【話題の新製品 試打データ取ってみました!】キャロウェイ MAVRIK編

こんにちは! マイゴルフクラブです(´▽`)

今年初の投稿です! 今年もよろしくお願い致します!

今回は、春の新製品で期待度が高いキャロウェイゴルフ MAVRIK(マーベリック)の試打データです!

「打点がブレても飛ぶ!」と話題になっていますが、こちらもデータを取って検証しています。ぜひ、ご覧になってください(´▽`)

まずはMAVRIKについて調べてみました!

MAVRIKはどんなクラブ?

MAVRIKはどんなクラブ?

getty

MAVRIKはキャロウェイゴルフから2月に発売される予定のクラブです!

EPIC FLASH(エピック フラッシュ)でも話題になりましたが、今回のフェースもAIが設計しています。

EPIC FLASHとの大きな違いは、芯を外しても飛ぶ構造というところですね(´▽`)

さらに、モデル数も多くなっています!

ドライバー・フェアウェイウッド・アイアンで3モデル、ユーティリティーで2モデル、
です!

ドライバーに関してはMAVRIK、MAVRIK MAX、MAVRIK SUBZERO(数量限定モデル)の3モデルです!

MAVRIK MAXは「高弾道」×「オートマチック」、MAVRIK SUBZEROが「強弾道」×「操作性」、MAVRIKはMAXとSUBZEROの中間、といった感じです!

これだけモデル数があると、スイングに合ったクラブも探しやすくなりそうですね(´▽`)

次はドライバーの試打データを比較します!

試打データ比較!

試打データ比較!

試打しに行ったときに、SUBZERO(数量限定モデル)がなかったので、MAVRIKとMAVRIK MAXの2モデルを比較しました。

赤〇がMAVRIK MAX、青〇がMAVRIKです!

シャフトは純正カーボンシャフトのフレックスSです。

私はMAVRIK MAXよりMAVRIKのほうが安定しました(笑)。

これはMAVRIKのほうが私のスイングに合ったからだと思います!

飛距離の分布図を見ると、そこまで変わらない感じがしますが、弾道はびっくりするくらい違いました(笑)。

弾道データ比較です!

弾道データ比較です!

それぞれのベストショットの弾道データです。

赤線がMAVRIK MAX、青線がMAVRIKです!

弾道の高さがまったく違いますね(笑)。

MAVRIKは「本当に中間!?」って思うくらい強弾道の低スピンでした! SUBZEROがどんな感じなのか、ものすごく気になります(´▽`)

このデータから見ても、『楽にキャリーを稼ぎたい!』という方はMAVRIK MAX、『強いボールを打ちたい!』という方はMAVRIKかMAVRIK SUBZEROという感じです(´▽`)

個人的にはMAVRIKの打球音が低くて、打感も軟らかく感じるので、好みでした!

打球音が高いクラブはイヤだという方もぜひ試してみてください!

芯を外しても飛ぶのか検証!

芯を外しても飛ぶのか検証!

インパクトシールをフェースに貼って、打点を1球ごとにチェックしました!

打点と数値から判断して、個人的に「芯を外しても飛ぶのか!?」を決めたいと思います(´▽`)

「高弾道」×「オートマチック」を売りにしているクラブは、ヘッドの直進性が高いので、フェースの性能を検証できないと思ったので、MAVRIKで検証しました!

少し辛口に言うと、MAVRIK MAXで距離が落ちなかったとしても、「フェースの進化」ではなく、「慣性モーメント」の問題だと思ったからです!

芯を外したのはどれだと思いますか?(´▽`)

5球中何球芯を外したかも予想してもらいたいです(笑)。

トータル飛距離で1番飛んだボールと1番飛ばなかったボールの差が8ヤードです!

インパクトマーカーをチェック!

インパクトマーカーをチェック!

正解は4球目が芯を外したデータです!

そして、実は4球目以外ど真ん中でボールを打っています(´▽`)

ものすごく調子が良かったみたいです(笑)。

確かに最大飛距離と比べると、8ヤード飛んでいません。

ただ、その他のど真ん中に当たったボールと比べると、2ヤードとか4ヤードとかの差です!

しかも、ゴルフクラブの構造上、トウ側(先)よりヒール側(シャフトが入っている側)のほうが飛びません!

この結果から、私は「芯を外しても飛ぶ」というのは本当だと思います!

上のデータをもう少し深掘りしてみると、芯を外した4球目のボール初速(ボールを打った瞬間のボールスピード)は他と比べて、遅くなっています!

ヘッドスピードによって異なるのですが、私のヘッドスピードくらいだとボール初速が1メートル/秒遅くなると、約4ヤード飛距離をロスします!

そのロスを少なくしているのが、打ち出し角とバックスピン量です!

「高打ち出し低スピンが飛ぶ!」と聞いたことないですか?(´▽`)

4球目は他のデータより打ち出し角が高く、バックスピン量が少なくなっています。

おそらく打点がブレたときにクラブがどのように動いて、ボールにどのような力が加わるのか、というところまでAIが計算して作ったのだと思います!

キャロウェイゴルフ取扱店にはおそらくインパクトシールが置いてあると思いますので、気になった方はぜひ試してみてください!

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

それでは、また次回に(´▽`)

お気に入り
マイゴルフクラブ

はじめまして( ´ ▽ ` ) ゴルフショップ14年間勤務で得た商品知識とフィッティング技術、クラフト技術とUSGTFレベル2のティーチング資格を活かして2019年5月から上達したいゴルファーを応援するマイゴルフクラブと、インターネット上の商品販売でゴルファーを応援するマイゴルフショップを設立しました! 新製品ゴルフクラブの試打記事やスイングに関する記事で、皆さんのお役に立てればと思っています。 ゴルフの腕前はエンジョイゴルファーです( ´ ▽ ` ) よろしくお願い致します! https://my-golf.club

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。