新・貧打爆裂レポート『X4ボール』

今回の貧打爆裂レポートは、2019年11月26日に発売された本間ゴルフ『X4ボール』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。「ギューッと潰れて、爆加速!」というコピーのボールの深層に迫ります! 動画も含めての試打レポートです。

新しいX4ボールはアマチュアを助ける!

新しいX4ボールはアマチュアを助ける!

『X4ボール』は、本間ゴルフが2019年11月26日に発売したボールです。

モデルチェンジされた『TW-Xボール』と追加モデルの『TW-Sボール』と同時に発売されたのが『X4ボール』です。

まったく新しいブランドになります。

【試打ボールスペック】
構造 4ピース
カラー ホワイト
カバー ウレタンカバー
コア ウルトラソフトコア
ディンプル数 326
価格 スリーブ 1250円/ダース 5000円(税別)

安価なのに高性能のツアーボールとしてヒット商品になった『TW-Xボール』のモデルチェンジと同時に発売された『X4ボール』は、『TWシリーズ』のボールよりもソフトになり、ツアーボールではなく、一般のアマチュアゴルファー向けのボールということになるようです。

『X4ボール』は名称のまま、4ピース構造です。

本間ゴルフ史上で、最も軟らかい「ULTRA SOFT CORE」という中心のコアが、とにかくボールを飛ばす、という理屈になっています。

2層目、3層目と素材は徐々に硬くなっていって、4層目になるカバーはソフトウレタンで軟らかい素材になります。

このように中央ほど軟らかく、外側が硬い、という構造が、グラデーションになるほどに、多層ソリッドボールは広い範囲のゴルファーを助ける傾向があるのが、この数年のトレンドです。

狙い通りのグラデーションになるように各メーカーが工夫を凝らしています。

4ピースの『X4ボール』は、それだけで非力なゴルファーを助けてくれそうだと、期待させます。

スリーブ箱の裏に、対象ヘッドスピードがプリントされています。

「35m/秒~45m/秒」

驚きました。下限の記載はありますが、上限の記載はかなり珍しいからです。この部分からも、アマチュア専用ボールとしての自信を感じられて好印象です。

『X4ボール』を手にしてみると、適度なぬめり感があってツアーボールのような仕上がりです。

手で強く潰しても、かなりの変形を感じます。軟らかさは本物のようです。

期待を高めながらコースで試打をしました。

潰れて飛ばすボールの最終形を感じさせる!

動画を見てください。

『X4ボール』は、ちょっとビックリするぐらい軟らかい打ち応えです。

それでいて、軽いかというと、ボールの重さも感じます。軟らかで軽い打ち応えが多い中で、軟らかで重めというのは面白いです。

打音は、単音のやさしい音質で、音量はやや小さめです。

打ち応えも含めて、ボールを運ぶイメージが出やすいのが『X4ボール』の特徴だと思いました。

やるなぁ、と感心したのは、ショートゲームです。

ショートゲームで柔らか過ぎる感触が残ると、タッチが合わないという悲劇が起きるのですけど、『X4ボール』は、ショートゲームになると、カッチリした高音の音質に変わります。

音量は小さめですけど、こういうチューニングは、ゴルフがわかっている本間ゴルフという印象を強くさせます。

ウッドも、アイアンも、打ち出しから高いボールが出ます。高弾道の棒球系の弾道です。

『X4ボール』の最大の関心事だと思う飛距離性能は、トップクラスです。

ラウンドを通して、ドライバーで230ヤード平均、アイアンもしっかりといつもと同じ距離感でプレーできました(普段の使用球はトップクラスに飛ぶものです)。

スピン性能も高いです。

バカみたいなバックスピンはウェッジでもかかりませんが、ショートアイアンもウェッジも、落ちたところで止まろうとする感じで、しっかりとスピンが効いていると感じました。

ツアーボールを使いたいけれど、ヘッドスピードが遅いから諦めていたゴルファーに『X4ボール』はオススメです。

女子にも使ってもらい観察しましたが、女子でも『X4ボール』の飛距離性能やコントロール性能は発揮されます。非力なゴルファーにとって、強力な味方が現れた、という感じです。

ちなみに、ヘッドスピード45メートル/秒のゴルフ仲間にも打ってもらい観察しました。

飛ぶのですが、スピンがかからないようで、グリーンオーバーを何度もしていました。高機能の『X4ボール』は、使い手を選ぶようです。

軟らかいボールはトレンドなので、市場には硬いボールがほぼなくなりつつあります。

軟らかいなんて、もう聞き飽きた、という声もあります。確かに、軟らかいことを売りにするのは最新というイメージではないと思います。

同時に、軟らかいボールに助けを求めたのに、使えなかった失敗を経験したゴルファーも多いのでしょう。

そういうゴルファーにこそ『X4ボール』をオススメします。後から出てきたからこそ、『X4ボール』は究極に軟らかく、高機能なのです。

『TWシリーズ』よりも、ほんの少しだけ値段が高いようですけど、『X4ボール』は、それでもコスパが十分に良いと断言できます。

お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。