影響を受けたプロ達のスイングを解説!【松山、石川、藤田、谷口、ルーク・ドナルド】

実はタイガーからは影響を受けてません!

ゴルフライターのノザです。

今回は超絶主観的な記事となります。

なぜならゴルフライターである私ノザが、【影響を受けたプロを紹介するだけの記事】だからです。

「つまんなそ、違う人の記事読も」と戻るボタンを押そうとしているあなた、ちょっとお待ちを。

好きなプロが見つかっていないなら、当記事を読めば【プロのどういう所を見れば良いか分かる】ようになります。

好きなプロが見つかるとゴルフも一気に上達しますよ! つまりこの記事には大きな価値がある!

ということで早速紹介していきます。

その1.松山英樹のアイアンショット!

その1.松山英樹のアイアンショット!

getty

僕の過去記事を読んでくれている方は分かると思いますが、僕は松山プロに憧れがあります。

なので、松山プロから影響を受けた部分は計り知れません。

1.スイング
2.パッティング
3.思考

すべてリスペクトしています。

その中でも特に影響を受けたのはアイアンショットです。

・ゆったりとしたテークバック
・インパクト時の頭の位置、残し方
・どっしりした下半身
・豪快なフルスイング
・フィニッシュの手の位置

松山プロは言わずと知れたアイアンメーカー。ショートアイアンでのピンを差すショット、ロングアイアンでの球のめくれ方。

どれをとっても一級品です。映像を観るだけで酒が飲めます。

松山プロのアイアンを見ていないと言う人は、今すぐYouTubeでも何でも良いので見ましょう。

ちなみに松山プロのショットに関しては、以下記事で詳しく説明しています。

その2.石川遼の美しいスイング

その2.石川遼の美しいスイング

getty

同じ埼玉出身ということもあり、石川プロも応援している一人です。

スコアが悪く納得できない日でも、インタビューなどにしっかり答える紳士な様は観ていても清々しい。

ここら辺松山プロは見習ったほうがいいかも(笑)。

石川プロのスイングはおそろしくきれい。美しく、芸術的なスイングをしていると思います。

一度テレビで観たけど、彼は肩甲骨がおそろしく柔らかいですね。背中で両肘が付くんですよ?

だからあれだけ伸びのあるスイングができるんだと思います。

難点として、きれい過ぎて真似できないというデメリットがあります。

ただ観ている分には美しくきれいで、「あんなスイングで打てたらな~」と目標にしたくなるプロです。

見た目とは逆に攻撃的なゴルフスタイルも好きですね。観ていてワクワクしてきますよ。

直ドラとかね(笑)。

その3.藤田寛之のアプローチ&フェードショット

その3.藤田寛之のアプローチ&フェードショット

getty

2012年賞金王の藤田寛之プロ。18勝中、40代になってから12勝と年齢を重ねる程強くなる中年の星。

僕がどれほど藤田プロが好きかと言うと、「藤田プロ監修・マッスルバックアイアン」を購入してしまうほどです。

確か定価12万円だったと思います。

藤田プロの魅力は「アプローチ&フェードショット」です。

藤田プロのアプローチは一言で「柔のショット」。

力みなどがなく、一定のリズムで打つショットは柔らかく、そしてどんなライでもカップに寄る!

手首の柔らかさ&リズムの良さ&豊富な経験値があのアプローチを生み出しているかと思います。

次にフェードショットです。

「飛ばすならドロー」という固定概念が強かった僕は、無理くりドローを打っていました。

インパクトの直前に手首を返した無理やりなドロー。

でもタイミングがズレれば左に引っ掛かるし、ちょっとでもタイミングが合わないと右に飛び出してなおかつスライス。

自分でドローは合わないと分かっていながら、飛距離を出したい一心でドローを打っていました。

しかし藤田プロが賞金王になった2012年に、「フェードのほうが飛距離が落ちても安定する!」ということを知り(藤田プロのレッスン番組でやっていた)、そこからフェードを勉強するようになりました。

藤田プロは必ずティーグラウンドでは右に立ち、そこからつかまったフェードを打ちます。

「飛距離はないし、若くはないけど何? 優勝はできるよ?」という感じ。

フェードの師匠ですね。

その4.谷口徹のドロー&パッティングスタイル

その4.谷口徹のドロー&パッティングスタイル

getty

言わずと知れたドローヒッターの谷口プロ(ここ数年はフェードにも取り組んでいましたが)。“和製タイガー”と呼ばれるほど強く、またリアクションも豪快です。

ちょうど、先に紹介した藤田プロと賞金王を争っていたのが谷口プロでした。なのでこのプロも相当良く観ていました。

谷口プロは考え方が好きなんですよね。

俺はドローしか打てない! パターは替えない!

みたいな一貫した主張が好きです。

とにかくクローズスタンスで、バリバリのドローヒッターという雰囲気を出すアドレス。そしたきれいなドロー。

ドローを打つお手本的な存在です。あと、地面反力もかなり使っている印象。

パターもかなり上手く、数々のプロが谷口道場の門戸を叩くそうです。

使用しているパターですが、二十年落ちのオデッセイのパターです。その影響で僕もパターは全然替えてません。

ハッキリ言うタイプで怖そうな印象ですが、後輩の面倒見が良い人間性も好きです。

寄付もかなりの額してます。

その5.ルーク・ドナルドの安定性&パター

その5.ルーク・ドナルドの安定性&パター

getty

2012年、2013年と日本ツアーのダンロップフェニックスに来たルーク・ドナルド。2011年に欧米でダブル賞金王に輝いた人です。

もうルークはね、テレビで観ていたんだけど、ど肝抜かれましたね。

スイングの安定性。バックスイングからフィニッシュまでの流れ。そのリズム。アイアンからドライバーまでずっと一定。

「機械なの?」というくらいに本当一定。あれは曲がらないわ……と納得のスイング。

フィニッシュの収まりも僕の好きな位置なんです。藤田プロとまではいかなくても、かなり高い位置で収まります。

スイングがそれだけすごい上に、パターもすご過ぎました。

薗田峻輔プロのコメントが印象的で、「まじヤバいっすあの人。パター全部入りそうです!」と言ってました。

同じプロなのに、あまりに完璧なゴルフをするので興奮していましたよ(笑)。

なんせ「449ホール3パットなし」という訳の分からない記録を持っています。

パッティングの天才ですよ。本当に。

ちなみにその当時ルークが使っていたマレット型のパター(オデッセイ)は当然購入しました(笑)。

ということで憧れのプロを4人紹介しました。

皆さんも好きなプロがいるなら、そのプロのどこが好きなのか、一度考えてみると面白いですよ!

それでは!
お気に入り
ノザ@ゴルフライター

【ゴルフは一生モノ】関東近郊に住むアラフォー直前のノザです!今までゴルフライター&ブログなどで500記事以上を書いています。 【ツイッターでフォロワー募集!】 ツイッターでフォロワーさん募集しています。 ゴルフ好きなら全てフォロバ返しますのでよろしくお願いします。ゴルフやライターの事を多く呟いてます! 【公式ブログ開設】 ノザ@ゴルフライターの公式ブログを開設しました!(2020年4月)お仕事依頼はブログ経由でお願いします。 https://golfwriter-noza.com/

このライターについてもっと見る >
ダンロップX2ボール200701-0801
ダンロップX2ボール200715-0801

カートに追加されました。


ダンロップX2ボール200701-0801