テンプラはすくい打ちが原因だと思っていませんか?

お気に入り
ここ一番、思い切り飛ばしてやろうなんてホールに限って、打球が高く上がって飛距離もまったく出ない“テンプラ”が出ることってありますよね。

このテンプラというミスショットの原因は、インパクトでクラブヘッドがボールの下に入ってしまうことで起こるということを、意外と知らない人が多いようです。

クラブヘッドが鋭角に入り過ぎることが原因なのです

クラブヘッドが鋭角に入り過ぎることが原因なのです

getty

テンプラの原因は実は逆で、クラブヘッドがボールに向かって鋭角に入り過ぎることが直接の原因なのです。

スイング軌道がアウトサイド・インのスライサーに多く見られます。

ダウンスイングで上体と右手に力が入り、上から下に向かって振ると出やすいミスショットなのです。

全体的に右サイドが下がった感じで構える

全体的に右サイドが下がった感じで構える

getty

これを防止するには、まずティーアップを低めにして、クラブヘッドがボールの下に潜れないようにします。

そして、右サイドを絞ったイメージでアドレスし、スイングすることです。

具体的に言いますと、右股関節を気持ち下げ、右ひじをお腹の右側に着けておきます。

さらに右ひじを少し深めに曲げて、全体的に右サイドが下がった感じでアドレスします。

そして、できるだけこの形を崩さないようにスイングするのです。

そうすることでフォロースルーが高くなるスイングになるのです。テンプラが出やすい上から下へのスイングとは逆に、下から上に振るスイングになるのです。

目線をレベルよりも高くする

目線をレベルよりも高くする

getty

テンプラの症状が軽ければ、左手で高く打つイメージを持つだけでもOKです。

その際は、木のてっぺんや空、雲など高いところにターゲットを設定することです。

目線をレベルよりも少し高めにして、スイング中それが下がらないように心がけるといいでしょう。
お気に入り
Nick Jagger

元某ゴルフ雑誌編集長。ゴルフ取材歴30年以上。現在フリーランスのライターとして、単行本、ゴルフコミックの原作など多数執筆中。

このライターについてもっと見る >
ゴルフ5大処分市200701-0801

カートに追加されました。