【話題の新製品 試打データ取ってみました!】タイトリスト TS2・TS3ユーティリティ メタル編

【話題の新製品 試打データ取ってみました!】タイトリスト TS2・TS3ユーティリティ メタル編

お気に入り

こんにちは! マイゴルフクラブです(´▽`)

今回はタイトリストTS2・TS3ユーティリティメタルです!

ちなみに、<ハイブリッド>と<ユーティリティ>は呼び方が違うだけで、同じクラブです!

アメリカではハイブリッド、日本ではユーティリティ、と呼ばれることが多いです。タイトリストでは「ユーティリティ メタル」と呼んでいます(同様に、同社ではフェアウェイウッドをフェアウェイメタルと呼んでいます)。

なにが違う?

なにが違う?

getty

まずはTS2とTS3の違いです!

ドライバーが先に発売されているので、そのまま考えてもらって大丈夫です(´▽`)

TS2……≪ボールの上がりやすさ≫≪許容範囲の広さ≫
TS3……≪低くて強い弾道≫≪コントロール性≫

というような感じです!

ちなみに、前作のタイトリストのユーティリティにあてはめると、

TS2……818H1
TS3……818H2

といった感じです!

試打データ

試打データ

赤〇がTS3、青〇がTS2です!

同じロフト、同じシャフトで打ったのですが、距離が違いますね!

TS2は平均200ヤード超え!

TS3は200ヤードに少し届かないくらいです!

TS2のほうがキャリーが出やすいので、安定して飛距離が出ているのだと思います!

TS3も私が思っていたよりはボールが上がる印象でした!

まとめ

まとめ

getty

TS2・TS3どちらも、そこまで難しい仕様にはしていないと思います。

「高弾道で許容範囲が広いユーティリティーを使いたい!」

⇒TS2ユーティリティ メタル

「イメージをふくらませて狙ったところに打っていきたい!」

⇒TS3ユーティリティ メタル

という感じでした(´▽`)

気になった方はぜひ試してみてください!

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

それでは、また次回に!

お気に入り
マイゴルフクラブ

はじめまして( ´ ▽ ` ) ゴルフショップ14年間勤務で得た商品知識とフィッティング技術、クラフト技術とUSGTFレベル2のティーチング資格を活かして2019年5月から上達したいゴルファーを応援するマイゴルフクラブと、インターネット上の商品販売でゴルファーを応援するマイゴルフショップを設立しました! 新製品ゴルフクラブの試打記事やスイングに関する記事で、皆さんのお役に立てればと思っています。 ゴルフの腕前はエンジョイゴルファーです( ´ ▽ ` ) よろしくお願い致します! https://shop.my-golf.club

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップG