新・貧打爆裂レポート『TOUR B JGR HY』

新・貧打爆裂レポート『TOUR B JGR HY』

お気に入り

今回の新・貧打爆裂レポートは、2019年9月13日に発売されたブリヂストンスポーツ『TOUR B JGR HY』です。

いつものようにコースに持ち込んで打ってきました。ぶっ飛びブランドの『JGR』の最新のユーティリティの実力は? 動画も含めて試打レポートします。

飛ばなきゃJGRではないのだ!

飛ばなきゃJGRではないのだ!

『TOUR B JGR HY』は、ブリヂストンスポーツが2019年の9月13日に発売したクラブです。

「HY」はハイブリッドユーティリティの略のようです。

アイアンとウッドをつなぐクラブは、一昔前までは未完成な分野でしたが、この数年は追いつけ追い越せで、良いクラブが市場に多くなってきました。

『TOUR B JGR HY』は、コースに持ち込む前にスペックを計測しながら打たせてもらいました。

「良いな、このクラブ」というのが第一印象で、コースで使ってみたいと切望しました。

ブリヂストンには、ウッド系のヘッドで高初速と高弾道を可能にする「Boost Power Technology(ブーストパワーテクノロジー)」という技術があります。

『TOUR B JGR HY』は、その技術をさらに進化させた形で、ヘッド内部を最適化させたとのことでした。

ユーティリティに求めるものは、ゴルファーによって違います。

ロングアイアンの代わりなのだから、グリーンを狙えるように、ある程度は止まってほしいという考え方もありますし、長い距離を打つものだから転がってでも良いので飛距離優先だという考え方もあります。

『TOUR B JGR HY』は、どちらかといえば後者で飛距離を優先している部分があります。

個人的には、ユーティリティは、そうあるべきだと思っていますから、好感触だったというわけです。

構えてみると、カップフェースであることを証明するようにクラウンにも段差があります。

クラウンに段差や模様があるヘッドを嫌うゴルファーもいますが、構える際に真っすぐにフェースを向けられないような邪魔はしないようにできていますので、気にならないと思われます。

黒く見えますが、実際にはクラウンはネイビーブルーです。美しく作られています。

シャフトの軸線に近いところまでフェースが後方に寄せてあるのは構えづらい、と嫌うゴルファーがいますが、この形状にすることで後方重心にしやすくしつつ、ボールを上げやすくする機能になっているので、食わず嫌いはもったいないと思います。

『TOUR B JGR HY』が上手くできていると感じる最初のポイントは、この構えやすさと、フェースがかぶりづらくなるチューニングです。

丁寧に作られていて、ゴルファーに悪い錯覚を起こさせないようになっています。

お借りした『TOUR B JGR HY』は、「H3」と「H4」の2本で、それぞれのロフトは19度と22度です。

シャフトは「N.S.PRO 950GH neo」のSフレックスでした。

僕のヘッドスピードである40メートル/秒だと、ユーティリティを打つのに、このシャフトはオーバースペックで、フルショットだけしかできないと思いました。

以前に打たせてもらった「TOUR AD for JGR TG2-HY」のSフレックスのほうが、機能アップするぐらい扱いやすいので、参考にしてほしいと思います。

HYはやさしく高強弾道で飛ばせる!

動画を見てください。

『TOUR B JGR HY』で、最初に感じたのは、ボールが上がりやすいということです。

「H3」でも楽々上がりますし、「H4」は打ち出しの高さにビックリしたこともありました。

打音は小気味よい高音で、音量もちょうど良く、弾道ともマッチしています。打ち応えは、やや軟らかめで、フェースに乗っている感触も味わえます。

繰り返しになりますが、『TOUR B JGR HY』は飛びます。

4番相当の22度のユーティリティは、普通に打って175ヤードぐらいは飛んでほしいのですが、楽々180ヤード超えのショットが打てます。

さらに、パンチショット気味に打ったりすれば、少し距離を落とせます。操作性はバッチリで、それなりに敏感に打つことが可能です。

ただ、直進性能は高いので、大きくボールを曲げるのは苦手という感じです。

やるなぁと感心したのは、高さではなく、しっかりとスピンがかかってグリーンで止まろうとすることです。

着弾してから完璧なショットなら1ピンぐらいで止まりますし、少し厚く入ったりしても、2ピンぐらいで止まってくれるのです。

3番相当の19度は、さらに飛距離性能が上がります。ティーアップして打ったときには210ヤードを打てますし、芝生の上からでも200ヤードを難なく打てます。

グリーン上での止まり具合は、着弾から1.5ピンから2ピンぐらい行きますが、十分に止まると評価できると思いました。

『TOUR B JGR HY』は、ユーティリティは引っかかるから使えないと諦めているゴルファーにオススメです。

しっかりと振り切っても、引っかかりは出づらいと感じました。

また、飛距離が出て、自分の実力をフルに発揮できるユーティリティが欲しいと思っているゴルファーにもオススメです。

『TOUR B JGR HY』は、ユーティリティとして完成度が高いクラブです。

変なクセも一切ないので、我慢しないで使い続けられる一本だとオススメできます。

お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップG