新・貧打爆裂レポート『ゼクシオ イレブン フェアウェイウッド & ハイブリッド』

今回の新・貧打爆裂レポートは、2019年12月7日発売のダンロップスポーツマーケティング『ゼクシオ イレブン フェアウェイウッド』と同『ハイブリッド』です。

いつものようにコースに持ち込んでラウンドしてみました。「伝統を継承するゼクシオ」の真相に迫ります。動画も含めて試打レポートします。

ゼクシオ イレブンのフェアウェイウッドとハイブリッドは挑戦的だ!

ゼクシオ イレブンのフェアウェイウッドとハイブリッドは挑戦的だ!

『ゼクシオ イレブン フェアウェイウッド』『ゼクシオ イレブン ハイブリッド』は、ダンロップスポーツマーケティングが2019年12月7日に発売したクラブです。

本数累計で世界一の売り上げを誇るゼクシオは、今回のモデルチェンジで、11代目となります。

一般のゴルファーを対象にしていたゼクシオは、今回のモデルチェンジで二つのブランドに分かれることになりました。

今までのゼクシオを継承するイメージの『ゼクシオ イレブン』と、アスリートゴルファー向けの『ゼクシオ エックス』の二つです。

『ゼクシオ イレブン フェアウェイウッド』『ゼクシオ イレブン ハイブリッド』の共通点は、ゼクシオらしさです。

ソールはシンプルです。外側からは、何も特徴らしい特徴がありません。奇をてらわないのは、諦めか、自信かのどちらかですが、ゼクシオは後者です。

中身は見えませんが、見えないところに必要な機能は詰まっているということなのだと思わせます。

シェイプは、まさにゼクシオです。形状も、クラウンの素材感やブルーの美しい塗装も、ゼクシオらしさで溢れています。

20年を越えるイメージ戦略は見事なもので、ゼクシオらしいと感じただけで「やさしそうだ」と思うのです。

ドライバー同様、「WEIGHT PLUS(ウェイトプラス)」というテクノロジーを採用しています。

グリップエンドにウェイトを入れて、クラブの手元に重量を集中させることでスイングにブレを少なくするという理論に基づいた技術です。

新開発の「CANNON SOLE(キャノンソール)」は、ソールのフェース寄りの下部をギリギリまで薄くすることで、フェースを効率良く反発させて、大きくたわませることが可能になるそうです。

高反発エリアは最大になったということで、これは、ミスヒットにも強いことを期待させます。

試打した『ゼクシオ イレブン フェアウェイウッド』は、ロフト15度のスプーン(3W)、『ゼクシオ イレブン ハイブリッド』は、ロフト20度の4番(H4)。シャフトは純正の「MP1100 カーボンシャフト」のフレックスSでした。

面白いと感じたのは長さです。

『ゼクシオ イレブン フェアウェイウッド』は、3Wで43.25インチ。『ゼクシオ イレブン ハイブリッド』は、H4で40.25インチです。

ほんの少しずつですが、長いのです。やさしくするためには、短くするという傾向がある中で、興味深いです。

外見ではわかりませんが、『ゼクシオ イレブン フェアウェイウッド』『ゼクシオ イレブン ハイブリッド』は、案外と挑戦的なクラブなのかもしれない、と期待しながらコースに持っていきました。

グリーンを狙って打てるのがゼクシオ イレブンだ!

動画を見てください。

僕は動画を原則として、ラウンド中に撮っています。後ろの組もいますので、打ち直しはしません。それでも、ほとんどミスショットはしません。だから、こうしてインプレが書けるのですが、今回は特別です。

『ゼクシオ イレブン フェアウェイウッド』『ゼクシオ イレブン ハイブリッド』のそれぞれのショットに、低くボールが飛び出して上がらないショットが入っています。

どちらも、最初に使用したシーンです。

ビックリしました。

どちらも、スイープに(払うように)きれいにヒットしています。つまり、自分の中ではミスではないのです。こんな弾道になるはずはない、と感じるしっかりした打ち応えもありました。

でも、弾道は打ったことがないような低い球でした。だから、次のショットからは打ち込みました。

『ゼクシオ イレブン フェアウェイウッド』『ゼクシオ イレブン ハイブリッド』の両方ともに、打ち込むタイプのゴルファーにオススメです。

素晴らしい弾道でした。ハイドローのボールは、フェアウェイウッドは210ヤード。ハイブリッドは184ヤード。

飛びます。どちらも、あまり転がりません。特にハイブリッドは、グリーンを狙って打ってもしっかりと止められます。

打音は美しい高音で、飛ばしている感じを得られます。

音量は大きめですが、不愉快さは感じません。ゼクシオらしいと感じるゴルファーも多いと思います。

ラウンドを通して何ホールか同じように使いましたが、打ち込んだショットは同じようにドローします。

現在の市場には、フェアウェイウッドもハイブリッドも、打ち込まなければ機能しないものは、ほぼ皆無です。『ゼクシオ イレブン フェアウェイウッド』『ゼクシオ イレブン ハイブリッド』は、そういう意味で強烈な個性を持っています。

ロングレンジの距離を打ちたいゴルファーで、打ち込みたいと思っていた場合は、今の市場には合うクラブがなくて困っていたはずなのです。

『ゼクシオ イレブン フェアウェイウッド』『ゼクシオ イレブン ハイブリッド』は、そういうゴルファーにとって救世主になります。

また、『ゼクシオ イレブン フェアウェイウッド』『ゼクシオ イレブン ハイブリッド』は、市場の主流になっている「飛距離優先」のクラブとは一線を画します。

一発の飛びではなく、アイアンのように、狙った飛距離にボールを止めるクラブが欲しいゴルファーにもオススメします。打ってみてほしいです。

長いクラブでもグリーンを狙う必要があるのは、飛距離が出ないゴルファーにとっては宿命のようなものです。

だからこそ、信頼があるクラブが不可欠なのです。

『ゼクシオ イレブン フェアウェイウッド』『ゼクシオ イレブン ハイブリッド』は、特別なゴルファーにとって、唯一の武器になり得るクラブなのです。

お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。