目土をすること……もしかしてゴルフ上達のコツかも?

目土をすること……もしかしてゴルフ上達のコツかも?

お気に入り

突然ですが……。

プレーヤーのみなさん、目土してますか?

最近はセルフプレーも多くなりましたので、自分のことは自分でしっかりとやらなければならないことが多くなりました。

その中でも忘れがちなのが目土です。目土は巡り巡って自分に返ってきますから、しっかり目土をしてスマートなプレーヤーとして尊敬の念を込めて見られるようになって、カッコイイゴルファーになってくださいね。

スマートにゴルフしてスマートに目土してスマートにボールマークを直しているゴルファーになれたら、今以上にモテますよ^^

セルフプレーもゴルフのスタイルとして浸透してきて、お洒落なマイ目土袋を持参して“ターフエイド”している人も多くなってきましたよね。

ワタシも毎ラウンド目土袋持参でターフエイドしています。

目土には欠かせないグッズ

目土には欠かせないグッズ

以前「ディボットを直して~」(※下記リンク参照)という記事を書いたことがあります(まだ読んでない人はぜひリンクから読んでみてくださいね)。

その際は「目土袋」というグッズにスポットを当てましたが、写真を見て「目土袋に入ってるモノが気になる」という声もいただきましたので、そちらのグッズについてもスポットを当てたいと思います。

目土袋に入っていたのは皆さんお気づきの「スコップ」です。

目土袋を持って歩き目土をする機会が増えると気になるのが「目土のしやすさ」なんです。

普段目土をすることが仕事のキャディーさんは、「慣れ」もあり、何の気なしにさらっとスコップに砂を取りディボット跡へスムーズに目土をしていきます。

なのであまり気が付かないのですが、実は「スコップ」が目土のしやすさを左右しているのです。

「スコップ」はホームセンターの園芸コーナーでもありますし、最近では100円均一などでも様々なタイプが売られているのですが……。

使ってみるとわかるのですが、一般的に売られている「スコップ」で目土をすると使いづらいのです。

「先が尖っている」「すくう場所のアーチ」「大きさ」「重さ」「全体の長さ、大きさ」など、ほんのちょっとした違いなのですが、その微妙な違いが目土のしやすさを左右しているのです。

あっと……かなりマニアックな話になってきました(笑)。目土のディープな世界へようこそ!

目土にはスコップは必需品

目土にはスコップは必需品

getty

もちろん、普通に売っているスコップでもいいんですが、せっかくならスコップもこだわってみようじゃないか! ということで……。

オリジナルスコップを作ってもらいました。

ゴルフ場でよく見かける目土用のスコップをベースにして、クラフトの技術を使って少しだけ長さを足してもらって、好きな色のゴルフ用のグリップを入れてもらったのです。

そして実はスコップの先端のカットや角度などにこだわって砂のすくいやすさと砂の埋めやすさも考えてみました。

こんなスコップを使ったらさらにターフエイドしたくなっちゃいますね。

ターフを戻してきれいにすることは、お洒落なゴルファーになることができるということの他に、きれいにしたことがプレーに返ってくることでスコアアップにもつながるものです。

ディボット跡を直したり、ピッチマークを直したり、バンカーを均したり、マナーとして大事ですが、自身のプレーにとっても重要になります。

お気に入り
まもプ(蝶首亭塗立)

プロなのにプロっぽくない。ペンキ屋なのにペンキ屋っぽくない。食いしん坊のプロペンキ屋としてプロゴルファーとして活動する「二足のワラジスト」なんです。なので、限りなくアマチュアに近いプロ(笑)「すぐ会えるプロゴルファー」です。最近では「蝶首亭(ちょうねくてい)一門」へ入り「塗立」という名前を頂きました。こう見えて(見えないか)海外武者修行や国内外QT出場などの経験もあります。プロらしくないコアなゴルフ情報を中心に記事を書きます。ラウンドベスト-64、ハーフベスト-28(8連続バーディー) http://nisokunowarajist.blog.jp

このライターについてもっと見る >
GDOゴルフテック

カートに追加されました。


グリッジカップH
GDOゴルフテック