「俺は大丈夫」実は一緒に回りたくないと思われている“ダサい”人の特徴

getty

「俺は大丈夫」実は一緒に回りたくないと思われている“ダサい”人の特徴

お気に入り

こんにちは、ライターのとやです!

「ゴルフマナーは大丈夫」と思っている人は、もう一度よく我が身を振り返ってみてください。

明らかなマナー違反はしていないものの、実は「こいつとは一緒に回りたくないなぁ」と思われている人もいるんです。

あなたはそんなダサい人になっていませんか?

プレーが遅い人

プレーが遅い人

getty

プレーが遅い人は、実はダントツで「一緒に周りたくない」と思われています。しかもプレーが遅いことに本人はまったく気づいていないんです。

いつもどおりのルーティンでいつもどおりのタイミングで……って、他の人よりめっちゃ時間かかってるんです。

しかもショットを曲げれば、3分しっかり探して、それでも見つからない場合、また時間をかけてショットします。

そりゃどんどんプレーが遅くなっていきますよね。

そのくせお昼には「休憩時間短いよ~」なんて文句を言っていれば、周りは「アンタのせいだよ……」と心の中で思うこと必至。

プレーが遅い人、勘弁です。

怒る人

怒る人

getty

明らかに不機嫌になったり、周りに当たり散らすような人は論外ですが、突然無言になったり、舌打ちしたり、ふとしたときに「イラッ」とするのが伝わる人も周りの人は気を遣います。

そりゃ誰だっていいスコアで上がりたいですし、失敗はしたくありません。

でもゴルフではミスが出るものなんですよね。それは仕方ないと割り切って、淡々とプレーを進める人がかっこいいゴルファーです。

どれだけスコアが良くても、怒って周りに気を使わせているようではスマートなゴルファーとは言えませんね。

上から目線で教えてくる人

上から目線で教えてくる人

getty

ゴルファーには教えてもらいたい人と、教えてもらうのを嫌う人がいます。その人の考え方にもよりますし、教える側の教え方にもよりますね。

ですが、教えてもらいたい方は自分から「これどうすればいいの?」などと聞いてきます。

でも教えてもらいたくない人、さほどゴルフに熱が入っていない人は、そもそもゴルフを教えてもらうことすら嫌がる人もいます。

さらに教える人が上から目線だともう最悪。

大人ですからその場の空気を壊すような真似はしなくても、完全に心の中では嫌われています。二度と一緒にラウンドしてもらえないでしょう。

無理やり賭けゴルフをしたがる人

無理やり賭けゴルフをしたがる人

getty

オリンピックやピンポンパンなど、ゴルフでやけに賭けをしたがる人もいます。

賭けが好きな人はいいんですが、中には賭けが嫌いな人もいます。ゴルフのメンバーを聞いて「あぁ、この人がいるのか……」と憂鬱な気分になることもあるんですよね。

そして案の定、賭けをしようと言ってくるんです。

「できればこの人とは一緒にゴルフは行きたくないなぁ……」と思う瞬間です。

賭けが嫌いな人にとっては、勝っても負けても気が引けるものです。純粋にゴルフを楽しみたい人だっているんです。

一緒に回りたくないと思われてるかも? もう一度、我が身を振り返ってみよう

一緒に回りたくないと思われてるかも? もう一度、我が身を振り返ってみよう

getty

もしかして当てはまる可能性がある方、いらっしゃいませんでしたか?

許容範囲の人もいれば、受け付けない人もいるかもしれませんね。

「アイツとは回りたくない……」と思われないように、もう一度、我が身を振り返ってみましょう。

お気に入り
とや

こんにちは、Gridgeライターのとやです! ゴルフに関する楽しい記事を読者の方にお届けします。 取材や企画記事、はたまたファッションまで色々な方に楽しんでいただけるように考えています。今後の企画にも乞うご期待!

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップA