新・貧打爆裂レポート『ゼクシオ イレブン ボール』

今回の新・貧打爆裂レポートは、2019年11月8日に発売されたダンロップスポーツマーケティング『ゼクシオ イレブン ボール』です。

いつものようにコースに持ち込んでラウンドしてみました。「ガチ飛びゼクシオ」というコピーの秘密に迫ります。動画も含めて試打レポートします。

ゼクシオ イレブンのボールは伝統を越えるか?

ゼクシオ イレブンのボールは伝統を越えるか?

『ゼクシオ イレブン ボール』は、ダンロップスポーツマーケティングが2019年11月8日に発売したボールです。

ゼクシオは、本数累計で世界一の売り上げを誇るブランドです。今回のモデルチェンジで、11代目ゼクシオになります。

一般のゴルファーを対象にしていたゼクシオは、今回のモデルチェンジで二つのブランドに分かれることになりました。

今までのゼクシオを継承するイメージの『ゼクシオ イレブン』と、アスリートゴルファー向けの『ゼクシオ エックス』の二つになります。

『ゼクシオ イレブン ボール』は、今までのゼクシオユーザーが安心して使えるボールであり、さらに高性能であることが宿命になっているボールです。

改めて、詳細を見てみると、構造は3ピースです。ディンプルは338個で高弾道設計になっているようです。

コアは「Soft FastLayerコア」、ミッドカバーは「H.R.スーパーソフトミッド」、この二つは『ゼクシオ エックス ボール』と素材は同じです。推測ですが、硬さなどのチューニングは適切に変更しているのだと思われます。

カバーは「H.R.カバー」です。何だかシンプルですが、ここがダンロップの自信なのだと期待させます。

『ゼクシオ イレブン ボール』のロゴは、ちょっと面白いことになっています。

「XXIO」のロゴがやや小さめなのです。今までのゼクシオのボールは、「XXIO」のロゴがかなり大きいのが特徴でした。

地球儀で例えると、太平洋のエリア全体に「XXIO」のロゴが誇らしげにプリントされている感じです。

遠くから見てもわかるほど、ロゴは目立ったのですが、『ゼクシオ イレブン ボール』は普通のボールのロゴのように、ブルーを基調にしたロゴがコンパクトにプリントされています。

ボールナンバーは二桁になっています。11、22、33、55、77、88があるそうです。ロゴの中央上にブルーでプリントされています。

昭和の頃からゴルフをしているオールドゴルファーには、青いボールナンバーというと最も柔らかいボールという意味を思い出させます(当時は、同じブランドのボールに黒、赤というコンプレッションの違いがありました。ボールナンバーが黒なのは硬い、赤なのは普通、青や緑は柔らかいというのが基本だったのです)。

『ゼクシオ イレブン ボール』は、見た目はロゴが小さめになった以外は、今までの伝統のゼクシオ感があるボールです。

前モデルからでも違和感なく使用できるように作ってあることを想像しました。

アマチュアのための万能を追求した『ゼクシオ イレブン ボール』!

動画を見てください。

ゼクシオは、過去にもメインのボール以外に、別バージョンのような形でタイプの違うボールを市場に出してきました。

言葉は悪いですが、ゼクシオであれば良い、という中身を問わない妄信的なゴルファーに支えられていた印象があります。

今までゼクシオのボールを何回も試打してきましたが、誰でも使えることを優先して、すべての要素を80点で揃えるような印象を持っていました。

特に気になったのは、飛距離性能がトップクラスの上位争いをするレベルにないという点でした。まあまあ飛ぶけれど、トップレベルではないという評価をしていたのです。

『ゼクシオ イレブン ボール』を打って、ビックリしました。

トップレベルに飛びます。今までのゼクシオで、一番飛距離が出ました。

ドライバーだけではなく、アイアンも、フェアウェイウッドもユーティリティも。

市場にある飛距離性能が優れているボールは規則があるので、横並びですが、そこに食い込みます。

自分のドライバーで普段使用しているボールとほとんど同じところまで飛び、アイアンの距離もほぼピッタリでした。

しっかりとした打音が出ますが、大音量という感じではなく、むしろ、控えめに感じます。

打ち応えは、ソフトです。ダンロップのボールらしく、あまり芯を感じない感触です。

柔らかいボールの中には、打ち応えが重く感じる物もありますが、『ゼクシオ イレブン ボール』は逆で、軽いのです。

それがボールの速度感につながっていくようで気持ちが良かったです。

そして、高弾道です。

打ち出しから高いボールになって、キャリーで飛ぼうとします。これは『ゼクシオ イレブン ボール』の特徴だといえます。

ショートゲームまで高弾道は影響します。ボールが上がります。

スピン性能は普通です。強くスピンをかけたいゴルファーには、ちょっと向かないと思われます。

パットの際にも単音で良い音がしますが、控えめの音量で、ボールの柔らかさを感じます。

新しい『ゼクシオ イレブン ボール』は、一般的なヘッドスピードのゴルファーを対象にして、チューニングしたボールになっているそうです。

僕のヘッドスピードである40メートル/秒(m/s)だと、フルに機能してくれます。

過去に打ったすべてのゼクシオのボールで、最高でした。

『ゼクシオ イレブン ボール』は、ヘッドスピード40m/s前後のゴルファーで、高弾道で飛ぶボールを求めているゴルファーにオススメします。

オールドゴルファーで、昔のボールを懐かしんでいるゴルファーにも強くオススメします。

ノスタルジックな感触を楽しみながら、最先端の性能で助けられるという経験ができるはずです。

ゼクシオは新しくなって2つのボールに分かれました。使用して満足するゴルファーの数で言えば、『ゼクシオ イレブン ボール』のほうがメインのボールになると感じました。

今までのゼクシオのボールユーザーは、良くなった、と感じるはずですし、ツアーボールみたいなボールばかりの市場にウンザリしているゴルファーも『ゼクシオ イレブン ボール』に出逢えれば、楽しくゴルフができるようになるはずです。

今までとは少し毛色が違うボールとして、『ゼクシオ イレブン ボール』に注目してほしいです。

お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。