新・貧打爆裂レポート『ユーティリティアイアン U・510』

今回の新・貧打爆裂レポートは、2019年8月30日に発売されたタイトリスト『ユーティリティアイアン U・510』です。

いつものようにコースに持ち込んでラウンドしてみました。「POWER UTILITY」というアイアンの秘密を明らかにします。動画も含めの試打レポートです。

U・510はただカッコイイだけではない機能に溢れている

U・510はただカッコイイだけではない機能に溢れている

『ユーティリティアイアン U・510』は、タイトリストが2019年の8月30日に発売したクラブです。

ロングアイアンのみの新しいブランドで、「タイトリスト セレクトストア」のみの取り扱い製品になります。

『ユーティリティアイアン U・510』で最初に目立つのは、何と言ってもバックフェースです。

「TITLEIST」のロゴが真ん中にあり、上部は少し薄くなっていて、それ以外はかなり厚みがあります。

ソールとヒールサイドにシルバーにメッキされたラインがあります。それ以外は、サテン仕上げです。

ソールを見ると、その厚みが目を引きます。フェース長はやや長めという感じです。

「よりやさしく飛ばしたい」というコンセプトで作られた『ユーティリティアイアン U・510』は、見るとやさしさを強調しているようです。

「ワイドソール設計」で打ち出しを高くして、さらに、高密度タングステンを内蔵したことで低重心化しているそうです。

フェース部分は「フォージドSUP-10のL型極薄フェースインサート」という、ソールまで一体化した形状で初速を上げるテクノロジーです。

『ユーティリティアイアン U・510』を構えてみると、フェースが長めなことが少し気になります。

でも、これは、個人の好みの問題で、良い悪いではありません。

割合で考えると、長めのフェースのほうが安心感があって好きだというゴルファーのほうが多数派です。

フェースが長めのロングアイアンは、ボールをとらえる機能が優れていれば、一般的には、やさしさにつながるクラブになります。

でも、物理学的には、重心距離が長いクラブはスライスの原因にもなります。

フェースが長いクラブには、そういう事情があるので、ボールをとらえるための工夫が見えるものですが、『ユーティリティアイアン U・510』にはそれを感じません。

面白いと思いました。

お借りした『ユーティリティアイアン U・510』は、ロフト20度の3番と22度の4番で、シャフトは「Titlist MCI Matte Black 70」のSフレックスです。

プロのためのやさしさを教えてくれる!!

動画を見てください。

『ユーティリティアイアン U・510』で、最初に打ったのは、3番アイアンのロフト20度です。

パー5の2打目でした。

僕のヘッドスピードだと(ドライバーで40メートル/秒)、180ヤード飛べば十分だと考えました。240ヤード残っていましたから、3打目が得意な60ヤードになる計算でした。

打音に驚きました。中空構造のアイアンとは思えないほど、澄んだきれいな音で残響もあります。大げさに書くと、鐘の音のように大きく響くのです。

ボールは、初速感がある高弾道で、フェードしました。狙いより右に10ヤード逸れましたが、フェアウェイには残りました。

3打目地点に行ってみると、残りの距離は40ヤードしかありませんでした。

『ユーティリティアイアン U・510』は飛びます。

計測してみると、3番は平均で208ヤード、最高で215ヤード飛びました。

『ユーティリティアイアン U・510』は、さらに、ミスに強いです。途中で力が入って、トウ側に少し芯を外したショットと、厚く入ってしまった(ダフリ気味)ショットがあったのですが、どちらも、大きなミスにはなりませんでした。

最も感心したのは、一切、左へのミスが出ないことです。強いて、左に引っかかるように打ってみましたが、ストレートに飛ぶだけで、ドローはしませんでした。

どんなに振っても左に行かないユーティリティーは貴重です。

『ユーティリティアイアン U・510』の4番(22度)も良かったです。

平均飛距離は199ヤード、最大飛距離は210ヤードでした。

ロフトが2度しか変わらないとは思えないほど、ボールは楽に上がります。打ちやすいアイアンです。

『ユーティリティアイアン U・510』は、ヘッドの幅があるユーティリティーが苦手で、アイアンの流れのままロングアイアンのように使いたいゴルファーにオススメです。

ヘッドスピードが速くない僕でも、楽勝で使えます。

また、左へのミスが出やすいユーティリティーにウンザリしていて、やさしいロングアイアンみたいなクラブが欲しかったゴルファーにもオススメします。

飛ぶというのは、最大の武器です。

『ユーティリティアイアン U・510』は、ちょっと見た目とは違います。見た目は少し難しそうですが、驚くほど楽なクラブです。

姉妹モデルの『ユーティリティアイアン U・500』と似ていますが、まったく違います。個人的には、『ユーティリティアイアン U・510』が好きです。

『ユーティリティアイアン U・510』は、タイトリストの過去のハウツーの蓄積と最新の素材や構造を融合させたクラブです。打ってみなければ、素晴らしい打音もやさしさもわかりません。

アイアンが得意なゴルファーのために作られたクラブを、思い切って試してほしいと強く思ったのでした。

お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。