新・貧打爆裂レポート『TS ユーティリティメタル』

新・貧打爆裂レポート『TS ユーティリティメタル』

お気に入り

今回の新・貧打爆裂レポートは、2019年8月30日に発売されたタイトリスト『TSユーティリティメタル』です。

いつものようにコースに持ち込んで打ってきました。飛びの『TS』の名称を持つ『TS2』と『TS3』の実力は? 動画も含めて試打レポートします。

タイトリストが基本だと主張しているハイブリッド!

タイトリストが基本だと主張しているハイブリッド!

『TSユーティリティメタル』は、タイトリストが2019年8月30日に発売したクラブです。

『TS2』『TS3』の二つのタイプがあります。

『TS』は、タイトリストが、改めて飛距離性能を最優先して開発を進めているブランドです。

すでに、『TS ドライバー』シリーズで、広い層のゴルファーに飛距離性能が生むゴルフの楽しさを広めています。

『TS ユーティリティメタル』は、今までのハイブリッドのハウツーに、飛距離性能を加えて開発されたクラブだということで期待が高まります。

とはいえ、元々、タイトリストのハイブリッドは飛距離性能では他のメーカーをリードしていました。

個人的には、それを維持できているクラブであれば合格ということだろうと考えていました。

つまり、完成度が高かっただけに、もっとすごいクラブを生み出すのは夢物語だと考えていたのです。

『TS2』は、丸みがあり、大きめのシェイプですが、タイトリストらしく締まっています。

フェアウェイウッドからの流れを重視して作られています。

感心したのは、構えたときに、右に逃がしやすく調整されていることです。

ある程度ボールをとらえる機能がなければ、力がないゴルファーだと高さが出にくいのが、ロングショットを打つクラブの宿命です。

ところが、ボールをとらえる機能は、引っかけやコントロールできないフックを生むのです。

『TS2』は、打つ前から、左に行き過ぎないように作ってあるよ、とクラブが囁(ささや)いています。

試打したスペックは、ロフト22度で、シャフトは「Titleist Tour AD T-60」のSフレックスです。

『TS3』は、コンパクトヘッドです。ボールが大きく見えるぐらい小さいです。

ロングアイアンから自然の流れで番手をつなげるように作られています。

お見事なのは、右に逃がすように見える調整は、寸分違わずに『TS3』にも引き継がれています。

これは、『TS2』ともセッティングできるように意図しているのだと思います。

『TS3』は、パッと構えた感じだと、右へすっぽ抜けそうに見えるゴルファーもいると思います。

試打したスペックは、ロフト19度と21度の2本で、シャフトは「Titleist Tour AD T-60」のSフレックスです。

見ただけで、ハイブリッドの基本はタイトリストが作るという自信を感じさせるクラブです。

驚異的な飛距離と完成度の高さがスペシャルなのだ!

動画を見てください。

『TS2』は、打音の音量は控えめ、音質はウッドよりアイアンに近い感じです。打ち応えも含めて、『TS3』との差はありません。

フェースに当たった感じは柔らかめですが、初速感がは強烈です。絵に描いたような高弾道です。

『TS2』の22度は、飛びます。

今までハイブリッドの22度より10ヤードぐらいキャリーが違います。

ヘッドスピード40メートル/秒の僕の場合、22度のユーティリティで180ヤードを打てれば十分に飛びます。しかし、『TS2』は、190ヤードを楽に打てます。

もう一つ、『TS2』の良いところは、左に行きづらいことです。基本的にはストレートのボールで、狙ったところにしか飛びません。

『TS3』も飛びます。

なんだか、飛ぶばかり書いていて締まらないインプレですが、本当なので、それ以外に書きようがないのです。

19度と21度は2度しか変わりませんが、しっかりと距離差が出ます。10ヤードぐらいのキャリーの差が出るのです。

19度は、15度のスプーンと10ヤード程度しか差がありません。

自分が使っている17度のハイブリッドより飛びます。21度の『TS3』でも200ヤード近く打てます。

わからないだけでフォローウィンドで打っていたのかもしれないと、何度も確認してしまいました。

さらに、『TS3』は振り切れます。左に行きづらいからです。

狙ったところにしか飛びませんでした。購入を考えながら、途中からは打っていました。

『TS2』はウッド型が好きなゴルファーで、左に曲がりにくいユーティリティを求めているゴルファーにオススメします。豊富にロフトがあるのも魅力です。

『TS3』はコンパクトなヘッドに安心感を得られるゴルファーにオススメです。より、左に行きづらいクラブです。

弾道は、『TS2』よりも少し低めな分、強く感じます。

『TS ユーティリティメタル』は、自分にドンピシャでした。

この分野のクラブには相性があります。万民に共通する良さはないと考える人もいますが、飛距離性能は誰でも感じられるはずです。

また、構えたところにストレートで飛んでいくシンプルさも、米国のメーカーですが、令和の時代らしいクラブだと惚れ惚れしました。

打ってみなければ、一生、後悔するクラブだと思います。お好みのロフトを試してみることをオススメします。

お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
求人