アイアンは間違いなくダウンブローが良い。大事なのは“手の形”!

お気に入り
バックスピンの効いた切れ味鋭いアイアンショットを打ちたいと思っている人はかなり多いはずです。

バックスピンが全然かからない原因は、すくい打ちやアーリーリリースなど様々な原因が考えられます。

プロのようなアイアンショットを打つために、ダウンブローでのインパクトのコツをみんなで探していきましょう。

まずはクラブとボールの構造なども考えよう

まずはクラブとボールの構造なども考えよう

getty

アイアンセットとウェッジを新調しましたが、スコアはなかなか変化しません。以前使っていたクラブより気持ちスピンはかかっている気はしますが溝の深さの問題でしょう。

上級者みたいなショットが打ちたいです。どうも奏son輝です。

プロのようにバックスピンの効いた切れ味鋭いアイアンショットを打ちたいと思って、いつもラウンドしています。そういう人はかなりいると思います。

しかしながら打ってみるとなぜか全然スピンがかからず、グリーンの奥まで転がって3パットと、日々嘆いています。

雑誌などにはよく書いてありますが、プロや上級者のようなアイアンショットを打つにはダウンブローでのインパクトが必要不可欠なんです。

分かっていても実践してみたらいつもと変わらないなんてざらにあります。

そこでアイアンでダウンブローに打てるようになるためのコツをみんなで一緒に探してみましょう。

バックスピンの構造はいかに……

バックスピンの構造はいかに……

getty

アイアンがいつまでたっても打ち込めないという人は、ボールを高く上げたいという意識を一度捨てて、上からしっかり打ち込めばバックスピンがかかることを確認しましょう。

しっかりバックスピンがかかればボールは舞い上がります。フェースの角度をインパクトで増やすような動きをしてしまうと、払い打ちどころか“どアッパースイング”のすくい打ちになってしまう傾向があります。

これではダウンブローにまったく打てないばかりか、ダフりやトップなどのミスを連発してしまうし飛距離がまったく出ません。

よく見受けられるのは、ドライバーの飛距離はあるのだけどアイアンはまったく飛んでいない人。

ダウンブローはまず意識が大切なんて言われます。意識だけでは改善されませんが、絶対にボールを上げようと思わないでください。

まずは、ダウンスイング中に右手のひらがしっかり地面の方向に向いているかを確認してみるのがいいでしょう。

ダウンブローに打ち込めないという方は、打ち込めないような手の形になっているか、インパクトの形がおかしくなってしまっています。

ダウンブローに打ち込めるようにダウンスイングで右手のひらを地面に向けてスイングしてみることが大事です。ボールを上から押しつぶすようなヘッドの動きが生まれ、自然にボールは上がっていきます。

上から打ち込めないような身体の動きをしていては、いつまで経ってもバックスピンはかかりません。

右手のひらがダウンブローで地面を向いているか必ず確認しましょう。

ボールを打つ瞬間の右手と左手の位置関係も、ダウンブローには非常に大切です。ヘッドを上から入れるためには、インパクトの瞬間は左手よりも右手が上に来ていなければいけません。

ダウンブローに打ち込めない人は、やはりインパクトの瞬間に必ず右手の位置が下がってしまっています。携帯などで動画を撮ってみましょう。

ダウンスイングでヘッドが身体の後ろに入り過ぎていたり右肩が下がってしまったりするゴルファーは、インパクトで右手が上に来ていない人がほとんどです。

ダウンブローは手の形が重要です。インパクトで右手が上になっているか必ず確認してスイングしましょう。

繰り返し練習しましょう

繰り返し練習しましょう

getty

ダウンブローに打ちたいからといって闇雲にスイングしていたら、変なクセがついていきます。こんなときは自分の動きを必ず確認し、どう動かしたいのか自分のイメージと身体がリンクしているかを確認しましょう。

身体の動きを確認するためには、全力スイングするよりも軽めのハーフショットで繰り返し練習するのが効果的だと思います。

じっくりとスイングの動きのチェックポイントを1つ1つ克服して、ダウンブローを習得していきましょう。焦ってマン振りするのは禁物です。

ボールの先のターフが取れるアイアンショットが理想ですが、最初からそんな練習をするのはやめましょう。

バックスイングからトップスイングで右足に乗せた体重を移動させ、ボールの先を打つことだけを優先させてしまうと、左膝の壁で踏ん張っても上体のみが流れてしまうことがあります。

これが変なクセにつながります。左右の体重配分は、体重を乗せる位置を足ではなく股関節を意識してみましょう。

上体が余分に前方に引っ張られてダフることを防ぎますし、股関節が意識できるようになるだけでダフりのミスが減り、ターフが取れるような素敵なアイアンショットが安定してきます。

同じ初心者ゴルファーの皆さんいかがでしたか。今までのショットがダメな場合は真摯に受け止めましょう。

そこから基本的なことやいろんな気づきが出てくるはずです。何でも基本に返ることは良いことだと思います。

それではまた。
お気に入り
奏son輝

2017年1月ゴルフ本格的に開始。ベストスコア78。年間50ラウンドとゴルフ人気復活の為に偏った考えや好き嫌いなく自分なりに表現できたらと思います。

このライターについてもっと見る >
ダンロップゼクシオの日200801-0901
ダンロップX2ボール200801-0901

カートに追加されました。


ダンロップX2ボール200801-0901