プレジデンツカップ~世界のゴルフ界の面白情報を拾い読み#151

お気に入り

今週はタイガー・ウッズとアーニー・エルスが、それぞれアメリカ選抜とヨーロッパを除く世界選抜のキャプテンを務める対抗戦「プレジデンツカップ」が行われます。

この大会は1994年にスタートし、基本的に2年に1度の開催で今回が13回目。

過去の対戦成績はアメリカ選抜の10勝1敗1引き分け。アメリカ選抜が圧倒しています。

しかし、その1敗と1引き分けには、今大会とちょっとした「縁」があったのです。

世界選抜の唯一の勝利は1998年大会

世界選抜の唯一の勝利は1998年大会

getty

世界選抜が唯一勝利したのは1998年大会。

そのときの会場は、今回と同じオーストラリアのロイヤル・メルボルンGCでした。

競技は3日間で全32マッチ=対戦(ダブルスが2日間4セットで全20マッチ、シングルスが12マッチ)が行われ、世界選抜が20・1/2 対 11・1/2のスコアで圧勝しています。

このときの世界選抜には日本から尾崎直道と当時29歳の丸山茂樹が選ばれ、ともにチームに貢献しました。

なかでも丸山は全出場機会である5マッチすべてでプレーし、全勝(チーム最多の5ポイント獲得)。

大会のMVPにも選ばれ、一躍世界的なプレーヤーになるとともに、2000年に米ツアーに転身する足掛かりとしたのです。

また、「スマイリング・アサシン(笑顔の暗殺者)」のニックネームが生まれたのもこのときでした。

getty

タイガーもダブルスで撃破

タイガーもダブルスで撃破

getty

丸山は、ダブルスのフォーサム(各チーム1つのボールをパートナーと交互にプレーするマッチプレー形式)の2マッチはクレイグ・パリ―と。

フォーボール(各チームの良いほうのスコアで競うマッチプレー形式)の2マッチは尾崎直道と、それぞれチームを組んで戦いました。

そして、大会2日目のフォーサムではタイガー・ウッズ&フレッド・カプルス組と対戦(上掲の写真)。

1アップでタイガーの組を倒したのでした。

このときのアメリカ選抜のキャプテン=ジャック・ニクラウスは丸山について、「プレジデンツカップのような大会では、ときに新しいスターが生まれることがある。シゲキ・マルヤマは本当に素晴らしかった。今後、彼の名前は何度も耳にすることになるだろう」と語っています。

タイガーとエルスによる決戦マッチも……

タイガーとエルスによる決戦マッチも……

getty

世界選抜が大会2勝目にあと一歩のところまで迫ったのは、エルスの故郷=南アフリカで開催された2003年大会でした。

このときは4日間で全34マッチ(ダブルスが3日間4セットで全22マッチ、シングルスが12マッチ)の対戦が組まれ、3日目の土曜日を終えた時点で世界選抜が12・1/2対9・1/2と3ポイントリード。

最終日のシングルス12マッチは、5マッチで勝利すれば2度目の優勝だったのです。

ところが、そこでアメリカ選抜が奮起。

シングルスはアメリカ選抜の7勝4敗1引き分けで、トータル17対17のタイに持ち込まれました。

勝負はシングルス1マッチのプレーオフで決することに。

そして、選ばれたのが世界選抜はアーニー・エルス、アメリカ選抜はタイガー・ウッズ。そう、今大会のキャプテン同士の対戦でした。

しかし、勝負は3ホールを終えても決着がつかず、日没のため両者無念の引き分けに終わったのです。

さて、13回目の今年は、世界選抜の21年ぶり2度目の優勝となるのでしょうか?

世界屈指の名コース=ロイヤルメルボルンGCを舞台に繰り広げられる熱い戦いを楽しみにしましょう。

お気に入り
こせきよういち

かれこれ30年もフリーランスのライター稼業をやっています。活動のフィールドはゴルフ雑誌がメインですが、ゴーストライターとして単行本を執筆したり、某出版社の運営を手伝ったり、テレビ・ラジオのスポーツ番組の構成を手掛けたり……。昨年(2016年)はトランプ大統領をテーマにした単行本の一部執筆もしました(笑)。でも、目下一番忙しいのは、日々SNSにアップしているゴルフ関連の話題を収集する作業かな。ゴルフ界、スポーツ界がもっと元気になれるように、との視点から有益な、あるいは面白い情報を集め、発信しています。 Twitter: https://twitter.com/kohe46

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。