パター上達のコツはピンポイントで狙うこと!

getty

パター上達のコツはピンポイントで狙うこと!

お気に入り

こんにちは、ライターのとやです!

パターはスコアに直結する大切な1打です。だからこそシビアな場面でもきっちりカップインできるように準備をしておきたいもの。

自宅にあるパターマットでも今すぐできる、パター上達のコツを紹介します!

狙ったところに打てないとダメ

狙ったところに打てないとダメ

getty

パターはもちろん狙ったところからわずかにズレてしまっても、カップインさせられません。

ドライバーやアイアンなどよりも精度が求められるんですね。

狙ったところに正確に打てなければパット数を減らせません。

自宅にパターマットがあって練習しているゴルファーも多いはずですが、「入った」「入らなかった」しか見ていない方も多いのではないでしょうか。

目指せど真ん中!

目指せど真ん中!

getty

練習ではカップのど真ん中を狙いましょう。ほんのわずかにズレてカップの横から入るケースもあるかもしれませんが、それではNG。

あくまでパター上達を目指すのならば、ど真ん中からカップインを狙って、沈めることにこだわってください。少しでもズレてはいけません。

実際のラウンドではそこに距離感があって、ショートしたりオーバーしたりもあります。しかしまずは自分が狙ったところに打てなければ、パット上達はありえません。

カップインだけじゃない、フェースの点でインパクト

カップインだけじゃない、フェースの点でインパクト

ピンポイントで狙うのは何もカップインだけではありません。パターのフェースも真ん中を狙ってインパクトするよう心がけましょう。

普段から狙っているとは思いますが、そこに意識を持ってくるだけで効果はずい分違います。

インパクトが左右にずれれば、それだけ距離感や方向性も変わってしまいます。

安定したインパクトあってこそ、転がりや距離感、方向性が安定してパター上達につながるのです。

ど真ん中って意外と難しい まずは1メートルから

ど真ん中って意外と難しい まずは1メートルから

getty

パターマットだと案外簡単に連続カップインができてしまいます。

ですが、パターのフェースのど真ん中でとらえて、カップインもど真ん中から入れようとすると難易度が上がります。

パター練習は「入ればOK」ではなく、ピンポイントでフェースもカップインもど真ん中を狙っていきましょう。

これがラウンドならば「入ればOK」なんです。練習は妥協せずに取り組みたいものですね。

お気に入り
とや

こんにちは、Gridgeライターのとやです! ゴルフに関する楽しい記事を読者の方にお届けします。 取材や企画記事、はたまたファッションまで色々な方に楽しんでいただけるように考えています。今後の企画にも乞うご期待!

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップH