新・貧打爆裂レポート『TOUR MAGIC 305 パター』

今回の貧打爆裂レポートは、2019年8月1日に発売されたミズノ『TOUR MAGIC 305 パター』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。削り出しの本格的なヘッドのパターの実力は? 秘密に迫ります! 動画も含めての試打レポートです。

不思議で正統派なパターがTOUR MAGIC 305!

不思議で正統派なパターがTOUR MAGIC 305!

『TOUR MAGIC 305 パター』は、ミズノが2019年8月1日に発売したパターです。

削り出しヘッドのアンサー型のパターで、センターシャフトです。

【試打クラブスペック】
ヘッド マイルドスチール(S25C)鍛造+削り出し
ヘッド仕上げ ローズ
シャフト FUJIKURA MC Putter (SOFT/128.5g)
ロフト 3.5度
長さ 34インチ
ライ角 71度
価格 5万8000円(税別)

『TOUR MAGIC 305 パター』は、一見すると不思議なパターです。

ローズ仕上げというブラウンっぽいヘッドの素材感もですが、アンサー型のヘッドにセンターシャフトというのも珍しいです。白いカラーのシャフトが不思議さをより強くしているようです。

いずれにしても、『TOUR MAGIC 305 パター』は、独特で他に代わりがないパターです。

構えてみて、ボールを打つと、不思議な印象は消えます。

まずは構えやすいのです。何ら気にせずに、目標にパターをセットできます。

アンサー型のパターの削り出しヘッドは市場にたくさんあります。その利点はいくつもありますが、その1つは、直線の美しさです。

『TOUR MAGIC 305 パター』は、直線が美しいパターです。丁寧に作られていることが、いろいろな角度からはっきりとわかります。

ヘッドはオーソドックスなのに、見たことがないローズ仕上げと、センターシャフトと白いシャフトというところが『TOUR MAGIC 305 パター』の最大の特徴です。

伸びのあるボールを打てるパター!

動画を見てください。

『TOUR MAGIC 305 パター』の打音は、素敵です。

ほど良い高音で、残響が最小限の閉まった音質です。音量もちょうど良いのです。ローズ仕上げのヘッドは、柔らかさをイメージさせるので、それとも合っています。それらすべてを総合して「素敵な打音」だと感じました。

実際には、弾き感がある打ち応えです。柔らかいイメージを持ちますが、ソリッドで強いボールが打てます。

練習グリーンで、強いて、左右に芯を外して打ってみましたが、面白いことに、シャフトが仕事をします。

ミスヒットした打ち応えはあるのですが、シャフトがその分を押し返しているような感じがします。

シャフトはしなり感はありますが、トルクは強いようです。

「FUJIKURA MC Putter」は、重さもしっかりしているので、ストロークしやすいのです。

見た目の違和感で、変なシャフトで打ちづらそうだと思ったのですけど、数球打っただけで違和感が消えました。

良いテンポでパットができます。

センターシャフトの場合、今まで以上にねじれに強いシャフトが大事なのかもしれないと、プレーしながら考えました。

『TOUR MAGIC 305 パター』はねじれに強いのです。センターシャフトの本格的なパターが欲しいゴルファーにオススメです。

また、パターとして優秀なのに、誰も使っていないパターが使いたいというゴルファーにもオススメです。

最先端のテクノロジーとオーソドックスの融合を楽しめます。

『TOUR MAGIC 305 パター』は、ややアップライトに構えるゴルファーに向いています。

伸びがあるボールが打てます。

センターシャフトのパターは、敏感で難しいものが多いのですが、『TOUR MAGIC 305 パター』はミスに寛容で、やさしいパターです。

お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。