“自分のスクエア”を見つけてパッティングストロークに魔法をかける!

getty

“自分のスクエア”を見つけてパッティングストロークに魔法をかける!

お気に入り

こんにちは、Lukeです。

今回はパッティングストロークを劇的に改善できる方法を紹介します。

ほんの少し工夫するだけで、別人のようにスムーズにストロークできるようになるので、ぜひお試しください。

柔軟な思考でパッティングストロークを考え直してみる

柔軟な思考でパッティングストロークを考え直してみる

getty

皆さん、パッティングの時にグリップはどのように握っていますか?

両手の手のひらをスクエアに握って、目標に向けて真っすぐにストロークする、こんなイメージが一般的ですね。

今回はその考え方を一旦忘れてもらい、自分にとっての本当にベストな握り方を見つけ出せる方法を紹介するので、固定観念に惑わされずに、柔軟な思考でトライしてみてください。

自分にとっての本当のスクエアな握り方を見つけ出す!

自分にとっての本当のスクエアな握り方を見つけ出す!

それでは始めましょう。

最初のステップは、左手だけでパターを握ってください。

まずはスクエアに握って、左手だけでパッティングしてみましょう。

カップに対して真っすぐにストロークができて、ボールがイメージ通りに転がりましたか?

次にウィーク気味に握って、同じようにボールを目標に向けてパッティングしてください。

最後にフック気味に握って、同じようにパッティング。

さてこの3種類の握り方で、どの握り方が一番スムーズに、イメージ通りにストロークできましたか?

どの握り方がよいのかは、各自それぞれによって違いがあるでしょう。

この3種類の中で、一番よかった握り方が分かったら、もう少し微妙に握る角度を変えて、よりベストな握り方を見つけ出してください。

これで左手は完成です。

次のステップとして、右手も同じ手順で一番ベストな握り方と角度を見つけ出してください。

その結果が、左手がフック気味、右手がウィーク気味、という具合に左右で違っていてもOKです。

考え方としては、「クセ」を生かしなから、感覚的にスクエアに感じられる握り方の角度を見つける、という方法なのです。

魔法にかかったかのように、劇的にフィーリングが変わる!

魔法にかかったかのように、劇的にフィーリングが変わる!

getty

それでは最後のステップです。

これまでのステップで見つけ出した左右それぞれのベストな握り方で、今度はそのまま両手を合体させて、ボールを目標に向かってパッティングしてみてください。

今までとはまったく違う不思議な感覚で、両手が自分のイメージ通りに動きませんか?

僕の多くの友人知人にこの方法を試してもらったところ、誰もが「うわっ」と声をあげてビックリしたり、僕に向かって満面の笑顔を見せていましたよ。

それは、たとえシングルプレーヤーでも同じでした。

今までとはわずかな違いなのに、それほど劇的にパッティングストロークのフィーリングが改善されたのです。

自分の「クセ」と仲良くなれれば、ストロークは安定する

自分の「クセ」と仲良くなれれば、ストロークは安定する

getty

人間誰もが生まれながらに、手のひらや肘の向きには違いがあり、さらに日常の生活の中で「クセ」としてその違いが大きく表れます。

たとえば一日中パソコン作業をしている人は、手のひらが肘の向きよりも無意識に内側を向きやすくなりますね。

そんな人は、ただ手のひらをスクエアに合わせたとしても、身体の感覚としてはスクエアにはなっていないのです。

そのような各自が持っている「クセ」を無視して、単純に見た目のスクエアにばかりこだわっていると、パッティングのような繊細で小さい動きの時にこそ、その「クセ」が顔を出します。

日々どんなにパッティングの練習を積んでいたとしても、緊張する場面や無意識の動きの時に限って、自分の意に反してその「クセ」が顔を出してくるものなのです。

それならば、自分の「クセ」をしっかりと理解して、その「クセ」と仲良く慣れる方法を見つけ出せるなら、たとえ少ない練習量でも、つねにイメージ通りにストロークできるようになります。

ぜひ、この異次元のフィーリングを体感してください。

お気に入り
Luke

こんにちはLukeです。 元プロスポーツ選手の経歴を持ち、現在もその競技のプロコーチとして活動しています。 ケガで現役を引退してからは、友人達にゴルフのアドバイスを始めました。 ゴルフをもっと簡単にするために、過去の常識には縛られずに、スポーツとしての柔軟な考え方を提案しています。 https://simplegolf-lab.com/

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップH