フィーリングが大切!パッティングの打ち方は人それぞれでOK!
ゴルフスイング

フィーリングが大切!パッティングの打ち方は人それぞれでOK!

MUG
0

パッティングってそれぞれ個人差があって、他のクラブに比べてスイングやフォームなどの自由度が高いです。

それは「自分がしっくりくる」ことが一番大切なクラブだからに他なりません。

しかしそんなパッティングにも基本的な考え方や打ち方は存在するのでしょうか。

パッティングの基本的な打ち方について見てみましょう。

パッティングの良し悪しを決める要素は3つ!

パッティングの良し悪しを決める要素は

・距離感(タッチ)
・方向性(ストローク)
・ライン/傾斜の読み(外部ファクター)

にあります。

外部ファクターを外せば、自分のフィーリングが頼りになってくるのが距離感と方向性です。

基本となる考え方は「いかにフィーリングに合うパッティングができるか」ということになり、全員が決まった打ち方には収まりません。

リラックスして構えることができ、パッティングに再現性があって、さらにフィーリングが合えば、それがパッティングの打ち方としては正解になるのです。

まずは基本の形を知って、自分流にアレンジしていこう

まずは基本の打ち方をおさえてみましょう。

・足の幅は肩幅から少し広いくらいに取る
・カップに対して両方つま先が真っ直ぐ向くようにする
・少し腰を屈めて、手は肩の位置から真っ直ぐ下へリラックスした状態で降ろす
・体のセンターでグリップをする
・ボールの置く位置は目線の真下に(写真のように、アドレスして目の真下からボールを落とすと確認できます)

まずはこれだけです。

そこからは握り方や、ボールを置く位置、足をスクエアからオープンに構えたり、上半身を大きく屈めたりといろいろやりやすいように調整します。

パッティング練習を重ねていく上で、自分が「これだ!」と思うフォームやグリップなどを少しずつ詰めていくようにアレンジしていきましょう。

パッティングのインパクトイメージ、肩の動きでスイング

実際にパッティングするときには、さまざまなイメージがあります。

インパクトイメージについては基本的に2つで、まずは肩の動きでヘッドの重みを利用して転がすイメージを紹介します。

手首の動きを殺して、体でパッティングをするスイングになります。

まずはグリップの位置から、肩と腕を結んだ三角形を崩さず振り子のように振る打ち方となって、スイングが一定になりやすい、安定するといったメリットがあります。

このときに、パターヘッドの重みを感じて押し出す、転がすようにパッティングをします。

パッティングのインパクトイメージ、手首で弾く

振り子のように肩の動きでスイングするイメージではなく、手首やフェースで「パチン!」とボールを弾くインパクトイメージでパッティングをする人がいます。

これはフェースをカップ方向に向けて、そのまま手首の動きでヘッドを加速させてボールに当てて距離感を出す打ち方です。

体全体を使うイメージではなく、手先や指先を使ってボールを打つので非常に繊細で細かな調整ができるのがメリットになります。

反面、調整しやすいがために安定性に欠けるというデメリットも存在します。


パッティングはイメージやフィーリングが非常に大切になります。

どんな形であれ、それが自分によりしっくりとくるフィーリングであれば、形にあまりこだわる必要はないのかもしれません。

基本にこだわりすぎず、いろいろやってみることで、自分に最適なパッティングスタイルを見つけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

フィーリングが大切!パッティングの打ち方は人それぞれでOK!

カートに追加されました。


×