新・貧打爆裂レポート『G410 LST ドライバー』

新・貧打爆裂レポート『G410 LST ドライバー』

お気に入り

今回の新・貧打爆裂レポートは、2019年7月4日発売の『G410 LST ドライバー』です。

いつものようにコースに持ち込んで打ち込んできました。3月に発売されたG410の追加バージョンの低スピンタイプが『G410 LST ドライバー』です。

低スピンで飛ぶのか? 動画も含めてレポートします。

低スピンでG410シリーズを超えていくLST!

低スピンでG410シリーズを超えていくLST!

『G410 LST』ドライバーは、ピンゴルフが2019年の3月に発売した『G410 PLUS』『G410 SFT』の追加機種です。

“LST”は「ロースピン・テクノロジー」の略です。

ピンゴルフのドライバーの特徴の一つで、ブランドの中で最も難しい位置付けになります。

低スピンのボールを打ちたいゴルファーにとっては、待望の追加機種です。

『G410 LST ドライバー』で、ちょっと面白いのはヘッド体積です。

先行で発売された『G410』は、2モデルとも455ccでしたが、『G410 LST』は450ccです。

5ccというのは、ティースプーン1杯の分量(小さじ1杯)で、全体の約1%です。

こんな少量で、何の影響があるのか? と、気に留めない人が多いと思います。

でも、これは、ヘッド設計や構造が違うという動かぬ証拠であり、大いに期待させるのです。

ピンゴルフのドライバーには、たくさんの「LST」タイプがありますが、実は、同じ程度ではなかったという特徴がありました。

標準のものに比べて、強烈にロースピンになるものと、若干の差しか感じさせないものと、蓋を開けてみないとわからないという感じだったのです。

『G410 LST ドライバー』は、打つ前に差が大きいほうのパターンである予感で一杯になりました。

試打した『G410 LST ドライバー』は、ロフト9度。

シャフトは「ALTA J CB RED」のSフレックスで、長さは45.75インチです。

ぱっと見た感じでは、やさしそうです。

G400を超えた飛距離性能に痺れる!

動画を見てください。

『G410 LST ドライバー』は……飛びます。

個人的なランキングですが、歴代のピンゴルフのドライバーで、最も飛んで、使いたいと切望した『G400 MAX ドライバー』の飛距離を『G410 LST ドライバー』は軽々と超えたのです。

『G410 LST ドライバー』は、初速がアップされた強弾道です。

ボールの高さは、中弾道です。ロースピンタイプのドライバーは、その機能を強めれば強めるほど、代わりに浮力を失います。

『G410 LST ドライバー』の浮力は最低限しかありませんので、ボールが上がりにくいゴルファーにはオススメできません。

『G410 LST ドライバー』の打音、打ち応えは、ピンゴルフらしいチューニングで、小気味が良いです。弾いていますよ、とフェースが歌っているようで、気持ちよく振れます。

しかし、放たれた弾道は未経験のものです。中弾道で、ぶっ飛ぶドライバーを初めて打ちました。

『G410』シリーズは、ボールをとらえやすいという機能がドローを強くする感じになっていましたが、『G410 LST ドライバー』は、それがまったくありません。左を怖がらずに、打てます。

低い弾道ならドローも打てますし、パワーフェードも打てます。弾道が低めであることを除けば、左右に関しては敏感に打ち分けられます。

『G410 LST ドライバー』をラウンドを通して使用して、最も飛んだホールはランも入れて260ヤードでした。

5ヤードぐらいフェードして30ヤードぐらい転がりました。

ヘッドスピード40メートル/秒の僕としては、現状では考えられない飛距離です。

平均しても240ヤードを打てました。これはトップレベルの中のトップです。

『G410 LST ドライバー』は飛びますが、パワーヒッターであることと、弾道をある程度操作できる技術は必要です。

敏感なドライバーは、調子の良し悪しがハッキリと出るものですし、とんでもなく曲がるボールも簡単に出てしまいます。

『G410 LST ドライバー』は、ロースピンタイプのドライバーが合っているゴルファーにオススメします。

とんでもなく、低スピンなボールが打てるからです。強弾道の完璧な棒球です。

『G410 LST ドライバー』は、多くの人に受け入れられるドライバーではありませんが、自分専用の特注クラブのように機能を発揮してくれるドライバーになる可能性があります。

ボールが上がり過ぎてしまうゴルファーだけでなく、フックに悩んでいるゴルファーの特別なドライバーになる可能性もあります。

『G410 LST ドライバー』は、簡単ではありませんが、挑戦する価値があるドライバーです。

お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >
GN20190618-0722

次の記事

新・貧打爆裂レポート『G410 LST ドライバー』

カートに追加されました。


×
グリッジカップA
GN20190618-0722