「脱力すれば飛ぶっていうけど……」○○に力を入れれば上手く脱力できます!

getty

「脱力すれば飛ぶっていうけど……」○○に力を入れれば上手く脱力できます!

お気に入り

こんにちは、ライターの亜月です。

みなさんは、ゴルフをしていて、「もっと力を抜いて」と言われたことはありませんか?

私は週2~3回練習場に行っているのですが、入っているスクールの先生に、毎回お約束のように言われます。

「力抜くと飛ばないじゃないですか!」と、飛距離にこだわる私はいつもそう言ってしまいます。

しかし調べてみると、腕の力を抜くことで、なんと飛距離がアップするらしいのです!

軌道がブレない

軌道がブレない

getty

ゴルフスイングは、アドレスを取り、トップまでテイクバックして、インパクトでまたアドレスと同じ位置にヘッドを戻し、ボールを飛ばしてフィニッシュへ持っていきます。

インパクト時に力を入れれば、その力がボールに乗って力強いボールを打つことができます。

しかしその力は、インパクトの一瞬で良いのです。

他の、テイクバックから切り返し、インパクト直前までの間に腕に力が入ってしまうと、それにより軌道が乱れ、ヘッドの動きが変わってしまい、当たりが悪くなり、飛距離は逆に落ちてしまいます。

「こんなに頑張って振ってるのに何でだろう? もうちょっと力強く振るぞ!」と、逆方向への努力につながりかねません。

身体がしなりボールが飛ぶ

身体がしなりボールが飛ぶ

getty

腕の力を抜くことで、下半身主導のスイングになるはずです。

腰から下の動きに合わせて、腕が引っ張られてついていくイメージです。

下半身をしっかり使ってあげることができれば、身体は一度引き延ばされ、バネのようにしなり戻ってくる動きになります。

そのとき、あなたの筋肉は最大限のパワーを発揮するんです!

下手に力を入れず、逆に抜くことによって、筋肉が最大限使われるとは、目からウロコですよね。

力を抜くコツはコレ!

力を抜くコツはコレ!

getty

「そうは言っても、急に力を抜くことなんて……」

そう思う方もいるでしょう。

そのような方は、「お腹に力を入れる」ことだけを意識してみましょう!

お腹の筋肉に力を入れて構えるだけで、腕や肩の力が抜けてくるようになりますよ。

力を抜くと飛ばない気がする、調べるまで、わたしはそう思っていました。

しかし、そんなことはありません!

ガチガチに力が入ってしまうという人、一度、ブラーンと力を抜いてみてくださいね!

お気に入り
亜月

ゴルフと食べることが大好き! ゴルフ歴6年、ラウンドは週1。スコアはまだまだ安定しませんが、楽しくプレーしています。 日々の疑問や感じたことを元に記事にしています。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップA