クセがなかなか直らない時に心掛ける3つのこと

お気に入り

こんにちは、かずやんです。

ゴルフのスイングは、日常の生活ではほとんどしない動作なので、体の動かし方を覚える必要があります。

その時についてしまったクセが直らず、イメージした球が打てなかったり、飛距離が伸び悩んだりすることってありますよね。

私もクセと向き合いながらスイングを作っています。

今回はスイングを直すときに心掛けることについてお話します。

1つのクセを直すのには時間がかかることを覚悟しておく

1つのクセを直すのには時間がかかることを覚悟しておく

getty

クセを直すのは時間がかかることを頭に入れておきましょう。

個人差はありますが、1つのクセを直すのに約3か月はかかると思っておいたほうが良いです。

しかも時間が経過するにつれて、元に戻る可能性があるため継続する必要があります。

クセを直すのはそれだけ大変なことなのです。

まずは簡単に直らないことが理解できれば大きな前進です。

焦らず楽しみながら直せたらいいですね。

クセが直った時の結果をイメージしながら、諦めずに取り組みましょう。

素直に取り組むことが大切

素直に取り組むことが大切

getty

クセを直すときにやりがちなのが、自分流に直してしまうことです。

自分流になった瞬間、それは新しいクセがつく始まりでもあります。

本に書いてあったことや人から教わったことは、言われた通りそのまま行うようにしましょう。

なぜクセを直す必要があるのか?

なぜ教わった通りにやると直るのか?

という理由が明確になると素直に受け入れやすくなります。

違うやり方を試してみる

違うやり方を試してみる

getty

クセを直している時になかなか思うような結果が出てこないと、焦ってしまったり、不安になって結局いつも通りの状態に戻ることがあります。

そんな時は少し休憩することも大切です。

またクセを直したくなったら活動していきましょう。

その時は前とは違ったやり方を試してみることをオススメします。

練習用の道具を変えてみたり、教わる人を変えてみたり、方法はいろいろあります。

そのほうが新鮮な気持ちで取り組めるので、活動しやすくなります。

お気に入り
かずやん

16歳からゴルフを始めて、主に製造業で働きながら2014年にUSGTFティーチングプロの資格を取得。今でも会社員として働きながら愛知県でゴルフを教えたりしています。会社勤めしながら効率よく上達できるコツをお伝えしていきます。

このライターについてもっと見る >
ゴルフ5 コーデバトル200403-0416
ゴルフ5 コーデバトル200403-0416

カートに追加されました。