畑岡奈紗も愛用!「バネインソール」で下半身の力を解放しよう!

バネインソールは、中敷き自体を日本人の足型を長年研究し、その形状を理想化することによって、人間が本来持っている機能を最大限に活用できるよう開発されたインソールです。

トップアスリートの愛用者も多く気になっていましたので、今回は「バネインソール」の公式サイトから直接問い合わせてみました!

バネインソールの特徴と期待される効果

バネインソールの特徴と期待される効果

amazon

バネインソールの大きな特徴として、バランスを崩した足元の骨格を組み上げ、全身のゆがみを整えることができるという点が挙げられます。

そして、骨格が正しく整うことで、人間が本来持っているバランスを取り戻し、今まで以上のパフォーマンスを体感したり、トラブルを改善するということを目指してきました。

バネインソール発売当初は、足裏にトラブルを抱えている人やパフォーマンス向上を目指すトップアスリートに多く支持されましたが、今ではその評判が広がり、スポーツシーンだけでなく、普段の生活シーンでの利用者も増えているそうです。

■バネインソールの効果
・カラダのゆがみを補正
・土踏まずをしっかりサポート
・体軸・足元の安定
・カカトへの衝撃軽減
・美しい姿勢の維持
・美脚効果
・筋力パワーをロスなく発揮、伝達
・体軸が左右にブレない

ゴルファー向けのバネインソールはどれ?

ゴルファー向けのバネインソールはどれ?
(写真は「ゴルフ」モデル。バネインソール公式サイトより)

バネインソールは10種類以上が発売されており、どのモデルを選べばいいのか非常に迷ってしまいます。

そこで、実際にバネインソールに問い合わせ、オススメモデルを聞いてみました!

■ゴルファーにオススメのモデル

ゴルフで使用する場合のオススメモデルとしては

1.ゴルフ
2.アスリートグリップ
3.アスリートグリップ7

の3種類がまず挙がってきます。

その中で、使用しているゴルフシューズの幅、インソール、土踏まずの高さから、自分に合うモデルをチョイスします。

使用のシューズが細身のシューズの場合は「ゴルフ」モデルが対応しやすいモデルとなり、やや幅があるシューズをご使用の場合は「アスリートグリップ7」のほうが相性が良いそうです。

また、土踏まず部分に関しては、「アスリートグリップ7」のほうが土踏まずのサポート感をやや強く感じられるため(コントロールカップの面積が広い)、足元の安心感をより求める方は「アスリートグリップ7」をチョイスしてください。

ただ、どちらのモデルも、バランス力をサポートする性能に違いはありませんので、使用しているシューズ幅から考えてもらえればOKです。

ケーススタディ! 私の足に最適なモデルはどれ?!

ケーススタディ! 私の足に最適なモデルはどれ?!

getty

実際に、私の使用しているゴルフシューズやスイングをモデルに、オススメモデルをチョイスしてもらいました!

■モデルケース

1.靴のサイズ→26センチ

2.土踏まずの高さ→立っている状態で足に荷重している時に指1本入る

3.使用シューズ→フットジョイ TOUR S BOA

4.スイング→目指せジャスティン・トーマス!(フットワーク多め)

■土踏まずのタイプ

私の土踏まずは、一番隙間が空いている箇所に人差し指の第一関節まで指が入ります。

この場合、バネインソールの目安では「MIDタイプ」になります。

※バネインソールには、LOWタイプ、MIDタイプ、HIタイプがあり、偏平足気味の方は、LOWタイプがオススメです。

MIDタイプの方の場合のオススメは【アスリートグリップ】または、【GOLF】がオススメモデルです。

■シューズ幅

各シューズメーカー様の規格にもよりますが、『E』表記以下の表記(D、C、B等)は、細身のシューズになると考えております。

※『E』表記のシューズでも、土踏まず周辺の幅があるモデルもありますので、マニアックなシューズをチョイスしている人は、全体的なサイズ感の把握も必要です。

■フットワークが多いスイング

ジャスティン・トーマスのように足をかなりめくり上げる動きでスイングする場合、【アスリートグリップ】モデル、【アスリートグリップ7】モデル、【ゴルフ】モデルすべてのモデルに差はないそうです。
 
■フットジョイのTOUR S BOAのインソールタイプ

フットジョイのゴルフシューズに付属しているインソールは、比較的に全体的の厚みがあります(モデルによって多少違いますが)。

私が使用しているモデルも、かかとに特別な厚みがあるタイプではないので、既存のインソールをバネインソールに入れ替えるだけでOKでした。

ゴルフシューズによっては、インソールのかかとだけ高くしているモデルもあるので、バネインソールを購入する際には、必ずインソールがどのような形状か確認するようにしてください。

「アスリートグリップ」を買ってみた!

「アスリートグリップ」を買ってみた!
上記の特徴やスイングから、バネインソールの担当者からオススメされたのは「アスリートグリップ」でした!

早速注文しましたので、練習やラウンドでの使用感はまたレポートさせていただきます。

今回は、問い合わせ窓口宛にメールで相談させていただきましたが、しっかりヒアリングしてもらいながら、またインソールの画像を確認してもらいながらとても丁寧にオススメモデルを選んでいただきました。

みなさんも、お近くの店頭で試すことができなければ、直接相談してみてください!
お気に入り
Yanagi@JPDAドラコンプロ

JPDA(日本ドラコンプロ協会)所属のドラコンプロです。 168cm(60kg)とドラコンプロとしては小柄ですが、ドライバーの飛距離は300ydを超えています。 身体の使い方、クラブの使い方を工夫するだけで、飛距離は簡単に伸びます!! ドラコンプロとしての知識や経験を活かし、フィジカルやメンタルのコントロール方法に関して、専門的な知識を噛み砕きながら、能力をフルに発揮するための豆知識をお伝えしたいと思っています。 Twitter("Yanagi"で検索! https://twitter.com/Out_Drive300)やブログデザイン変更も情報発ししていますので、気になる事があればお気軽にお問い合わせください。 https://drive4show.org/

このライターについてもっと見る >
ダンロップゼクシオの日200801-0901
ダンロップゼクシオの日200801-0901

カートに追加されました。


フォーティーンIF700FG 200716-816