上手な人は上手そうに見える!上手く見せることも大切です!

getty

上手な人は上手そうに見える!上手く見せることも大切です!

お気に入り

プロや上級者って、動作や所作の一つ一つが『上手そう』に見えると思いませんか?

因みに、この写真のようにティーアップするのはどうでしょう?

スイングとは違って、ついついやってしまう『上手く見えない』動作はすぐにでも修正できますよね。

上手く見える仕草をものにして、ラウンドスタイルから上級者に近付いてみませんか!

立ち姿!

立ち姿!

getty

ティーショットの順番を待つ、原英莉花プロ。

左手をドライバーのグリップエンドに乗せて、同伴競技者のボールの行方を目線で追う。

これだけでも、プロゴルファーらしい仕草だと思います。

このまま真似をすることもないとは思いますが、この時にどんな心や身体の準備をしているのかを考えると、動作や所作は必然的に決まって来ます。

いたずらにドキドキして、クラブヘッドを下にして両手でクラブを持ったりしないようにしましょうね。

ティーアップ!

ティーアップ!

getty

タイトルの写真のように、ボールの後ろにしゃがんでティーアップするプロゴルファーは一人もいないと思います。

プロや上級者は、ティーグラウンドの中でも打ちやすい場所を選んで打ちます。

平らで、自分の球筋を考えてからティーアップします。

ティーを刺す時は、ボールでティーを押すようにしましょう。ティーを刺してからボールを乗せるのは、完璧に下手に見えてしまいます。

この時は、反対の手で持ったクラブで身体を支えるようにして、上半身を屈めるようにしましょう。

ティーを刺したら、飛球線後方に回って、ボールの先に目印を探します。その目印とボールに仮想の線を引いて、その線と平行に立てたら完成です!

グリーン上

グリーン上

getty

まずは、往生際悪く、マーカーを少しでもカップ近くに置くのはNGです。

写真のキム・ハヌルプロのようにボールの後方から、ラインを読み、さらにカップの反対からもしっかりとラインを確認します。

そのラインに合わせて、ボールの位置を微修正してからマーカーをピックアップします。

この一連の動作を、いかにスムーズに同伴競技者を無駄に待たせずにこなすか!

これが上級者の嗜(たしな)みです。

ボールの前で振り幅確認の素振り、そしてスタンスを取りサッとテイクバック!

素振りを2回も3回もするのは、自信なさげに見えますから止めたいものです。

打った後、入りそうな時はパターを左手(右利きの場合)一本で持ってラインを追います。

ショートパットの後、ボールを拾いに行く時は左足をカップ側に踏み出しましょう。

これは右肩が前に出て来るミスの原因を防ぐ効果もあります。

こんな仕草をしているうちに、きっとゴルフの腕も上がって来ますよ。

お気に入り
おっ3

野球、バレーボール、スキー、陸上競技などなどスポーツ歴だけは豊富ですが、全てそこそこレベルで引退。仕事としてゴルフに関わった時期もありますが、今は素人のゴルフ愛好家です。 現在もトレーニング怠らずに行っているものの、全身の経年劣化が著しく、常に痛みと戦っている『おっ3』です。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップH