【初心者必見】ボールが曲がった時に言う「フォアー」って?

お気に入り
ゴルフ初心者の場合は「フォアー」を言うタイミングがわからなかったり「やっちゃった!」という気持ちが強くて言うのを忘れてしまいがち。

しかし「フォアー」は安全にゴルフを楽しむには欠かせない掛け声です。

なぜ「フォアー」と叫ぶのでしょうか。ここではゴルフ用語「フォアー」についてご紹介します。

ゴルフには欠かせない!フォアーの起源

「フォアー」の掛け声の起源は諸説あり、英語で前方という意味の「fore」という言葉があります。

その「fore」が前方に注意、という意味で使われたのが始まりと言われている説と、

ボールの落ちた場所を確認するために雇われている「forecaddie」に知らせるために言っていた言葉の略、などの説があります。

最近ではコースを回る時に初心者でもキャディさんをつけないでまわるセルフプレーが多くなっています。

なので、前方に注意を呼び掛ける掛け声は自分たちでしっかりと発さなくてはなりません。

ゴルフ中のケガの多くはフォアーの打球

初めてゴルフコースを回った時、「フォアー」という掛け声を聞いてどうしていいかわからなくなったことはありませんか?

ゴルフ初心者は特に、まぁ大丈夫だろう、と考えて掛け声を聞いても何もしないでいる人もいます。

しかしゴルフ中のケガの多くはこのフォアーの打球が体にあたってしまうことで起こります。

ゴルフはヘルメットなど何も使わずにプレーするスポーツです。
頭にあの固いボールがぶつかってしまうと、かなり大きなケガになってしまいます。

もしも「フォアー」という掛け声を聞いた場合には、頭を守って声のする方向からのボールに気を付けましょう。

また、ゴルフ初心者のやってしまいがちなのは、見えない方向に打ち込んでしまった時にどうしていいかわからず立ち尽くしてしまうことです。

キャディさんのいない場合には、ぎりぎりのところだけど、どうかな?という時でも、とりあえず「フォアー」と叫んでおきましょう。

「フォアー!」は大きな声でわかりやすく叫ぶ!

「フォアー」という掛け声は、ほかのプレイヤーがケガをしないようにする掛け声ですので、遠くにいるプレイヤーにも聞こえるように大きな声ではっきりと言うようにしましょう。

聞こえなければ相手も対処のしようがありません。

すべての人が楽しくプレイをするために必ず必要な掛け声です。

もし一緒に回っている初心者プレイヤーが思いもよらないミスショットで固まってしまっていたら、積極的に「フォアー!」と叫んであげましょう。

安心してゴルフを楽しむために

ミスショットをしてしまった時にはボールの行方を確認しましょう。

ボールを森の中などに打ち込んでしまった場合には、音を頼りにどんなところに落ちたのか見当をつけていないと探すのが大変です。

また、ボールを探す時には他のプレイヤーのミスショットが飛んで来たらぶつかる可能性がありますので、細心の注意を払って探すことが大切です。

自分と同じ場所に他のプレイヤーのミスショットは絶対に飛んでこない、とは言い切れません。

「フォアー」という掛け声が聞こえた時には、特に細心の注意を払う必要があります。

そして、自分のボールの近くにケガ人がいないかどうかを確認することも忘れずに行いましょう。

自分も周りのプレイヤーも安心してゴルフを楽しむためにも、「フォアー」という掛け声は必須です。

初心者だと慣れないでしょうが、プレイ中は恥ずかしがらずに大きな声で叫ぶようにしましょう!
お気に入り
クリーブランドRTM FULL-FACE 210621-721

TOPページへ >

TOPページへ >

クリーブランドRTM FULL-FACE 210621-721
クリーブランドRTM FULL-FACE 210621-721