結局ピンは挿したままパットしたほうがいいの?抜いたほうがいいの?

getty

結局ピンは挿したままパットしたほうがいいの?抜いたほうがいいの?

お気に入り

皆さんゴルフを楽しんでいますか?

こんにちは、ライターのもーりーです。

2019年1月から新ルールか適用となりました。

その中で我々アマチュアゴルファーに一番身近な問題といえば、パットのときにピンを挿したままにするかどうかではないでしょうか。

ピンに2回連続で弾かれた!

ピンに2回連続で弾かれた!

getty

ピンを挿したままのパット。

今年から解禁になった新ルールですね。

私は個人的にはどちらでも構わないのですが、どちらかというと従来どおりにピンを抜くほうがしっくりきます。

ただ最近のラウンドでは同伴者がピンを挿したままのことが多いので、私もピンを挿したままパットするケースが増えてきました。

そんな優柔不断な私ですが、先日のラウンドでピンを挿したままパットをしていると、こんなことがありました。

なんと2ホール連続でバーディーパットがピンに弾かれたのです。

それを見たある同伴者は「ピンを抜いていたら絶対に入っていたはずだよ!」と私に耳打ちしてきました。

確かに両方ともボールはカップのど真ん中からピンに弾かれた気がします。

試しにピンを挿さずにパットをしても……

試しにピンを挿さずにパットをしても……

getty

しかし私の感覚は違っていました。

おそらく(ラインを外すことなど考えずに)無意識にボールがピンに当たってくれると思うからでしょうか。

私の場合はピンを挿したままパットをすると、タッチが強くなりやすいのです。

ピンに弾かれたバーディーパットは両方とも10メートル以上はある長いパットで、タッチが強く入ったのが自分でも明らかにわかりました。

おそらくあの転がりと勢いなら、仮にピンを挿していなくても、ボールはカップにん蹴られていたと思います。 

ちなみにこの後もう一回同じようなバーディーパットがあり、同伴者のススメでピンを挿さずにパットしましたが、ボールはカップ手前でショートしてしまいました。

入らないのはピンを挿しているからではない!?

入らないのはピンを挿しているからではない!?

getty

ずいぶん前にご一緒した同伴者の方は、「この前ボールがピンに弾かれたからパットでは絶対にピンは挿さない」と、頑なにピンを抜いてからパットをしていました。

でも逆に挿したピンに当たったおかげでボールがカップに吸い込まれる場合だってあるわけです。

私はピンを挿したから入った入らないと考えずに、『ピンを挿しても挿さなくても結果は同じ』と、あるがままを受け入れるべきではないかと思うのですが……。

パットでピンを挿したままにすべきか否か。

あなたがもしパットでショートしやすいなら、ピンを挿したままのほうがいいかもしれませんね。

そして下りのパットの時はピンを挿し、風の強い日はピンが動きやすいから挿さないほうがいいかもしれない……。

人の感覚は十人十色。

ピンを挿したままパットすべきかも人それぞれで変わってきますが、せっかく新ルールで選べるようになったわけですから、自身に有利になるようにしたいものです。

ただピンを挿したままのパットはスロープレー対策のための新ルール。

ピンを挿すか挿さないか悩み過ぎてスロープレーにならないようにしましょうね!


というわけで今回はこのへんで。

それでは、また!

お気に入り
もーりー

腕前はともかくゴルフが大好きです!! 主にスコア100切りを目指しているゴルファー向けに、 自分が日々感じたことを素人目線で記事にしています。 賛否両論あるかもしれませが、温かく見守っていただけ ると嬉しいです! ( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆ ゆる〜く書いているこちらのブログもヨロシクです♪ 『たった3分でスコアアップ!ゴルフ100切り研究所』    ↓ https://moriygolflab.com/

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップG