樹木の90%は空気?~世界のゴルフ界の面白情報を拾い読み#134

getty

樹木の90%は空気?~世界のゴルフ界の面白情報を拾い読み#134

お気に入り

アメリカのゴルフのことわざに「trees are 90% air」というものがあります。

「樹木が占めるスペースの90%は空気。だから、幹や枝葉に当たる可能性は小さい。怖がらずに狙え!」と勇気を鼓舞する教えです。

でも、自分の経験から言えば、当たる可能性のほうが90%のような……。

「だったら、反対に木を狙って打てばいい」と言われて、実際にやってみると、今度は見事に大当たりという悲喜劇。

猛暑の夏、無駄な言葉は要らない。今回は樹木直撃の動画集です。

当たるのはいいけど、この跳ね返りは。

View this post on Instagram

Care for a friendly game of catch?

A post shared by Fore Play (@foreplaypod) on

後半の2つの動画は笑えるエピソードですけど、最初の2つは「あわや!」という危険な展開。

ですので、「樹木の90%は空気」ということわざに焚きつけられることなく、まずは安全策を取ってくださいね。

トッププロだって……。

トッププロのババ・ワトソンだって、目の前に樹木があれば、こんな目に遭っているのですから。

実は、アメリカのゴルフメディアが「Are trees really 90 percent air?(本当に90%は空気なの?)」と、実際にテストを行いました(下記リンク先参照)。

カエデ、アカスギなど6種類の樹木を選び、その枝葉の間を通過してピンを狙うショットを各10球を放ったところ、狙いどおりピンまで届いた割合は41.54%だったそうです。

つまり、樹木を相手に敢えて直線的に攻めても、成功する確率は半分以下ということ。

やはり、樹木は避けたほうが確実のようです。

ちなみに、樹木相手に60球打って、まともにテストプレーヤーに向かって跳ね返ってきた球が1球あったそうです。危ない、危ない。

お気に入り
こせきよういち

かれこれ30年もフリーランスのライター稼業をやっています。活動のフィールドはゴルフ雑誌がメインですが、ゴーストライターとして単行本を執筆したり、某出版社の運営を手伝ったり、テレビ・ラジオのスポーツ番組の構成を手掛けたり……。昨年(2016年)はトランプ大統領をテーマにした単行本の一部執筆もしました(笑)。でも、目下一番忙しいのは、日々SNSにアップしているゴルフ関連の話題を収集する作業かな。ゴルフ界、スポーツ界がもっと元気になれるように、との視点から有益な、あるいは面白い情報を集め、発信しています。 Twitter: https://twitter.com/kohe46

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップH