最短でシングルプレーヤーになるために考える2つのこと

こんにちは、経理部ゴルフのジンです!

ゴルフをやってみると、もっと上手になりたいのに練習やラウンドに使える時間には限りがあるし。それにお金にだって制限がありますよね……。

でもいつかはシングルプレーヤーになって70台のスコアで回るのが夢。

私自身も時間やお金に制限がある中で一生懸命どうやったらよいスコアで上がれるか考えてきました。

なので今回は「最短でシングルプレーヤーの仲間入りをする」。

そんな方法について! 真剣に、でも無駄なことは一切省いて書いてみようと思います。ではどうぞ。

シングルプレーヤーとは? どれくらいのスコアで回る?

シングルプレーヤーとは? どれくらいのスコアで回る?

getty

さて、「シングルプレーヤー」とはどのようなゴルファーでしょうか?

これは過去のスコアから算出されたハンディキャップが、9以下のゴルファーの方を指しますよね。

100前後のスコアのアベレージプレーヤーからすると、シングルプレーヤーは雲の上のような存在として扱われることもあります。

また、レッスンプロやゴルフを長年されている上級者の方もシングルプレーヤーをかなりの努力や才能がないと難しい、と言います。

しかし、私は100前後のアベレージプレーヤーもシングルプレーヤーもそんなに大きな才能の差や努力の差は感じません。理由は後述します。

では、次に皆様はシングルプレーヤーになるためのスコアはどれくらいと考えますでしょうか?

パープレイの72に9を足して、81程度のスコアで最低でもラウンドするゴルファーでしょうか?

いえいえ。例えば日本ゴルフ協会JGAが定めるオフィシャルハンディの計算では、20回ラウンドして上位10回のスコアを用いてハンディの計算をします。

悪いほうの半分のスコアはカウントせず、良いほう半分のスコアを計算に使うということですね。

それ以外にもいろいろな補正がかかり、私の例ですと「平均スコアが84~86」くらいのときにハンディキャップが10を切って一桁のシングルプレーヤーとなりました。

この辺りは意外と知られていませんが、まずはシングルプレーヤーになるために目指すべき平均スコアは85程度で良いとイメージいただけたらなと思います。

シングルプレーヤーになるための考えるべき2つのこととは

シングルプレーヤーになるための考えるべき2つのこととは

getty

目指すべきスコアがわかったところで、次に何を考えればよいか? ということになります。

私は最短でシングルプレーヤーになるためには、考える内容を2つに分けることをお勧めしています。それは……。

1.スコアを良くするための工夫。

2.スウィングを良くするための工夫。

これを別にしていくことです。

普通にゴルフを楽しんでいるとほとんどの場合、2の「スウィングを良くするための工夫」ばかりになっていきます。

そうならないように考え方を明確に分けます。

1.スコアを良くするための工夫

1.スコアを良くするための工夫

getty

スコアを良くするための努力とはなんでしょうか? 今回は私が考えている結論だけをスパッと書かせていただきます。

それは、自己分析を行うことです。

自己分析の中でもとても大事となるのが、つなぎの2打の「確率を意識すること」になります。

つなぎの2打とは。

「100ヤード以内から自身が何パーセントの確率でグリーンをとらえているか?」を把握すること。

「グリーンに乗ってからのファーストパットが1.5メートル以内に寄る確率が何パーセントだったか?」を把握すること。

私はシングルプレーヤーになるための最大のコツは、自己分析をしてこの「確率を意識」することだと考えています。

もう少し具体的に、スコアを良くするための工夫を書くと

もう少し具体的に、スコアを良くするための工夫を書くと

getty

もう少し具体的に書きます。

コースに出て100ヤード以内に入ったら、自分の中でワンオンチャレンジを始めます。

ラフでも、目玉のバンカーでも、傾斜でも、グリーンが狙えるショットであればすべてカウントします。

その結果、家が何件も建つ広さのグリーンへどれくらいの確率で「しがみつき」できているのか? この「確率を意識」をすることが工夫となります。

上手な方なら、18ホール回ってこの確率を100パーセントもしくはそれに近い数値にすることはさほど難しいことではありません。

そして「しがみつき」の次には、必ずファーストパットが待っています。

これを1.5メートル以内(おおよそ歩測で2歩以内)に収めることができる「確率を意識」することが重要となります。

カップに対してきちんと「お近づき」する。この確率も上級者なら100%もしくはそれに近い数値を出すことができます。

私は、この「しがみつき」から「お近づき」の2打を100%にしていく意識がシングルプレーヤーになるための最も近道だと思っています。

なぜならば、この技術は習得しようという意識さえ向けられれば、さほど習得するのは難しい技術ではないからです。

そしてドライバーやショートパットなどのその日の調子に左右されやすいショットと異なり、裏切らない技術となるからです。

ショートゲームを練習しよう! ということではなく。「意識をするだけ」で変わるのがこの工夫の特徴です。

2.スウィングを良くするための工夫

2.スウィングを良くするための工夫
スウィングを良くしよう! と考えると真っ先に練習場でボールを打つイメージがあると思います。

私はその練習場でのショットの際に、最短でシングルプレーヤーになるための工夫として、ゴルフスウィングの「カメラでの撮影」をお勧めしています。

どのように撮影して、どのようなチェックを行うのが良いか? について細かくは別記事で書こうと思います。

ここでは飛球線後方、後ろから見た場合に、構えた位置のクラブシャフトライン(青いライン)に沿って、クラブヘッドが下りてくることが最重要となります。

スマートフォンの動画撮影で充分にチェックができますので、ミニ三脚などのグッズを買ったり、友達に撮ってもらったりしながら、自分のスウィングを客観的にチェックするクセをつけると良いと思います。

やみくもに球数を打つと、逆に下手を固めてしまいそれを直すのが大変になったりします。

たまたま良いボールを打てたスウィングが、将来的に良いスウィングとも限らないのがゴルフの怖いところです。

プロゴルファーが若手でも活躍できるようになった大きな要因が、このような動画でのスウィングチェックができるようになったから。

ということですので、どんどん取り入れていきたいですね。

まとめ

まとめ

getty

いかがでしたでしょうか。

実際にシングルプレーヤーになるために試行錯誤した実体験から、核となるところを記載させていただきました。

まず、シングルプレーヤーになるための平均スコアは85前後。

そして、「スコアを良くするための工夫」と「スウィングを良くするための工夫」は明確に分ける。

「スコアを良くするための工夫」は、確率を意識することでした。

100ヤード以内のしがみつき率、ファーストパットのお近づき率。これは上級者なら狙って100パーセントを出せますし、意識次第で誰にでもできます。

「スウィングを良くするための工夫」はやみくもにボールを打つのではなく、スウィングの撮影をして、客観視した自分のスウィングに常に課題を持つことでした。

よかったらぜひ参考にしてみてください! ではまた。
お気に入り
経理部ゴルフ ジン

ラウンドの回数は年間10数回程度と少ないながらも、経理という仕事がらゴルフにまつわる数字を分析。座学中心で短期間でシングルに(^^) 現在は初心者ゴルファーからシングルプレーヤーまでたくさんの方にアドバイスをしています。「ゴルフを難しくしない」をモットーに皆さんの役に立てる情報をどんどん書いていければなと思います!

このライターについてもっと見る >
ゴルフ5大処分市200701-0801

カートに追加されました。


ダンロップX2ボール200701-0801