新・貧打爆裂レポート『TW-Sボール』

今回の貧打爆裂レポートは、2019年11月26日に発売された本間ゴルフ『TW-Sボール』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。新たに販売された「すべてを手に入れろ」というコピーのボールの深層に迫ります! 動画も含めての試打レポートです。

TW-Sボールはみんなのボール!

TW-Sボールはみんなのボール!

『TW-Sボール』は、本間ゴルフが2019年11月26日に発売したボールです。

2年前に発売された『TW-Xボール』は、ツアーボールでありながら、安価なのに高性能だと口コミで人気になりました。このボールは、ツアーボールでありながら、広い層のゴルファーが使えるところも魅力だったのです。

【試打ボールスペック】
構造 3ピース スピンソフトウレタンカバー
コア S-fast コア
アウター 高反発IO ソフトレイヤー
カラー ホワイト
ディンプル数 326
価格 1スリーブ 950円/1ダース 3800円(税別)

『TW-Xボール』がモデルチェンジすることになって、『TW-Sボール』という新しいボールがラインアップに加わることになりました。

新しい『TW-Xボール』は、ヘッドスピードが40メートル/秒(m/s)以上のゴルファーを対象にして、新しい『TW-Sボール』は、ヘッドスピードが38m/s以上のゴルファーを対象にしているとのことです。

数字としては、ほんの少しの差です。

想像に過ぎないのですが、ツアーボールとしての性能の追求は『TW-Xボール』が担って、『TW-Sボール』はあらゆる層のゴルファーのための高性能ボールみたいな棲み分けだとしたら理想的だと思ったのです。

『TW-Sボール』の『S』は、スピンの略ですから、僕の想像はなんとも微妙ですが、期待してしまいます。

『TW-Sボール』は、カバーがウレタンの3ピース構造のボールです。

コアの部分と中間層の素材が新しいようです。ソフトな打感なのに、高初速を生み出すという、一見、矛盾した機能を発揮するようです。

実際に手に取って見ると、ツアーボールらしいぬめり感もあって、『TW-Xボール』の姉妹ボールとしてツアーボールの系譜にあることがわかります。

指でボールを押すと、かなり指が沈みます。軟らかさは強烈です。

最初はパターマットで打ってみましたが……。軟らかさも感じますが、けっこう弾き感もあるのです。

個人的には、ショートゲームは弾き感があるボールが好きなので、高評価したいところです。軟らかいのに弾き感もあるのは面白いです。

ツアーボールというより高性能ボールとしてのTW-S!

動画を見てください。

『TW-Xボール』に続いて、『TW-Sボール』を使用してラウンドしました。最初はパー5だったので、ドライバー、フェアウェイウッド、ウェッジと使いました。

『TW-Sボール』は、一言でいうと、やさしい打音です。

表現が難しいのですけど、やや濡れている鞭のような打音がします。もちろん、クラブは金属ですので、ボールの影響で音が激変する訳ではないのですけれど、打音への強いこだわりを感じて、打っていて快感でした。

ちなみに、芯に当たらないと良い音は出ません。そこが良いのです。

音量は控えめで、やや小さめです。これも、柔らかく感じる原動力になります。『TW-Sボール』は、通好みにチューニングされています。

打ち応えは、超軟らかめと分類されます。潰れた感触は、それが好きなゴルファーにはたまらないものです。

潰れた感触がする高性能ボールを使いたいゴルファーには、オススメです。

『TW-Sボール』の軟らかさと、『TW-Xボール』の軟らかさは、ほとんど違いがわかりませんでした。

通常の姉妹ボールなら、目隠しテストをしてもわかる自信がありますが、この二つをテストされたら、間違えてしまうかもしれません。

『TW-Sボール』の飛距離はトップクラスです。ドライバーも、アイアンも、飛びます。

ボールは、やや高めの中弾道です。ドライバーショットは、スピンが多いとは思えない棒球が出ます。

『TW-Sボール』は名前の通り、スピンはかかるほうです。

特に、ショートアイアンとウェッジに関して、気分良くボールにスピンがかかります。

100ヤードからウェッジで打ったボールが、平らなグリーンで2ヤードぐらい戻ります。

ショートレンジのアプローチでもスピンがかかります。パットも含めて、やや硬めの音がしますが、音量が小さいので気にしないゴルファーのほうが多いと思います。

『TW-Sボール』は、ボールとしての基本性能が高いボールです。

しかし、ツアーボールとしての機能を強くは感じません。やはり、広く多くのゴルファーに使ってほしいというボールになっているように感じました。

ボールにやさしいとか、難しさとかは、ないと思いますが、機能がフルに発揮できるかどうかで、ゴルファーはボールに選ばれているような気がするのです。

『TW-Sボール』は、多くの人が無理なく機能を堪能できるボールです。

ヘッドスピードが速くないという自覚があるすべてのゴルファーに『TW-Sボール』はオススメです。

『TW-Sボール』は、とにかく軟らかい打ち応えのボールです。

前モデルの『TW-Xボール』は、柔らかくとも、カチッとした感じがあるボールでした。僕は、その部分が好きでしたが、カチッとした感じが気に入らなかったゴルファーも少なからずいると思います。

『TW-Sボール』は、そういうゴルファーのために開発されたのだと考えてしまいました。

軟らかいボールで飛ばしたいというゴルファーは、テストしてほしいと思います。

お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。