新・貧打爆裂レポート『MAVRIK ドライバー』

今回の貧打爆裂レポートは、2020年2月7日に発売されたキャロウェイ『MAVRIK(マーベリック)ドライバー』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。新ブランドのドライバーの秘密に迫ります! 動画も含めての試打レポートです。

キャロウェイの技術を集結したドライバー!

キャロウェイの技術を集結したドライバー!
『MAVRIK ドライバー』は、キャロウェイが2020年2月7日に発売したクラブです。

キャロウェイには『EPIC(エピック)』というブランドがあり、より一般向けとして『ROGUE(ローグ)』というブランドがありましたが、その『ROGUE』を廃して、新しく誕生したのが『MAVRIK』です。

ドライバーは、スタンダード、SUB ZERO(サブゼロ)、MAX(マックス)の3種類が発売されます。

一応、難しい順だと、SUB ZERO、スタンダード、MAXという並びになりますが、今回は真ん中に位置するスタンダードをレポートします。

『MAVRIK ドライバー』は、『EPIC FLASH(フラッシュ)』から搭載された「AIフェース」をさらに進化させたところが、最大の魅力になるそうです。

ドライバーだけだった「AIフェース」は、『MAVRIK』からはすべてのクラブに搭載されて、ビックリすることにロフト別、番手別に専用の「AIフェース」が設計されたそうです。

【試打クラブスペック】
ヘッド 鍛造 FS2S チタン
フェース FLASH フェース SS20
シャフト Diamana 50 for Callaway (S)
ロフト 9.0度、10.5度
長さ 45.75インチ
ライ角 58度
価格 7万7000円(税別)

『MAVRIK ドライバー』には、その他にも空気抵抗を削減してヘッドスピードを上げる「サイクロン形状」という技術や、ウッド系のクラブには十八番になりつつある、フェースの裏の2本の柱「JAILBREAK(ジェイルブレイク)テクノロジー」も搭載されています。

2020年の最先端を『MAVRIK ドライバー』でゴルファーは体験できるのです。

MAVRIKが型破りなのは本当です!

動画を見てください。

『MAVRIK ドライバー』を打って、最初に思ったのは「まあ、型破りだね」でした。

MAVRIKというブランド名は、正式なスペル(maverick)ではありませんが、型破りという意味ありき、で始まったものだと聞きました。

とはいっても、ルールの規制がありますから、型破りは微妙な数値なのだろう、と過剰な期待はセーブしていました。

実際に、最初に打ったのは10.5度の『MAVRIK ドライバー』でした。

狙った方向に、スッと構えられるのは、さすが、キャロウェイのクラブです。

ちょうど良い高弾道で、きれいなボールでした。ほぼストレートで、飛距離は220ヤード。

かなり軽く振ったので、十分な飛距離だと思いました。

打音は、締まった高音で、残響も少ない音質です。初速感もあるので、飛びそうな気持ちを盛り上がってくれます。

次のホールから、気持ち良く振り抜くようにしました。

やや軽めのドローになって、フェアウェイの左サイド225ヤードでした。

その後、1ホールだけフェードを打とうとしたら、右に抜けてしまったボールがありましたが、驚いたことに飛距離は220ヤードなのです。

『MAVRIK ドライバー』の最大の特徴は、ジャストミートしなくとも、芯の周辺であればトウ側もヒール側も飛距離が落ちないことです。見事に証明されたのです。

基本的にはボールもストレート系で、あまり曲げられないドライバーです。

別の日に、ロフト9.0度の『MAVRIK ドライバー』を打ちました。

ロフト別のフェース設計ということで、その辺りのこともテストしたかったのですけど、1発目からまったく違いました。

ストレート系で、高弾道ですが、その中ではやや低めのボールがスコーンという感じで飛んでいきました。230ヤードでした。

その後、ラウンドを通して平均飛距離235ヤードで、最高飛距離はややフォローでしたが254ヤードだったのです。これは、トップレベルの中のトップの飛距離性能です。

『MAVRIK ドライバー』は、型破りなのだと、本当に驚かされました。

『MAVRIK ドライバー』は、ロフト別設計のために、ロフト違いは詳細に考えれば別のドライバーです。

10.5度のドライバーは、飛距離も出ますが、どちらかというと方向性重視のゴルファーにオススメです。

ボールが上がりづらいゴルファーにもオススメします。

『MAVRIK ドライバー』の9.0度のドライバーは、技巧派のゴルファーがテクニカルに飛ばしたいというケースでオススメします。

もちろん、パワーヒッターがブンブン振ることができるドライバーとしてもオススメできますが、『MAVRIK SUB ZEROドライバー』もありますので、『MAVRIK ドライバー』にこだわらなくとも良い感じがします。

『MAVRIK ドライバー』は、基本的にはストレートな弾道を得意としています。

ただ、ミスっても反発が落ちない効果が、逆に、曲がると大きいという副作用も生みます。

曲がる幅がミスの度合いに比例せずに、ここまではストレートだけど、ここからちょっとでもズレたら、いきなり20ヤード曲がります、という感じに敏感になるのです。

テクニカルなゴルファーに勧めているのは、そういう特性を使いこなすためです。

『MAVRIK ドライバー』の9.0度には、衝撃を受けました。

今までも、ロフト別に設計されているドライバーはたくさんあり、特別に良いと感じるロフトのドライバーはありました。しかし、そんな概念を打ち破った未知の領域を教えてもらいました。

キャロウェイの進化は止まらないのだと、思い知らされた経験になったのです。
お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >
Cleveland RTX ZIPCORE 200901-1001

カートに追加されました。