“地面反力”とは何?ゴルフスイングに取り入れるとうれしいメリットが!

お気に入り
ゴルフスイングで意識するポイントは人によって様々だと思います。その中で、ダウンスイングで左膝をグッと踏み込み、地面から反ってくる力、というものを意識したことはありますか?

実はゴルフスイングでこの力を使うことで、いつものドライバーでも、より遠くに、方向性も良く安定して、ボールを飛ばすことができる可能性があるのです。

難しいことはありません。切り返しでの左足の動きを、少し変えてみるだけ。一緒に見ていきましょう!

地面反力とは?

地面反力とは?

getty

まず、「地面反力」とはどんなものでしょう?

「地面反力」とは、グッと足で地面を踏んだときに、逆方向から同じ強さで押し返してくる力のことです。

昔、「作用・反作用の法則」というものを物理で習ったことがあるかと思います。物理学としては当たり前の理論をゴルフに取り入れることで、うれしい化学反応が起こるのです。

「作用・反作用の法則」とは、簡単に言うと、「押せば押し返される」という法則です。

コンクリートの壁を手で押すと、強い手応えを感じますよね。このように手応えを感じるのは、逆側から、押しているのと同じ力で押し返されているからです。

これはコンクリートの壁ではなく、地面でも同じ法則が作用しています。

ゴルフスイングで、クラブをスムーズに速く振ることは、効率よくボールを飛ばすことにつながります。

このスイングを目指すため、「地面反力」を上手く使うことが鍵になるのです。

ゴルフスイングで地面反力を使うと何が起こる?

ゴルフスイングで地面反力を使うと何が起こる?

getty

では、この「地面反力」を使うことで、具体的に何が起こるのでしょうか?

ゴルフスイングは、アドレスから、テークバック、トップ、ダウンスイング、インパクト、フォロースルー、フィニッシュの一連の流れです。

この中の、トップからダウンスイングに入る際、下半身リードでインパクトに向けて切り返すことで、「回転」が生まれます。

このとき、身体の中に、回転の中心となる「回転軸」が存在します。

この回転軸に、地面反力によって跳ね返った、上向きの力を加えるのです。そうすることで、回転運動が加速し、クラブが走りヘッドスピードが加速します。

スイングをするのに、腕でボールを打ちにいく「手打ち」では、安定したインパクトと飛距離は望めません。

下半身リードから地面反力を使ったなめらかなスイングで、ボールをより遠くに飛ばすことができるのです。

どのようにスイングすると地面反力が使えるの?

どのようにスイングすると地面反力が使えるの?

getty

では、実際にどのような動きをすることで、地面反力を回転軸に加えることができるのでしょうか?

地面反力を生むのは、足の踏み込みです。足でしっかり地面を押すことで生まれるエネルギーを、しっかりとクラブに伝えましょう。

それには、左足の中でも、拇指球(親指の付け根の膨らみ)を意識して踏み込むことが大切です。拇指球に向かい、少し前に沈み込むイメージです。

インパクトでは、少し前に沈めた左膝を、素早くピーンと伸ばしましょう。

地面反力を強く伝えるには、踏み込んだ反動を使って、左膝を突き上げて伸ばす動きが基本となります。これができると、上半身の前傾姿勢も崩れにくくなります。

そのあとは、左腰を伸ばしながら回転させていきます。地面反力を、身体の回転に変える動きです。

左腰を伸ばすといっても左にスウェーしてはいけません。左腰を後ろにひねるように、その場で回転することが、スウェー防止にもつながります。

大切なのは、手打ちにならないこと。

しっかりと地面反力を使って腰を回転させることができれば、きれいなスイングプレーンを描くことができますので、手の力を抜いてスイングすることを心がけましょう。

地面反力を使ったほうがケガのリスクが軽減するってほんと?

地面反力を使ったほうがケガのリスクが軽減するってほんと?

getty

さて、地面反力を使った結果、左膝の負担が大きくなり、ケガを誘発するのではないかと心配する人もいると思います。

しかし、地面反力を使ったスイングは、その心配とは反対に、地面反力を意識していないスイングよりも、ケガのリスクが軽減する可能性があるのです。

地面反力は、下に踏み込んだ足にそのまま伝わるため、その力がどこかに行ってしまうことはありません。

地面反力を使っていても使っていなくても、ゴルフスイングでは回転の中で「筋」を使いますが、地面反力を使わなければ、スイングのすべてを「筋」だけの力で行わなければいけません。

地面反力を使い、身体にパワーを伝えることで、筋の動きを助ける働きをしてくれるため、筋は普段よりも楽な状態でフィニッシュを迎えられます。

身体の中の使う部分が少なければ、痛める部位が減ることになりますので、地面反力を使ったスイングは、身体に優しいスイングと言えます。

まとめ

まとめ

getty

普段、ゴルフスイングをするときに、心がけていることはいろいろとあると思います。

その一つに、地面反力を使うことを入れてみませんか?

地面反力は、左足で地面をグッと踏み込むことで、地面から押される同じ力を、ダウンスイングの回転軸に加えることができます。

そうすることで、なめらかなスイングになり、ヘッドスピードを最大限まで上げることができますよ。

ヘッドスピードが上がることで飛距離アップが望めます。ぜひ、左足の踏み込みを意識して、スイングしてみてくださいね。
お気に入り
亜月

ゴルフと食べることが大好き! ゴルフ歴6年、ラウンドは週1。スコアはまだまだ安定しませんが、楽しくプレーしています。 https://www.instagram.com/_.risa._18

このライターについてもっと見る >
ゴルフ5大処分市200701-0801

カートに追加されました。