目指せ飛距離アップ!~ダウンスイングでの強烈なタメを手に入れよう!~

みなさんこんにちは! 現役レッスンプロのみやヴぃです。

飛距離アップのために必要不可欠な、ダウンスイングでの強烈なタメ。

憧れますよね!

今日はそんな憧れのタメを作る練習ドリルを皆様にご紹介します。

タメを作る練習方法

タメを作る練習方法

getty

タメを作る練習方法として、簡単なのが「肩当てドリル」です。

やり方は簡単です。クラブを逆さに持って、素振りをします。最初は右手一本で行いましょう。

いつも通りアドレスを取り、右手一本で持ったクラブをトップポジションまで上げます。このとき、しっかり肩はいつもどおり回しましょう。

右手一本だからといってヒョイっと持ち上げるのはNGです。

しっかり肩の入ったトップポジションを作ったら、ダウンスイングの始動は、左腰、あるいは左ヒザをアドレスのポジションに戻すイメージで切り返します。

そのときに右手は柔らかくしならせるイメージを持って、シャフトを右肩にポンっと当てるようにします。

右ヒジや右手首は、かなり強烈にしならせてグニャンと柔らかく使わないと、右肩に当てるのは結構難しいことがわかります。

他の人から「力んでいるよ!」とアドバイスされたことがあったり、たくさん練習すると右手が疲れる! なんていう方は要注意!

右手に力が入り過ぎて、タメが作れない可能性大です。

上記のように、右手をしなやかに柔らかく使える感覚を、右手一本で養いましょう。

両手でも肩当てドリルをやってみよう!

両手でも肩当てドリルをやってみよう!

getty

右手一本で出来たら、今度は両手で振ります。まだこのときは逆さで振りましょう。

右手一本の時と同じように、いつも通りアドレスをしたら、肩のしっかり入ったトップポジションを作ります。

ダウンスイングの始動は当然、左腰や左ヒザをアドレスのポジションに戻すような意識で下半身から始動します。

切り返しではクラブヘッドをトップポジションに置き去りにするようなイメージで、両ヒジ・両手首をしなやかにやわらかく使って、右肩にクラブシャフトがポンっと当たるように振りましょう。

フィニッシュまで振り抜かなくても良いので、切り返しでのタメを極端に強調して、繰り返し右肩にポンッ、ポンッと当たるように練習しましょう。

スムーズにできるようになってきたら、今度は逆さではなく、通常通りにクラブを持ち、同じように素振りを繰り返しましょう。

普通に持つとなおいっそう、クラブヘッドの重みによって慣性が働き、強烈なタメ、クラブヘッドが遅れて体に巻きついて下りてくる感覚が生まれます。

これが感じられたら後は、実際に素振りの感覚通りにボールを打つのみ!

素振りどおりに振れれば、今まで感じたことのなかった、強烈なタメからダウンブローに分厚くインパクトする心地良い打感が手に残ることと思います。

まとめ

まとめ

getty

以上のように、この練習ドリルを行うと自然に、タメができて飛距離が伸びる、ダウンスイングでクラブが立つ、ダウンブローに打てる、ターフが取れる、番手ごとにしっかり距離が出る、というプロのようなスイングが可能になります。

飛距離が出ない、アイアンの番手を変えても同じ距離しか飛ばない、球が上がり過ぎて弱々しい球になる、ダフリやトップばかり出る、などの症状で悩んでいる方は、ぜひ試してみてください!

それでは次回の記事もお楽しみに!

お気に入り
現役レッスンプロ みやヴぃ

【USGTF Level Ⅲ Teaching Professional】 【現役レッスンプロ】 小学1年生からゴルフを始め、ゴルフ歴28年。 22歳からオーストラリアへ単身ゴルフ留学をし様々なミニツアーに出場しながら、オーストラリアンツアー賞金王のオジーモア氏に師事し、最新のゴルフ理論を学ぶ。 現在は大手ゴルフスクールにてチーフインストラクターとしてレッスンを行う。 現役レッスンプロとして、自分の生徒さんが悩んでいるタイムリーな悩み・話題を読者の皆様へ分かりやすくご提供していきます!

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。