降水量2ミリってどれくらい?オススメのレインウェアは?

週末は雨予報! どんな準備をすればいい?

いよいよ今週末は待ちに待ったラウンド! 天気予報をチェックしてみると……なんと雨予報!!

ラウンドにはどれくらいの影響が出るのでしょうか?

雨の強さと目安

雨の強さと目安

getty

天気予報に表示されている雨量は、体感的には下記のようになります。

0.1mm超~0.5mm未満 霧雨。弱い雨がパラつく程度

0.5~1.0mm未満 小雨の可能性あり

1.0~4.0mm未満 雨。2mmを超えると音を立てて降る雨

4.0~7.5mm未満 夕立。音を立てて降る強い雨

7.5mm以上 とても強い雨、土砂降り。

1mm程度の雨の場合、「傘を持ってる人は差す、持っていない人はぎりぎり耐える」という感じです。

しかし2mm程度になると、いわゆる本降りで全員が傘を差す強さの雨です。車からコンビニの入り口まで走っても濡れます。

4mmの雨になった場合、ラウンドするのはしんどいくらいの雨です。

ラウンド幹事の人は、2mm程度の雨が降り続く場合、中止にすべきか悩んでしまいますね……。

雨の日のラウンドで準備するもの

雨の日のラウンドで準備するもの

getty

1.グローブの予備
2.レインウェア
3.スポーツタオル(2、3本)
4.靴下(ラウンド中に履き替える用)
5.着替え一式

雨の日のラウンドで一番困るのは、グリップが滑ってしまうことです。

クラブを持って移動する時は、なるべくグリップを濡らさないように注意して運びましょう。

また、ラウンドの途中ではグローブを交換しないと、グリップが乾いていてもズルズル滑ってしまします。

最近では、雨や汗などの水分を含むことでグリップ力が増すグローブも発売されていますので、そちらを試してみるものいいですね。

雨の日だけでなく、夏場でも活躍してくれるグローブです。

また、ゴルフ用のレインウェアは安いものから高額なものまで、幅広くラインナップさていますが、高級なレインウェアは耐水性だけでなく伸縮性が素晴らしく、また動いたときにシャカシャカ音がしないなどゴルフスイングの邪魔にならないように設計してあります。

暑い時期に注意してほしい点は、「中を薄着にする」ということです。

レインウェアはあまり風を通さないため、薄手のインナーを用意しないと雨に濡れる以上に汗びしょになってしまうことも……。

コスパ最高のレインウェア

まだゴルフを始めたばかりの場合、クラブやボールの購入でいろいろと出費も多いですよね……。

そんな方にお勧めなのが、「ワークマン」のレインウェアです。

耐水性こそ10,000mm程度ですが、傘を併用しながらのラウンドでしたらまったく問題ありません。

また、防水性・透湿性・伸縮性を兼ね備えており、お値段も5000円程度とお財布に優しい!

急遽レインウェアを用意しなきゃ! という方にもオススメです!
お気に入り
Yanagi@TPIトレーナー兼ドラコンプロ

TPI認定トレーナー兼JPDA(日本ドラコンプロ協会)所属のドラコンプロです。 168cm(60kg)とドラコンプロとしては小柄ですが、ドライバーの飛距離は300ydを超えています。 身体の使い方、クラブの使い方を工夫するだけで、飛距離は簡単に伸びます!! TPIのメソッドやドラコンプロとしての知識や経験を活かし、フィジカルやメンタルのコントロール方法に関して、専門的な知識を噛み砕きながら、能力をフルに発揮するための豆知識をお伝えしたいと思っています。 Twitter("Yanagi"で検索! https://twitter.com/Out_Drive300)やブログでも情報発ししていますので、気になる事があればお気軽にお問い合わせください! https://drive4show.org/

このライターについてもっと見る >
Cleveland RTX ZIPCORE 200901-1001

カートに追加されました。