ピンゴルフジャパン新製品発表会!ゲストに渋野日向子プロと鈴木愛プロが登場

お気に入り
ピンゴルフジャパンは、1月21日(火)東京・千代田区のベルサール秋葉原にて、2020年の新製品発表会を行いました。

スペシャルゲストとして、契約選手である2019全英女子オープン女王・渋野日向子プロと2019LPGA賞金女王・鈴木愛プロが登場。多くの報道陣の前で新製品の魅力をアピールしました。

飛び系アイアン「G710」とニューモデルパター「HEPPLER」

飛び系アイアン「G710」とニューモデルパター「HEPPLER」
今回、発売するのは飛び系アイアン「G710」とニューモデルパターの「HEPPLER(ヘプラー)」。

まず、アイアン「G710」は独自の中空構造で優れた飛距離性能を発揮するとともに、高弾道で飛ばせるモデルです。高い慣性モーメントでミスヒットにも強いのが特徴です。

7番アイアンで28度と、かなりストロングロフトですが、球を上げやすいので、グリーン上でも高さで止めることができます。

また、黒くシンプルなカッコいいデザインが目を引きます。

さらに、ラウンド中の全ショットを自動的に記録し、最新のAIがラウンドデータの統計を取ってラウンドをサポートしてくれるという「アーコスキャディ」を搭載したグリップを標準装着しています。

価格は1本2万3000円+税~で、2020年3月19日の発売を予定しています。

一方、パター「HEPPLER」は、フェース面に溝がないのが特徴で、ソリッドな打感で弾く感触が得られます。カッパーとブラックの2色使いで、10種類のヘッドタイプをラインアップしています。

価格は3万3000円+税~、詳細な発売日は未定ですが、2020年春発売とのことです。

ゲストの2人の感想は?

ゲストの2人の感想は?
ゲストの2人にそれぞれのアイテムに対する感想を聞いてみると、

「G710」アイアンについて、鈴木プロは「見た目が黒でシャープでカッコイイ。安定して飛距離を出しやすい」とコメント。

渋野プロは「勝負どころで飛んでくれるイメージがあって、安心感がある。構えた感じも難しいイメージがなくて、アマチュアにも良さそう」と感想を述べました。

一方、ニューモデルパターの「HEPPLER」は10種類のヘッドタイプをラインアップしていますが、それぞれに好みのヘッドタイプを選んでもらうと、渋野プロは大型マレットの「TOMCAT 14」を、鈴木プロはセンターシャフトの「PIPER C」をチョイス。

渋野プロはピンタイプのパターという印象が強いですが、「本来はマレットタイプが好き。ストローク改善のためにピンタイプを使えと青木コーチに言われました」という意外な裏話も披露。

後に特設グリーンでそれぞれが選んだパターでロングパットに臨みましたが、渋野プロは見事に1パットを達成しました。自身が使うパターとはまったく異なる形状ながら「構えやすく狙っていきやすい」と高く評価しました。

2019年はピンゴルフの契約選手たちの活躍が目立った1年でしたが、2020年も引き続き、ピン旋風が吹き荒れそうな予感です。

【PING】渋野日向子&鈴木愛がピンの最新クラブ「G710」「HEPPLER(ヘプラー)」を試打!

お気に入り
Gridgeニュース

Gridge編集部に届いたゴルフに関する、あらゆるニュースを紹介します。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。