ゾゾチャンはSNSにも注目~世界のゴルフ界の面白情報を拾い読み#144

お気に入り

日本で初めて開催される米ツアー競技「ZOZOチャンピオンシップ」=通称「ゾゾチャン」は、大会前、月曜日のエキシビションゲーム「ザ・チャレンジ:ジャパン・スキンズ」から大盛り上がりです。

お天気はあいにくですが、それでも出場する78人の選手たちはみな真摯に、全力でプレー。

大ギャラリーは米ツアー競技のダイナミックな魅力、面白さを堪能しているようです。大会は雨にも負けず、大成功となりそう。

一方、米ツアー選手や関係者も日本滞在を楽しんでいるようで、彼らのSNSには日ごろは見られないユニークなシーンがいくつもシェアされています。

フィナウの行く手を阻む小錦

大会前、話題になったのは日本語放送も始まったネットTV「GOLFTV」のプロモーションビデオ(PV、下掲)。

タイガー・ウッズ、ロリー・マキロイ、ジェイソン・デイ、松山英樹の出場で行われた「ザ・チャレンジ:ジャパン・スキンズ」(21日月曜日開催)のPV「松山先生の日本語教室」がとても面白いと世界中で評判になりました。

それに続いて、大会前日の23日には、PGAツアーがツイッターに日本開催を面白くプロモーションする動画をシェアしました。それが上掲です。

元大関の小錦ががっちりとした体格のトニー・フィナウに、相撲の立ち合い~突き押しを教える内容。

こんなPVを企画、それに選手が喜んで参加、そして会場で撮影しちゃうところに、米ツアーの懐の深さや強い行動力を見る思いがします。

松山英樹の元専属キャディ=進藤大典さんも大活躍

松山英樹の元専属キャディ=進藤大典さんも、今回は様々なメディアで大活躍。

その進藤さんのツイッターには、24日、おそらく前日23日の親しい仲間との“ディナー風景”なのでしょう。

松山英樹やジェイソン・デイ、マーク・リーシュマンらと一緒に畳の席で寛ぐというか、弾ける様子がシェアされています。

みんないい笑顔の、素敵なプライベート写真です。

こんな写真が撮られるのも、日本開催というフレッシュなシチュエーションだからこそ。ファンにはたまりません。

マキロイは前週にラグビーW杯観戦

「ファンにはたまらない」といえば、ラグビーワールドカップのニュージーランド対アイルランド戦(東京・味の素スタジアム)を、夫人のエリカ・ストールさんと並んで観戦するロリー・マキロイの画像がありました。

イギリスの北アイルランド出身のマキロイはサッカーもラグビーも大好きなようで、今回の来日参戦については、ラグビーワールドカップをぜひ観戦したいと早くから発言していました。

そして、その様子が「ラグビーワールドカップ」アカウントのツイッターにシェアされたわけです。

残念ながら、母国・アイルランド(ラグビーの国別対抗マッチでは、北アイルランドはアイルランドと一緒にアイルランド代表チームを編成)は終始ニュージーランドに圧倒される展開で、表情は浮かないようですけど。

プレーヤーの帯同キャディのSNSにも注目

最後は、ババ・ワトソンの専属キャディで、今回も帯同キャディとして来日しているテッド・スコットのインスタ動画です。

ババの練習のサポートでやって来たのでしょう。初めての日本のゴルフ練習場での一コマとして、見事なトリックショット(ノールック・ショット)を披露しています。

彼はゴルフのインストラクターとしても有能なキャディ。さすがにスウィングの軸がしっかりしています。

米ツアーの関係者、プレーヤー、そしてキャディ。彼らは滞日中、まだまだ面白い画像や動画をSNSにシェアしてくれるはず。しばらくは注目です。

お気に入り
こせきよういち

かれこれ30年もフリーランスのライター稼業をやっています。活動のフィールドはゴルフ雑誌がメインですが、ゴーストライターとして単行本を執筆したり、某出版社の運営を手伝ったり、テレビ・ラジオのスポーツ番組の構成を手掛けたり……。昨年(2016年)はトランプ大統領をテーマにした単行本の一部執筆もしました(笑)。でも、目下一番忙しいのは、日々SNSにアップしているゴルフ関連の話題を収集する作業かな。ゴルフ界、スポーツ界がもっと元気になれるように、との視点から有益な、あるいは面白い情報を集め、発信しています。 Twitter: https://twitter.com/kohe46

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。