スライス改善に効果的なドリルを紹介します(その1)

みなさんこんにちは! 現役レッスンプロのみやヴぃです。

皆さま、スライスで悩んでいませんか?

私がレッスンしている生徒さんも、かなりの方がスライスで悩んでいます。

そもそもなぜスライスが出るかというと、フェース面に対してアウトサイドイン軌道になっているからなんです。

今回は、そんな多くの方が悩んでいるスライス改善に役立つ、簡単なアウトサイドイン軌道修正の練習ドリルをご紹介したいと思います!

球筋を安定させて、ベストスコアを目指しましょう!

クローズスタンスドリル

クローズスタンスドリル

getty

クラブは7番アイアンで練習をしましょう。もちろん、慣れてきたらどのクラブでもOKです!

いつも通りにアドレスをしたら、右足を半歩後ろに引いて構えます。

右足を半歩後ろに引いた分、ボールと遠く感じると思うので、その場合は少しだけボールに近づいて構えましょう。

また、右足を後ろに引いているので当然スタンスのラインは、目標よりも右を向いているクローズスタンスの状態になります。

このとき、気を付けなければいけないのが、肩のラインは目標方向にスクエア(まっすぐ)な状態を保つことです。

ここまでの構えができれば、後はそのままスタンスなりにインサイドアウトに振り抜くだけです!!

最初はボールが右に飛び出したりするかもしれませんが、そこは気にせず練習を続けていきましょう!

だんだんとつかまりが良くなり、ストレート~フック気味の球が出始めたら大成功です!

ベタ足ドリル

ベタ足ドリル

getty

続いてご紹介するのが、ベタ足ドリルです。

こちらも同じく、使用クラブは7番アイアン、慣れてきたらどのクラブでもOKです。

やり方はすごく簡単で、いつも通りアドレスをしたら、後はそのまま右足を上げないようにして振りましょう。

右足を上げないようにすることで、右サイドが突っ込まなくなるためアウトサイドイン軌道を軽減してくれる効果があります。

気を付けなければいけないのは、最初のころは違和感があるため、動きを矯正してくれる効果があるのですが、慣れてくると右足は上がらなくとも、だんだんと上半身だけで打ち始めてしまい、右肩が突っ込むような動きになってしまうことです。

そうなってきた場合は、1つ前のクローズスタンスドリルに戻って、再度練習を行いましょう。

まとめ

まとめ

getty

スライスの改善は、スイング軌道を修正することで驚くほど簡単に直ります。

ただ、意識だけではなかなか直らないので、やはり矯正するためには練習ドリルなどで動きを反復練習し、体に覚え込ませることがとても大切です。

スライスで悩んでいる方は、ぜひ今回の記事を役立てていただき、球筋を安定させましょう!

球筋が安定すれば、OB数が減りフェアウェイキープ率が上がる、そうすれば次第にパーオン率、ボギーオン率も上がっていきます!

ベストスコアを目指して頑張りましょう!

次回の記事もお楽しみに!
お気に入り

TOPページへ >

TOPページへ >