“R”や“S”の表記は当てにならない!?シャフト選びは必ず試打をしよう!

お気に入り

クラブを購入するときに選ぶ必要のあるのがシャフトのフレックスです。いわゆる硬さです。

ある程度の情報で決められているその硬さ本当に大丈夫でしょうか? シャフトの硬さや役割を含め考え直しましょう。

本当にあってます?

本当にあってます?

先日ドライバーとアイアンを総入れ替えしました。一つ前は非常に硬いシャフトで頑張っていましたが計測すると意外や意外でした。

どうも奏son輝です。

各メーカーやブランドにより硬さや表記は様々ですが、大体のところ漠然と私たちアマチュアは自己理解しています。

メーカーによってはSとXの間のSXやRとSの間のSRなどあります。しかしなぜ個別な表記やオリジナルの表記があるのかというと、硬さを表す統一された基準がないからです。

同じR表記でももちろんメーカーやブランドによって硬さは実はバラバラですし、そもそもシャフトの硬さとは、グリップ側を固定しヘッド側を振動させてその振動の回数で決めています。

常識的に考えてわかるように、振動数が少ないものほど柔らかく、振動数が多いものほど硬いのです。

数値基準はメーカーやブランドによって異なり、雑誌やネットで調べるとアスリート向けシャフトのRよりもアベレージ向けシャフトのSのほうが柔らかかったりします。

シャフトの硬さはスイングにどのような影響を及ぼすのかも我々アマチュアには理解しがたいです。

しなりの話をしたところで、結果たどり着くのは、Rは柔らかくXは硬いくらいの話にしかなりません。

何となくは分かるのですが、シャフトのしなりとは主にタイミングの取りやすさと飛距離に影響します。でもそれが自分にあっているかは分かりません。

メリットとデメリット

メリットとデメリット

それぞれにメリットとデメリットがあるのは百も承知でしょう。

柔らかいと飛ぶ可能性が高まりタイミングが取りやすくなりますが、ミスをしたときに曲がる度合いが大きくなりやすいです。

逆に硬いとボールをミートしやすくなり、ミスしても曲がりが少なくて済みます。ただしパワーがないと飛距離が出しにくいです。

シャフトにしなりがあるとヘッドが振り子のように間を作ってくれ、タイミングが取りやすくなります。

そしてしなりが大きいほど戻りが大きくなりヘッドを加速しやすくしてくれて、飛距離アップの可能性が高くなるのです。

しなりが大き過ぎるとタイミングが外れたときにヘッドのブレが大きくなりやすくもなります。曲がりが大きくなる危険性もあるので要注意です。

反対に硬いシャフトだとしならない分小手先で操作しやすくなるので、ボールをミートしやすくなる。

打点のズレによる曲がりもインパクトでのヘッドのブレが抑えられ曲がり幅が少なくて済みます。

しなりが少ない分パワーがないと飛距離が期待できませんが、これはあくまでも相対的な意見であり真意ではありません。

違いはシャフトの硬さだけを変えた場合による差で、市販されているシャフトは同じフレックスを使うゴルファーの傾向に合わせています。

もちろんフレックスによって微妙にシャフトのねじれや重さを変えていることがほとんどだということも忘れないでください。

柔らかめのフレックスは、硬めシャフトに比べ柔らかいだけでなくシャフトのねじれを大きくしてつかまりやすくしていたりします。

同時に軽くしていたりと、より良い結果を得られやすいようにチューニングしてあり、硬さによる違いは当てはまらないことも頭に入れておきましょう。

そして何を選ぶ

そして何を選ぶ

とやかく言ってますが、シャフトのフレックスはどれを選べば良いのかというのが本題です。

純正シャフトならメーカーがある程度のヘッドスピードに合わせて基準を設けています。

自分のヘッドスピードを当てはめて選べば、外すことはないのですがやはり試打は大事です。

カスタムシャフトなら実際に打ってみて、振り心地や弾道データを取りますが断然純正シャフトも試打することを勧めます。

シャフトフレックスの明確な基準がないので、ブランドによって硬さは微妙に異なります。もちろん個人能力も違います。

振動数の数値で多少の硬さを判断することはできても、スイングのクセなどによって硬く感じたり柔らかく感じたりもします。

硬さによる特徴の違いもフレックスによって微妙なチューニングがされています。組み合わせるヘッドの性能によってもしなり方は変わってきます。

クラブを購入しようと考えている方は絶対に試打してください。今までのクラブの硬さで良いだろうと決めつけたらスコアも改善できません。

必ず試打をしてから購入してください。ミスショットの原因はそういったところから起きている可能性は大いにあります。

あのクラブだけ右に曲がるんだよなというときはシャフトを疑いましょう。そのクラブだけカーボンかもしれません。スチールかもしれません。

同じ初心者ゴルファーの方いかがでしたか。基本的にはグリップやアドレスを疑っても改善しない場合シャフトを疑ってみてください。

それではまた。

お気に入り
奏son輝

2017年1月ゴルフ本格的に開始。ベストスコア78。年間50ラウンドとゴルフ人気復活の為に偏った考えや好き嫌いなく自分なりに表現できたらと思います。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。