台風シーズン!ゴルフの予約していた場合の対処法

getty

台風シーズン!ゴルフの予約していた場合の対処法

お気に入り

夏の暑さもだんだん落ち着いてきました。これからは台風シーズンを迎えます。台風は進路や直撃する時間帯によって、ゴルフができるかどうか判断に迷いますね。

このような場合どのように対処するのが正解でしょうか。以下で解説させていただきます。

基本は安全第一

基本は安全第一

getty

ゴルフがやりたい気持ちは重々分かります。私もゴルフを予定している日近辺で台風の予報が出ると、台風の進路やゴルフ場付近を通過するタイミングをいつも調べます。

まれに台風の中、無理してゴルフ場へ行こうとしたり、せっかく日程を調整したコンペだからと強行するゴルファーも見られますが、そこは皆さんの安全を最優先に考えてください。

事前にクローズが決まればゴルフ場から電話がある

事前にクローズが決まればゴルフ場から電話がある

getty

事前にゴルフ場が荒天クローズという判断をした場合は、ゴルフ場から予約代表者に連絡があります。逆に連絡がなければ、営業判断を迷っているということです。

事前に連絡がない場合は、ゴルフ場に電話し当日の営業方針について確認しましょう。

・いつ時点で営業判断をするか

・キャンセルした場合のキャンセル料など

当日判断の場合は出発前に電話しよう!

当日判断の場合は出発前に電話しよう!

getty

ゴルフ場がクローズ判断を当日まで持ち越す場合、ゴルフ場はお客さんからの問い合わせに備え早朝から対応しています(目安は朝5時ごろ)。

いざゴルフ場まで行ってみたけど、荒天クローズだったというのは、時間的にもお金的にももったいないですね。

自宅を出発する前にゴルフ場へ電話し、営業状況について確認しましょう。

勝手にクローズ判断をするとキャンセル料が!?

勝手にクローズ判断をするとキャンセル料が!?

getty

注意しなければいけないのが、思い込みです。

こちら側がクローズと思い込んでゴルフ場に行かず、ゴルフ場が通常通り営業していた場合、私たちは『ノーショー』扱いとなりキャンセル料を請求される可能性があります。

ゴルフ場から連絡がない場合は、通常通り営業するか営業判断を迷っているということなので、こちらから問い合わせたほうが無難です。

トラブルに合わないためにも、台風で判断に迷ったらこちらからゴルフ場に電話して確認することを心がけましょう。

お気に入り
Golf72

ゴルフ場に特化した集客支援を行なっています。 お仕事の依頼は、ブログの『問合せ』からお願いします。 https://www.golf72.net/

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップG