。

冬のゴルフ場

冬のゴルフ場

getty

まずは冬のゴルフ場を見てみましょう。

夏のゴルフ場と違うところは芝です。

冬場は芝が枯れていて、芝の薄いところでは土の上から打っているような状況になります。

ボールへのコンタクトが難しく少しでも手前から入ると大きなミスになってしまいます。

ラフも芝が深く伸びているわけでもないので、抵抗があって難しいということはありません。

しかし逆に言えばボールが芝によって浮くこともないので難しいとも言えます。

冬のゴルフはボールを点でとらえていかなければならない。

アプローチではもっと顕著に出ます。

芝は枯れているので抵抗は少なくて済みます。

アイアンやウェッジでザックリしてしまうリスクを考えると、パターで転がしたほうが大きなミスは防げるでしょう。

季節によってゴルフ場は景色を変えます。いつも同じゴルフ場と思っていてはカバーできない場面が出てきます。

その時のゴルフ場の状態も考慮しつつクラブ選択や状況判断をしなければいけません。

冬場は特にこれらを意識をしてラウンドするようにしてください。

体は動かなくなる

体は動かなくなる

getty

当たり前ですが、冬は寒くなって体は動きにくくなります。

冷えると筋肉も硬くなってしまうので柔軟性が失われてしまいます。

体を動かさずにいきなり思いっ切りスイングしたりすると体を傷めてしまう。

これは夏に比べて気温が低いので、柔軟性が失われて体が動きに対応し切れないためです。

冬場は打つ前にストレッチ、準備運動をしないとケガをする恐れがあるので気を付けてください。

体が動きにくいことに合わせて、寒いので服装が分厚くなります。

厚着になることで特に上半身の可動域は小さくなり、振り幅やタイミングのずれなどが出てきます。

いつものスイングの6割くらいを目安に考えてスイングしていく必要があるでしょう。

体の高いパフォーマンスを出そうと思うなら十分な準備をしないといけません。

ストレッチを入念に行い、体がほぐれたら練習場で打球練習をする。

練習も徐々に力を入れ最初からフルスイングしてはいけません。

服装もダウンなどのアウターは避け、セーターなどのあまり体を動かすのに支障のないものであまり重ねない。

3枚くらいにできれば動きやすいでしょう。

ダウンなども、面倒ではありますがスイングしない時は着用し打つ時には脱ぐなど工夫してみましょう。

冬のシーズンに行うこと

冬のシーズンに行うこと

getty

競技に出られているゴルファーとプライベートやコンペに参加される方で考え方も変わってくるとは思いますが。

競技がある時期はたいてい3月から11月の間です。

12月から2月はオフと言ってもよいでしょう。

冬の季節はスイングの確認やシーズンに向けての準備ととらえると、過ごし方はまるで変わってきます。

コースの表情や寒さがある中で、練習やラウンドに課題を持って向かうことで中身の濃いシーズンにすることができます。

ゴルフはスコアを意識するラウンド、ショートゲーム、マネジメント、スイング、何に重点を置いてラウンドするかは考えましょう。

単純にボールへのコンタクトは難しいのでスコアは作りにくい。

それなら無理にスコアを狙わなくとも春につながるゴルフを心がければと思います。

ただスコアが出ず打てなくてイライラするよりはゴルフを楽しむことができるでしょう。

冬場はトータルで考えるよりもこの点のスキルアップを意識するのが良いと思っていて、スコアはそこまで深刻に考えずとも良いと考えます。

じっくりとスイングと向き合ってパターやアプローチを練習する。

トレーニングなどゴルフのできる体を作る。

そんなことを考えながら練習やトレーニングをしていると意外と楽しいものです。

まとめ

まとめ

getty

冬の環境を考慮してゴルフするということ。

ゴルフ場は芝が枯れてダフリやすいことを意識し、アプローチは特にウェッジを使うよりパターで転がすほうがリスクは少ない。

服装が寒いのでどうしても分厚くなるので体は動かしにくくなる。

ダウンなどのアウターは打つ時は脱ぐなどの工夫をするだけでスイングへの影響は少なくなる。

寒いので筋肉や関節は必然的に硬くなるので、スタート前、練習前のストレッチを心がける。

急に体を動かすとケガのもとにもなるので十分に注意が必要。

暖かい時に比べて体が動きにくいので、スイングは小さくなり飛距離も落ちることを念頭に置いておく。

距離は出ないのでクラブの番手は余裕をもって選択し、スイングの大きさはフルスイングの6割から7割程度のイメージで振り回さない。

スコアをどうしても出さないといけない時以外は、課題を設定してシーズンへ向けた練習のつもりでラウンドする。

練習や体作りも同じ意識でやると、暖かくなって芝が生えてきたころにはゴルフの内容が変わってきます。

冬はどうしても無理をしてスイングもスコアも崩れがちになるので参考にしてみてください。

お気に入り
悩めるSO-RYO

どうも皆さんはじめまして。お坊さんをやりながらゴルフを楽しんでおります。自分のゴルフ体験を中心に皆さんのお役に立てるような情報、考え方などお坊さん目線で深くお伝えできればと思います。瞑想や修行とゴルフの関係性や競技に出てみて感じたこと、プロと回ってみて思うこと、色々なゴルフの楽しみ方を見てきたつもりです。実力は、、、ベストスコアは69です。さらなる飛躍を目指して日々模索中。お金、時間をできるだけ使わずにいかにスコアを出していくかが課題です。そんなことも記事にできればと思います。どうぞよろしくお願いします。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。