調子がいい状態を維持するには「クラブを触り続ける」こと!

お気に入り
ゴルフにも他のスポーツにも、ご多分にもれず、好不調があります。ですが、なるべく好調をキープしたいものですよね。

そりゃ毎日練習に行ければいいのでしょうが、なかなかそういうわけにもいかないでしょう。

そんな時にオススメしたいのが、クラブに触れること。素振り? 練習? いやいや、ただクラブに触れるだけでもいいんです。

ゴルフクラブに触れることに意味があるの?

ゴルフクラブに触れることに意味があるの?

getty

ゴルフクラブに触れること、本当にそんな意味があるのかと思う方も少なくないのではないでしょうか。

という筆者自身も初めは疑ってかかっていました。しかし、実際にゴルフクラブに触れるといろいろなことがわかります。

例えば、常にグリップをしているところや指のかかり具合など、細かく無意識で行っていた動作に目が行くのです。

筆者の場合、これのおかげで調子のいい時の右手のグリップがどうなっているのかわかるきっかけになりました!

素振りやアドレスまで行うとより効果的!

素振りやアドレスまで行うとより効果的!

getty

先に素振りは必要ないと書きましたが、素振りやアドレスを取るとより効果的に好調を維持することができます。

できるのなら、写真や好調時のリズムを見る意味でもスイングの動画を撮っておくとさらに効果的ですね。

好不調を司るポイントは、実は恐ろしいほどに細かい点だということも少なくありません。

気付いてみたら「こんなことで不調になっていたの?」と思うこともありますが、意外に気付かないものなんです。

好調をキープするだけではなく、不調からの回復を早めるためにも、好調時の様々なデータを取っておくのは◎でしょう。

好調の波に乗れ!

好調の波に乗れ!

getty

ゴルフは好調であればメンタル的にも自信がついて、さらに好調になれます。まあ、好調の原因の半分がメンタルといっても過言ではないでしょう。

先述の通り、好調を維持する様々なポイントを押さえておけばメンタル的にも安心感を持つことができるでしょう。

不調になるとメンタル的な不調も続き、負のスパイラルに陥ってしまうことになります。

そこから這い上がっていくのはなかなか大変なモノです。

少しでも好調を維持する行動を取ることは自身の成長を促すことにもつながります。クラブに触れる、一度試してみてください。
お気に入り

TOPページへ >

TOPページへ >