ヘッドを効かせたスイングを覚えるなら左手の片手素振りだ!

getty

ヘッドを効かせたスイングを覚えるなら左手の片手素振りだ!

お気に入り

こんにちは、ライターのとやです!

先日「とやさん……“ヘッドが効く”ってどんな感じなんですかー?」っと後輩クンから相談を受けたんですよ。

え? インパクトで手元を止めたらヘッドは勝手に走るじゃん? と思ったんですが、どうやらこの感覚が伝わらない人にはまったく分からないようです。

ヘッドを効かせる感覚は、実際に体で覚えてもらった方が早い! ということで今回はヘッドが効いたスイングを体得するドリル「左手片手素振り」をおすすめします!

左手1本、なぜ素振りなのか?

左手1本、なぜ素振りなのか?

getty

ゴルフ上達の練習方法として、左手1本でボールを打つというドリルは皆さんご存知のことと思います。

しかしながら、なぜヘッドを効かせる練習のためには素振りなのか?

それはボールを打つと、どうしても打つことに神経を持っていかれてしまいます。

逆に言えば「良くない動き」をしてしまってもいいボールが出ればなんとなく「今のはOKだ」なんて思っていませんか?

ここでの練習の目的は「いいボールを打つこと」ではないのです。

左手1本でスイングして、ヘッドが走る感覚を身につけることなんです。

ボールを打つという結果に神経を削がれてしまうのでぜひ左手1本での素振りをしていきましょう。

左手1本で素振りをすれば、インパクト付近でヘッドだけが走っていく

左手1本で素振りをすれば、インパクト付近でヘッドだけが走っていく

getty

両手だとなかなか分からないのですが、左手1本で素振りをしてみると、インパクト付近で手を大きく動かすことができないのに気づきませんか?

逆に手元を大きく振れず、ヘッドが遠心力でグリップを中心に前へ前へと出ていくはずです。

強く素振りをしようとすればするほどヘッドだけが走っていきます。

ヘッドが走らない方が両手で素振りをしてみると、実は手元が大きく動いてヘッドに手元がついていってしまうんですよね。

これではヘッドが走らないのも無理はありません。

とにかくまずは左手1本で素振りしてみる! コツは・・・?

ヘッドを効かせたスイングがしたい! という方。まずは左手1本で素振りを繰り返してみてください。

これは頭で考える理屈ではなく、完全に体に染み込ませるためのドリルなんです。だからコツは、左手1本で強くスイングするだけ、です。

ヘッドがいつまでも走らない……と嘆きつつも、練習場へ足繁く通っているそこのあなた。

もしかしたらボールを打ち込むよりも、先にヘッドを走らせる感覚を体得してしまったほうが上達が早いかもしれません。

「ナイスショット」の幻想が上達を妨げる!?

「ナイスショット」の幻想が上達を妨げる!?

getty

野球とかテニスとか、そういうスポーツに共通するのは、練習でひたすら素振りをしていることではないでしょうか。

なのにゴルフって素振りを必死に練習している方って見たことがありません。

そりゃいいボールが出れば気持ちがいいですし、ゴルフは練習場もたくさんあって打ち込みができる環境が整っています。

でもボールを打つ、という行為があるとナイスショットを追い求めてしまうんですよね。ナイスショットの幻想が上達を妨げている可能性もあるんです。

ヘッドが効いているのが分からないゴルファーは、まずいいボールを打とうとせず、ヘッドが効いている感覚を体に覚えさせてしまいましょう。

素振りではボールも前に飛んで行きませんし、爽快感もありません。

でもヘッドを効かせる感覚を身につけるには、「左手1本で素振り」をするほうが早いでしょう。

家でもできますので「左手1本素振り」をちょっとずつ毎日続けてみませんか?

お気に入り
とや

こんにちは、Gridgeライターのとやです! ゴルフに関する楽しい記事を読者の方にお届けします。 取材や企画記事、はたまたファッションまで色々な方に楽しんでいただけるように考えています。今後の企画にも乞うご期待!

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップG