中古ドライバーだってまだまだイケる!ピン Gドライバー

getty

中古ドライバーだってまだまだイケる!ピン Gドライバー

お気に入り

こんにちは、ライターのとやです!

今ドライバーは中古市場が熱い!

なんせ数年前の超人気モデルが半額、いや3分の2以下で超美品が販売されているくらいですからね。

メーカーがバシバシ新ドライバーを発売してくる中、中古市場でもいいドライバーがお値打ちに購入できるんです。

今日はピンのGドライバーを紹介していきましょう!

中古ドライバーでもかなりの人気ドライバー、迷っているいる方はぜひスペックやどんなドライバーなのか確認してみてください!

ピン Gドライバーの特徴は?

独特な網目模様が入ったクラウンが特徴的なピンのGドライバー。

これはトンボの羽からヒントを得たという形状で、これでクラウン部分の重量の削減に成功。そしてヘッドのバランス等にウエイトを配することができるようになったようです。

ヘッドの形状を見ると、特徴的なのは、クラウン部分だけでなく、フェース上部にはいったスリットのようなもの。

これは「タービュレーター」と言ってスイング時の空気抵抗を減らすように設計されています。

これによってヘッドスピードが走る! という評価が多いのも頷けますね。

重心距離も長めで、慣性モーメントが高いのが見て取れます。

これはオートマチックに打ちたいゴルファー向けの設計となっているからでしょう。

ピン Gドライバーのヘッドは3種類!

ピン Gドライバーのヘッドは3種類!

getty

ピン Gドライバーのヘッドは3種類あります。

スタンダードとSF TEC、LS TECというラインアップになっています。

基本的にはGドライバーのスタンダードタイプはオートマチックに強いボールが打てるように設計されていて、重心が深く、そして長くなっています。

そのため積極的にボールを操作するゴルファーよりも、ある程度フェースの開閉を抑えた“イマドキのスイング”にマッチするドライバーです。

SF TECの特徴は、スタンダードよりもつかまりを良くしたヘッドです。

重心距離が長いため一度開いたフェースが戻りにくいゴルファーもいます。そうしたゴルファーは、SF TECを選ぶとしっかりつかまったボールが打てるようになるでしょう。

LS TECは重心が浅くなっているのが特徴です。

これはボールの低スピン化を狙ったもので、ハイスピンでボールが吹け上がってしまうゴルファーはこちらがマッチするでしょう。

ピンのGドライバーはシャフト選びも大切です

ピンのGドライバーはシャフト選びも大切です

getty

このGドライバーはシャフトが4種類ラインナップされています。通常のつかまってタイミングが取りやすいALTA J50。

トルクがALTAよりも低く、つかまりを抑ええつつ重さはあまり変わらないN.S.PRO Regio Formula。

ハードスペックでしっかり叩きにいけるTour 65。

そしてTour 65と同様ハードで、シャフトのニュートラルなしなりが特徴のATTAS G7。

中古市場にはどのシャフトが刺さっているのか分かりません。もし重量や特性でドンピシャの1本があれば、「買い」ですよね~♪

発売は2016年とまだまだ新しい部類に入るピンのGドライバー。

今ならかなりお値打ちに手に入れることができますから、ドライバーを新調しようと考えている方はぜひご一考ください!

お気に入り
とや

こんにちは、Gridgeライターのとやです! ゴルフに関する楽しい記事を読者の方にお届けします。 取材や企画記事、はたまたファッションまで色々な方に楽しんでいただけるように考えています。今後の企画にも乞うご期待!

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップG