【誰でもできる!】グリップ簡単交換方法【動画で解説】

お気に入り

クラブのグリップって意外と大事なんです。

例えば「少し滑るなー」と思いながら使っていたクラブも、滑りにくいグリップに交換することによって安心感が生まれ、その結果、ショットが良くなり、飛ぶようになることもあるんです。

グリップ自体もさまざまなタイプのものがあるのですが、それはまた今度紹介するとして、今回はグリップの簡単な交換方法についてご紹介します!

まず用意するもの

まず用意するもの

用意するものは、交換したいグリップ、交換液、両面テープ、グリップを交換したいクラブ(シャフト)。これだけです。

前のグリップがついている場合は、カッターなどでシャフトを傷つけないように取り、両面テープなどもしっかりはがします。

本当は脱脂まですると良いのですが、今回はそこまで触れずに、グリップのついていないものに、グリップを取り付けていきます。

グリップの長さを確認

グリップの長さを確認

グリップの長さを確認して、どこまで両面テープを貼ればいいかを確認します。きちんと確認しないと、両面テープがはみ出てしまったりするので意外と重要です。

両面テープを貼る!

両面テープを貼る!

長さを確認したら、その長さに合わせて両面テープを貼ります!

しっかりと貼り付けないと、グリップがずれたりすることもあるのでしっかりと貼り付けます。

交換液に浸す!

交換液に浸す!

両面テープをシャフトに貼り、表面のフィルムをはがしたら、交換液に浸していきます。ここはすばやく全体に行き渡らせるのがポイントです。

両面テープに交換液を浸し終わったら、グリップの中にも交換液を行き渡らせます。詳しいやり方は、このあとの動画で確認してください。

浸し終わったら狙いを定めて一気に!

浸し終わったら狙いを定めて一気に!

交換液を浸し終わったら、狙いを定めて一気にグリップを装着します!

ゆっくりやっていると、交換液が揮発してしまい、滑らなくなるので、素早い作業を心がけます。

装着し終わったら向きを調整して、1日放置で完成です!

こんな感じに!

こんな感じに!

これでグリップ交換は完成です!

意外と簡単にできてしまうので、ぜひ、みなさん試してみてください!

実際に交換した動画は下記になります。

実際に交換してみたのがこちら!

こんな感じで短時間で簡単にできてしまいます。

グリップが劣化したり、合わないと感じている方は、ぜひ一度お試しください!

お気に入り
ピカ太郎

100切りできないエンジョイゴルファーです。 プレーはもちろん、ゴルフに関するいろんなことに興味を持っています。 ただ、プレーはうまくないので、ゴルフ雑学的な記事を中心に書いていけたらと思っています。 試打動画、DIY動画あげてます!! https://www.youtube.com/c/Pikagolf

このライターについてもっと見る >
フォーティーンDJ4bk_191209-200131

カートに追加されました。