【イケてるゴルファー研究所】弾道のバラつきを“アライン”のグリップで解決!【PR】

【イケてるゴルファー研究所】弾道のバラつきを“アライン”のグリップで解決!【PR】

お気に入り

ゴルファーの様々な悩みを解決し、“イケてるゴルファー”へと変身させる「イケてるゴルファー研究所」(所長:今野一哉プロ)。

今回は、パワーはあるが弾道が左右に散らばってしまうというゴルファーの悩みをグリップで解決するぞ!

(撮影協力:マグレガーカントリークラブ)

グリップにあまりこだわりのないアマチュアゴルファーが登場

グリップにあまりこだわりのないアマチュアゴルファーが登場

登場したアマチュアゴルファーは、パワーはあるが弾道のバラつきに悩むという元プロ野球選手の柴田さん。

早速3球ほど打ってもらうと、見事に真ん中と左右に弾道が分かれました。

これでは、実際のラウンド時に、どこを狙っていいのかわかりません。

そんな柴田さんのドライバーのグリップをチェックすると、ツルツルのカピカピ状態。

1年以上交換していないというこのグリップ状態では、握るときに力も入りやすく、スイングも乱れやすくなってしまいます。

さらに、最近では弾道調整機能(いわゆる“カチャカチャ”)つきのドライバーが増え、ただでさえバックラインなしのドライバーが増えているため、グリップにガイドがなく、どう握ったらいいのかわかりにくくなっています。

弾道がバラつく人に「アライン」がオススメ!

弾道がバラつく人に「アライン」がオススメ!

そんな悩みを持つ柴田さんに、今野所長が勧めたのが、ゴルフプライドの「アライン」シリーズのグリップ。

グリップ時のガイドとなるバックラインが強調されているため、毎回同じように握りやすく、しかも指の関節にしっかりと引っかかるため、力を入れて握らなくてもグリップがずれることがありません。

そんなアラインシリーズには4種類用意されています。

定番の感触にアラインシステムを搭載した「ツアーベルベット・ラバー・アライン」、左手はしっかりした握り心地ながら、右手はソフトな感触で人気の「MCC・アライン」、右手部分を“下巻き4枚分”太くして、方向性を安定させる「MCC・プラス4・アライン」、雨、汗に強いZグリップにアラインシステムを搭載した「Zコード・アライン」の4タイプです。

それぞれにスタンダードサイズとミッドサイズタイプが用意されているので、お好みの握り心地と太さのモデルを選ぶことができます。

MCC・アラインを打って柴田さんの弾道はどう変わった?

アラインシステムを搭載した4種類のグリップの中から、柴田さんが気になったのは、MCC・アラインの新色、緑バージョン。

早速そのグリップが装着されたドライバーでもう一度打ってみました。

はたしてその結果は?

ぜひ動画でお確かめください!

お気に入り
Gridge編集部【PR】

あなたのゴルフライフに役立つおすすめな商品やサービスをピックアップしてGridge編集部がご紹介します! ↓運営会社情報↓ギークス株式会社 03-6696-0380 https://geechs.com/company/about/

このライターについてもっと見る >
GDOゴルフテック

カートに追加されました。


グリッジカップH
GDOゴルフテック