新・貧打爆裂レポート『ゼクシオ エックス フェアウェイウッド ハイブリッド』

今回の新・貧打爆裂レポートは、2019年12月7日に発売されたダンロップスポーツマーケティング『ゼクシオ エックス フェアウェイウッド』と『ゼクシオ エックス ハイブリッド』です。

いつものようにコースに持ち込んでラウンドしてみました。「新しいゼクシオ」の真相に迫ります。動画も含めて試打レポートします。

ゼクシオ エックスのFWとハイブリッドに期待は集まる!

ゼクシオ エックスのFWとハイブリッドに期待は集まる!

『ゼクシオ エックス フェアウェイウッド』『ゼクシオ エックス ハイブリッド』は、ダンロップスポーツマーケティングが2019年12月7日に発売したクラブです。

本数累計で世界一の売り上げを誇るゼクシオは、誕生から20年を超えて、今回のモデルチェンジで、11代目となります。

一般のゴルファーを対象にしていたゼクシオは、今回のモデルチェンジで二つのブランドに分かれることになりました。今までのゼクシオを継承するイメージの『ゼクシオ イレブン』と、アスリートゴルファー向けの『ゼクシオ エックス』の二つです。

『ゼクシオ エックス フェアウェイウッド』『ゼクシオ エックス ハイブリッド』の外観の共通点は、ゼクシオらしさです。

ソールはシンプルです。ブラックを基調にしてオレンジの差し色、オレンジのウェイトは、落ち着きの中に、新しさを感じさせます。上級者用のクラブという雰囲気を醸し出しています。

クラウンはダークグレーですが、「高輝度メタリック+ダークグレーイオンプレーティング」という仕上げで、品が良い輝きもあって好印象です。

『ゼクシオ エックス フェアウェイウッド』の後方の局面には、模様がプリントされています。構えやすさと、ヘッドが小さく締まって見える効果があると言われています。

海外のブランドのクラブによく採用されているので、ゼクシオではないような気分にさせます。

フェースは、伝統的なゼクシオを感じさせます。丁寧に作られています。

『ゼクシオ エックス フェアウェイウッド』『ゼクシオ エックス ハイブリッド』は、ゼクシオらしくない部分と、ゼクシオらしい部分が共存しているとイメージさせる外観です。

ドライバー同様「WEIGHT PLUS(ウェイトプラス)」というテクノロジーを採用しています。

グリップエンドにウェイトを入れて、クラブの手元に重量を集中させることでスイングにブレを少なくするという理論に基づいた技術です。

新開発の「CANNON SOLE(キャノン ソール)」は、ソールのフェース寄りの下部をギリギリまで薄くすることで、フェースを効率良く反発させて、大きくたわませることが可能になるそうです。

高反発エリアは過去のゼクシオと比較して最大になったということで、これは、ミスヒットにも強いことを期待させます。

試打した『ゼクシオ エックス フェアウェイウッド』は、ロフト15度のスプーン、『ゼクシオ エックス ハイブリッド』は、ロフト20度の4番。シャフトは純正の「Miyazaki AX-1」のフレックスSでした。

握ってみると、しっかりしているのです。シャフトはかなりハードです。

新しいゼクシオは、見た目だけでも、十分に魅力的なクラブに仕上がっています。

ハードヒッターが楽しめるのがゼクシオ エックスだ!

動画を見てください。

『ゼクシオ エックス フェアウェイウッド』から書きます。最初の印象は、強いボールだなぁ、でした。

フェアウェイからのショットは、ジャストミートでした。やや低めの中弾道で、ほぼストレート。落ちてから転がりましたが、トータル飛距離は215ヤードでした。

ゴルファーの好みですが、僕は低いボールがあまり好きではありません。「あれ?」というふうにも感じたのです。自分の弾道が打てない予感でした。

次のホールではティーショットで使用しました。中弾道で、ややドロー。220ヤード飛びました。

打音はシャープですが、少し湿った音がします。上級者好みの単音です。音量は控えめです。

日本人の頑固な上級者の好みは、若く向上心があるゴルファーに受け入れられるのかを考えてしまいました。こういう好みを司る感性は、DNAに組み込まれているという説があります。

こういう部分で、『ゼクシオ エックス フェアウェイウッド』は、ゼクシオらしいのかもしれません。

ラウンドを通して使ってみた感想としては、強い球が出ます。

浮力が弱いので、頑張っても中弾道のボールです。ドローボールが打ちやすいスプーンです。

球が上がり過ぎてしまうと悩んでいるゴルファーに、『ゼクシオ エックス フェアウェイウッド』はオススメです。

たぶんですが、僕のヘッドスピード40メートル/秒ではオーバースペックだと感じました。

ヘッドスピードがもう少しあったほうが、もっと機能するのだという感覚がラウンド中にありました。

ただし、ミニドライバーとして、ティーアップ専用で使用するスプーンなのであれば、『ゼクシオ エックス フェアウェイウッド』はオススメのクラブになります。

ボールが低めで安定することは、狭い範囲にボールを集めやすいからです。

続いて、『ゼクシオ エックス ハイブリッド』です。

『ゼクシオ エックス ハイブリッド』は、『ゼクシオ エックス フェアウェイウッド』よりもさらにハードに感じました。

4番なのに、20度というハードなロフトの影響だけではなく、構造的に浮力が少ないようです。

球が上がりにくいゴルファーには、『ゼクシオ エックス ハイブリッド』は向きません。

逆に、球が上がり過ぎてしまうゴルファーには、強くオススメです。

飛距離は190ヤード平均でした。これはトップクラスで飛びます。

打音は締まった単音で、音量は小さめです。打ち応えは、ボールが初速感があるのに、やや軟らかめに感じます。

基本的には、ストレートボールで、あまり曲がりません。出球の方向のまま飛んでいきますので、それを活かせるかどうかが、『ゼクシオ エックス ハイブリッド』を使いこなすポイントになると思います。

ゼクシオというとやさしいというイメージを抱くのは当然ですが、単純に、ハードヒッター用のやさしいクラブだと考えるのは危険です。

『ゼクシオ エックス ハイブリッド』は、油断して使えるクラブではありません。

『ゼクシオ エックス ハイブリッド』は、やや打ち込み気味に使ったほうが機能するように感じます。

ヘッドスピードが速いゴルファー向けのハイブリッド(ユーティリティ)は、市場にはあまり良いものがないといわれます。

ハードヒッターであれば、ロングアイアンが使えるので、代用であるハイブリッドに需要がないからだという分析もあります。

それらが本当かどうかは別として、『ゼクシオ エックス ハイブリッド』は、ヘッドスピードが速いゴルファーを助けるクラブとしてオススメです。

ロングアイアンに比べれば、格段に打ちやすく、楽に飛ばすことができるからです。

『ゼクシオ エックス フェアウェイウッド』『ゼクシオ エックス ハイブリッド』ともに、打ってみると、ゼクシオらしさとは正反対を感じるクラブでした。

ゼクシオを敬遠していたゴルファーほど、打ってほしいと強く思います。

お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。